聖地巡礼に酒は必要

旅行、酒、食べ物、ホームオーディオがメインになると思いますが、雑記も書きます。

聖地巡礼で入手した御守り

本日は神社の御守りについて記事にします。

f:id:nichinichisou0808:20171015155604j:image

私の御守りに対する考えとして「神様の分身を授かることで最悪の事態は避けたい」、「アニメ聖地の御守り(神様)に対して感謝感激と畏怖の念を持つ」があります。神様は神様の世界がありますから、過度の期待は禁物と考えています。

 

◼️御守りの取扱い

ところで御守りについて、どのように扱えば良いのか等迷うことはありませんか?

以下に簡単にまとめてみましたが、内容の一部はある神社の回答なので、すべての寺社の御守りに当てはまるかはわかりません。

 

・神社と寺院のお守りの違いは?

神社の御守りは「神の力を宿している」、寺院の御守りは「祈りの結晶を宿している」違いとなりますが、効果に違いはないようです。

私は神社で御守りを授受するのが好きですが、決して寺院が嫌いな訳ではありません。なんとなく「神道っていいな」と考えているだけです。

 

・お守りは毎年交換(返納)が必要なのか?

そのような決まりは無く、心願成就(願い事が叶う)後に返納しても良いようです。ちなみに私は聖地巡礼の頻度から、年に一度は返納して新しいお守りを授受しています。

 

・違う神社のお守りを複数持つと神様が喧嘩をするのでは?

そのようなことはありません。一度に複数の御守りを持つことに問題はなく、寧ろ所持しているお守りを粗末に扱うと神様に見放されてしまうようです。

私はお財布に全てのお守りを収納・携行していますが、そのお財布は「お尻のポケット」に入れているので、神様がお怒りにならないか心配です。

 

・お守りの返納はどうすればいいのか?

間違ってもゴミとして捨ててはいけません。

基本的には授受した神社に参拝・返納してお焚き上げをしていただくのですが、遠方の場合は以下の二通りがあるかと思います。

   1.授受された神社に許可を得た上で、手続きに沿って郵送する

   2.家の近所の神社に許可を得た上で返納する 

ただし祀っている神様が違う場合や、各神社の都合などによりお断りとなる場合もあります。

 

◼️携行している御守り

聖地巡礼で本州各地に行くと大抵有名な寺社があるのですが、私は特に好んで神社で御守りを授受しています。

 

大洗磯前神社 (ガルパン聖地巡礼)

f:id:nichinichisou0808:20171015161916j:image

カード時代に対応したお守りです。

f:id:nichinichisou0808:20171015161936j:image

 

飛騨一宮水無神社 (氷菓聖地巡礼)

f:id:nichinichisou0808:20171015162034j:image

一見お札の様ですが紙製の省スペース型です。

f:id:nichinichisou0808:20171015162106j:image

 

・高山 日枝神社 (氷菓&君の名は。聖地巡礼)

f:id:nichinichisou0808:20171015162231j:image

こちらもカード型となっています。

f:id:nichinichisou0808:20171015162315j:image

 

・大垣 八幡神社 (聲の形聖地巡礼)

f:id:nichinichisou0808:20171015162405j:image

旅好きとしては持ちたい一札 (クレカじゃないっての)

f:id:nichinichisou0808:20171015162433j:image

 

・京都 宇治上神社 (響け!ユーフォニアム聖地巡礼)

f:id:nichinichisou0808:20171015162619j:image

昔ながらのお守り感がありますが、お財布に入れると割とかさばります。

f:id:nichinichisou0808:20171015162636j:image

 

◼️その他

私は御守りをお財布に入れていると書きましたが、他にも有り難く持ち歩いている物があります。岐阜の養老の滝で引いたおみくじ2回分の「大吉」です。なんとなくツイてる気がします。

f:id:nichinichisou0808:20171015174201j:image

 

◼️最後に

旅行で伊勢神宮や八坂神社、熊野3社などの超有名な神社にも参拝したことはあるのですが、ついついお守りを授受するのを忘れてしまいます。

f:id:nichinichisou0808:20171015173628j:image

f:id:nichinichisou0808:20171015173654j:image

f:id:nichinichisou0808:20171015173716j:image

上から伊勢神宮熊野那智大社平安神宮

そして何としても今年中に尾道、川越のとある神社のお守りを是非手に入れたいのです。

・・・御朱印集めをされている方の心境に似ている、と自分では勝手に思っています。

 

本日は以上となります。

 

「地元で呑み屋の新規開拓をする」のその後

本日は私の地元の美味しい呑み屋さんの記事となります。

 

本題に入る前に…ここ半月以上の平日は毎日12時間近く仕事をしており、この状態は年内中続きそうなので、ストレス発散のブログ更新も出来ずにご機嫌真っ逆さまな私です。

以上、愚痴でした。

 

・・・こちらのお店は過去の初訪問時にも記事にしましたが、なかなかのつまみクオリティーの高さに友人らも気に入ったようで、私は仕事帰りの1人でも、誰かとでも行くようになりました。 

nichinichisou0808.hatenablog.com

◼️まずは入店

隣(奥)は近頃開店した焼鳥もあるチェーン店ですが、老舗も負けてはいません。

f:id:nichinichisou0808:20171014194202j:image

※写真内のポスターに特定の理由は一切ありません

 

店内はカウンター・テーブル・奥座敷があり、鰻の寝床のような感じです。

f:id:nichinichisou0808:20171014195528j:image

 

 

◼️毎回いけてるお通し

美味しいお店に共通していると思うのですが、まずお通しが美味しいです。そしてこちらは毎回趣向を凝らした一品となっているのもいけています。

f:id:nichinichisou0808:20171014194324j:image

 

こちらはボイルした帆立貝とジャコです。

f:id:nichinichisou0808:20171014194346j:image

 

こちらは湯葉です。

f:id:nichinichisou0808:20171014194404j:image

 

なんとお通しにトロを含んだマグロが!

f:id:nichinichisou0808:20171014194418j:image

 

◼️つまみは全てが絶品

こちらは店名の通り鳥料理や焼き鳥がメインですが、魚介から野菜まで全てが美味しくいただけます。

 

大抵最初にオーダーする店自慢の浅漬けは歯応えも絶品です。

f:id:nichinichisou0808:20171014194634j:image

 

こちらも必ず注文をする朝締め鳥のレバ刺しです。ニンニク、生姜などと併せて食べますが、醤油だけでも肉の甘みが増して美味しいです。

f:id:nichinichisou0808:20171014194720j:image

 

日替りメニューの鶏ササミ刺も美味い!美味しい鶏肉はホント風味が豊かですよね。

f:id:nichinichisou0808:20171014194739j:image

 

日替りのハゼとエビの天ぷらは塩でいただきますが、美味しいハゼを食べたのが超久しぶりでした。

f:id:nichinichisou0808:20171014202500j:image

 

ニンニクの天ぷらも塩でいただきますが、茎の部分まで全部美味しく食べられます。

f:id:nichinichisou0808:20171014194832j:image

 

北海道産鰯の刺身は生臭くなく、脂も多め、しかもこの量で400円となっています。

f:id:nichinichisou0808:20171014194851j:image

 

日替りの白子ポン酢です。

f:id:nichinichisou0808:20171014194934j:image 

 

定番メニューに煮込みも、上に添えられているのはネギではなく玉葱のみじん切りです。

f:id:nichinichisou0808:20171014194958j:image

 

「とりポン」は上から大葉、ネギ輪切り、揚げ鶏、せんキャベツの4層となっています。

f:id:nichinichisou0808:20171014195026j:image

 

宮崎名物のチキン南蛮はタルタルソースの下、鶏の衣にしっかりとあんかけが染み込んでいます。

f:id:nichinichisou0808:20171014195050j:image 

 

生トマトもサクサクとしていて緑の香りがしっかりとしています。

f:id:nichinichisou0808:20171014195111j:image 

 

大抵ラストに注文する焼き鳥は全品@130となっており、タレ・塩が選べます。私は絶品のタレがお気に入りなので、毎回タレにしています。

f:id:nichinichisou0808:20171014195136j:image

 

◼️日本酒もなかなかの取り揃え

壁にはオススメお酒メニューが。

f:id:nichinichisou0808:20171014195213j:image

 

私は大抵「酔鯨」にします。日本酒感の主張が程々なので、おつまみの味を引き出す感じが気に入っています。

f:id:nichinichisou0808:20171014195248j:image

 

なかなかの注ぎっぷり。たまにテーブルにこぼすくらいなのですが、、、(酒の一滴は血の一滴やで)

f:id:nichinichisou0808:20171014195319j:image

 

こちらは普通の日本酒です。量も良心的。

f:id:nichinichisou0808:20171014195340j:image

 

東久留米産のシソを使用した「シソサワー」です。実は私はシソが少しだけ苦手なのですが、映画「聲の形」の西宮家の自家製シソジュースを思い出して注文してみました。

f:id:nichinichisou0808:20171014195406j:image

 

◼️まとめ

個人店なのでお酒の値段はチェーン店に敵わないかもしれませんが、料理は味よし、見た目よし、値段よしの三拍子揃っています(腹八分目のほろ酔いで1人3,4000円です)。そして居心地も抜群なのです。是非西武ライオンズ戦観戦後のメットライフドームの帰りにもオススメです。

 

本日は以上となります。

 

大垣「十万石まつり」と「聲の形」聖地巡礼

本日は10/9に大垣で開催された「十万石まつり」と「聲の形聖地巡礼&スタンプラリー参加記事となります。

 

◼️行きだけ新幹線

本日はやや急ぎのため往路は東京駅6:20分発のぞみ、復路はJR高速バスとなります。

f:id:nichinichisou0808:20171009202440j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009202504j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009202522j:image

 

そして本日もまだまだ大垣は暑いのです。

f:id:nichinichisou0808:20171009205930j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009202617j:image

  

◼️十万石まつりとは

大垣藩十万石の城主を祀る「常葉神社」の例祭を起源とする、現在ではお神輿とパレードのお祭りです。大垣の企業や団体も協賛・参加し、市民全員が主役のお祭りの様です。

f:id:nichinichisou0808:20171009202808j:image

聖地巡礼との時間的兼ね合いから、すべてのイベントを見学できなかったのが残念です。

 

・祭準備中
屋台の数は5月の「大垣祭り」と比較してとても少ないので、この時私はこのお祭りを見くびっていました。

f:id:nichinichisou0808:20171009202900j:image

f:id:nichinichisou0808:20171010051105j:image

 

作中の告白ポイントは審査員席・祭本部・献血会場となっていました。

f:id:nichinichisou0808:20171009202942j:image


・常葉神社
大垣城側に位置する今回中心となる神社です。今回初めて訪れました。

f:id:nichinichisou0808:20171009203026j:image

 

既にみこしが準備万端です。

f:id:nichinichisou0808:20171009203130j:image


・オープニングパレード

11時丁度には白バイ隊を先頭に学生達のマーチングバンド、地元スポーツ団や文化系サークルなど大垣市民4000人のパレードが行われました。

f:id:nichinichisou0808:20171009203205j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009203220j:image

f:id:nichinichisou0808:20171010051144j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009203236j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009203259j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009203316j:image


響け!ユーフォニアム」の影響からか、マーチングバンドが気になります。

f:id:nichinichisou0808:20171009203332j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009203405j:image

 

大垣城鉄砲隊は本部前での演武もありました。

f:id:nichinichisou0808:20171010051232j:image

 

・地酒の振る舞い
審査員席前では昼頃に鏡割りと地酒が振舞われ、もちろん一杯は頂きました。

f:id:nichinichisou0808:20171009203444j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009203500j:image


・地元企業や団体による「大人・企業みこし」
審査員席前でパフォーマンスをします。

f:id:nichinichisou0808:20171009203535j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009203608j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009205452j:image

 

パフォーマンス中です。

f:id:nichinichisou0808:20171009203630j:image

 
・常葉神社神輿の渡御

16時になると10時より街中を回ってきた神輿が神社に帰ってきました。

f:id:nichinichisou0808:20171009203718j:image

 

こちらは女性神輿です。

f:id:nichinichisou0808:20171009203739j:image


・常葉神社餅まき
設置された4台の舞台からお餅を投げます。

f:id:nichinichisou0808:20171009203841j:image

 

この舞台は協賛が大企業だらけです。

f:id:nichinichisou0808:20171009203919j:image


16時丁度になると「城主様より民への施しである」 (民忠誠度+15)

f:id:nichinichisou0808:20171009203953j:image

 

・おどろきの人出

私は今回初めて見物しましたが、大垣祭り程ではないにしろ、かなりの人の数に驚きました。

f:id:nichinichisou0808:20171010051421j:image

 

◼️「聲の形聖地巡礼

聲の形」度が増していく養老「天命反転地」は今までにない混雑ぶりでした。

f:id:nichinichisou0808:20171009204146j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009204217j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009204241j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009204303j:image

 

大垣の「芭蕉結びの地記念館」は少しだけ配置変更があった様です。

f:id:nichinichisou0808:20171009204331j:image

f:id:nichinichisou0808:20171010051538j:image

 

四季の広場の昼〜夕刻〜夜〜朝です。

f:id:nichinichisou0808:20171010051619j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009204603j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009204631j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009204659j:image

 

その他写真です。

f:id:nichinichisou0808:20171009205358j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009205423j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009205554j:image

 

◼️鯉でも鳩でも鴨でも…

現在とてもハマっている「鯉へのパンやり」ですが、今回は3回もあげてしまいました。そこで気づいたのですが、老若男女問わず地元の皆さんが鯉にパンをあげているようです。

・1回目

f:id:nichinichisou0808:20171009204759j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009204828j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009204852j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009204913j:image

 

・2回目

f:id:nichinichisou0808:20171009204940j:image

f:id:nichinichisou0808:20171009205013j:image

 

 ・3回目

他の皆さんから味で一歩リードするために「ホテル朝食パン」を張込みました。私も味見したら甘みがあってとても美味しい食パンでした。

f:id:nichinichisou0808:20171009205031j:image


このフレームには鯉、鳩、烏、鴨が入っています。パンさえあれば皆私のお友達ですが、パンがなくなれば鯉以外は皆散って行きます。

f:id:nichinichisou0808:20171009205142j:image

 

鴨の素早い動きには驚きましたが、どうやら鯉には敵わないようです。

f:id:nichinichisou0808:20171009205307j:image

 
◼️今年の天然鮎終了間近 

今回、大垣での呑み知り合いHさんから土曜日に呑みのお誘いを頂いたのですが、私は吉祥寺にいたので残念ながらお会いできませんでした。そして別の知り合いは日曜日に大垣不在とのことで、大垣ひとり酒となりました。

f:id:nichinichisou0808:20171009205629j:image

 

鮎もすっかりと大きくなりました。

f:id:nichinichisou0808:20171009205649j:image

 

干瓢巻に沢山のワサビを入れるととても美味しいです。

f:id:nichinichisou0808:20171009205727j:image

 

あと1回くらいは鮎を食べたいですね。

 

本日は以上となります。

 

吉祥寺「左党の聖地」で呑む

本記事のタイトル「左党」についててすが、革新派や左翼思想の意味ではありませんのでご注意ください。

・・・江戸時代の鉱夫(または大工)が左手に鑿(ノミ)を持って作業する様子「ノミ手」から「飲み手」ときて洒落で「左党」になったそうで、読みは「さとう」「ひだりとう」のどちらでも良いそうです。

なんて薀蓄たれてますが、私が初めてこの言葉を知ったのはここ5年以内で、TV番組「吉田類の酒場放浪紀」だったと記憶しています。

 

そして本日は同番組のOP映像として長年流れているお店「いせや」さんに友人らで呑みに行きました。

 

吉祥寺駅公園口です。しばらく工事が続いていましたが、ようやく落ち着いたようです。

f:id:nichinichisou0808:20171008053709j:image

 

まずこちらが「いせや総本店」となります。一階では立ち飲み、2階ではお座敷、地下では高級すきやきなどがいただける(はず)ですが、実は私は入ったことがありません。

f:id:nichinichisou0808:20171008053805j:image

f:id:nichinichisou0808:20171008053836j:image

 

そしてこちらが「いせや公園店」となり、井之頭公園のすぐそばにあります。

f:id:nichinichisou0808:20171008053904j:image

 

現在の建物は東日本大地震後に建て替えられたものとなります。

f:id:nichinichisou0808:20171008053932j:image

 

こちらは吉祥寺駅北口となります。

f:id:nichinichisou0808:20171008054035j:image

f:id:nichinichisou0808:20171008054003j:image

 

ハモニカ横町となります。

f:id:nichinichisou0808:20171008054057j:image

 

昼から開いているお店もありますが、夜になると狭い路地に所狭しと飲食店のネオンが並びます。

f:id:nichinichisou0808:20171008054125j:image

f:id:nichinichisou0808:20171008054141j:image

 

そして我々の目的地は「いせや北口店」となります。ほかのいせやより少しだけ穴場感があり、すんなりと入れることが多いです。

f:id:nichinichisou0808:20171008054200j:image

 

店内はこんな感じです。

f:id:nichinichisou0808:20171008054222j:image

 

ビールはサッポロ生ビールです。

f:id:nichinichisou0808:20171008054241j:image

 

これは絶対に外せないシューマイです。「いせや」は精肉店もやっているので肉の味が抜群にいいのです。

f:id:nichinichisou0808:20171008054257j:image

 

焼き鳥の盛り合わせ(おまかせ)はタレと塩も分けてくれます。そして勿論おいしいのですが、我々はいつもネギマの取り合いをするのです。

f:id:nichinichisou0808:20171008054316j:image

f:id:nichinichisou0808:20171008054333j:image

 

ポテトサラダもなかなかです。

f:id:nichinichisou0808:20171008054352j:image

 

餃子もおいしいのですが、以前は焼き餃子だった気がします。

f:id:nichinichisou0808:20171008054408j:image

 

ここで一旦会計としたのですが、次に我々が向かったのは・・・「いせや公園店」でした。

 

10分ほどウェイトがありました。

f:id:nichinichisou0808:20171008054439j:image

 

店内はこんな感じとなり、椅子席もあります。

f:id:nichinichisou0808:20171008174016j:image

 

またまたサッポロ生ビール。

f:id:nichinichisou0808:20171008054455j:image

 

またまたシューマイ。

f:id:nichinichisou0808:20171008054516j:image

 

モツ煮を混ぜて…。

f:id:nichinichisou0808:20171008173820j:image

 

ファイナルシューマイとなりました。

f:id:nichinichisou0808:20171008173837j:image

 

いせやのシューマイ、おすすめです。

 

本日は以上となります。

 

 

池袋名店食堂が間も無く閉店する

本日は池袋の食堂の閉店前営業、他記事となります。

 

◼️1軒目

f:id:nichinichisou0808:20171004212336j:image

以前も一度記事にした池袋北口にある食堂兼呑み屋の「九州一食堂」は区画整理か何かの理由で7月に閉店予定でしたが、なんとか今まで営業を延長していました。しかし今回来店時に遂に閉店予告が掲示されました。

 

nichinichisou0808.hatenablog.com

 

夏頃の店内の壁は沢山のメニューで埋め尽くされていたのですが、閉店カウントダウンからか半分以下となっていました。

f:id:nichinichisou0808:20171004212422j:image

 

まずはビールを。

f:id:nichinichisou0808:20171004212439j:image

 

そしてぬか漬けからスタートしました。

f:id:nichinichisou0808:20171004212453j:image


こちらの桜島ねぎ「ねぎ玉」は定番メニューです。

f:id:nichinichisou0808:20171004212514j:image


本マグロの中落ちも絶品です。

f:id:nichinichisou0808:20171004212527j:image

 

刺身には日本酒ですよね。

f:id:nichinichisou0808:20171004212541j:image


人気メニュー「豚バラのオムレツ」は大きめにカットされた玉ねぎの甘みがいい感じです。

f:id:nichinichisou0808:20171004212556j:image


鶏肉ではなく豚肉(黒豚)の唐揚げは脂たっぷりでした。

f:id:nichinichisou0808:20171004212615j:image

 

「食堂」であるこちらの定食は豪華絢爛でした。(過去の写真です)

f:id:nichinichisou0808:20171004212756j:image

 

閉店カウントダウン看板です。

f:id:nichinichisou0808:20171004212656j:image

 

定期的ではありませんが、5年以上通ったお店だったので、お勘定時に「いままでありがとう」と言われた時には少し寂しくなりました。 

 

◼️2軒目

2軒目はラーメンの一蘭に行ったら、店内行列ができていたのでS君の提案で近所の回転寿司に入りました。

f:id:nichinichisou0808:20171004212950j:image


もう、マグロが食べたい気分なんです。(この柄のお皿は@130)

f:id:nichinichisou0808:20171004213010j:image

f:id:nichinichisou0808:20171004213029j:image
店内ではエンドレスで「スシ食いねぇ」の歌が流れていました。S君に聞いたら昔むかしの20年前から同じ曲だそうです。

 

◼️おまけ

池袋北口、東武東上線沿いに掲示されていた池袋を発着する列車紹介看板です。

 

東武本線に乗り入れるJR特急 (元NEX)

f:id:nichinichisou0808:20171004213126j:image

 

現行のNEX

f:id:nichinichisou0808:20171004213146j:image

 

スーパービュー踊り子

f:id:nichinichisou0808:20171004213202j:image

 

東武特急スペーシア

f:id:nichinichisou0808:20171004213222j:image 

 

西武特急レッドアロー (右・クラシックカラー)と2000系

f:id:nichinichisou0808:20171004213245j:image

 

東武東上線TJライナー

f:id:nichinichisou0808:20171004213359j:image

 

東武東上線50000系(左)と8000系、8000系の初期グループは昭和38年の製造です。

f:id:nichinichisou0808:20171004213439j:image

 

最後は少し鉄っちゃんぽくなりました。

 

本日は以上となります。

 

日々草を育てる③

本日は家で育てている夏の花、日々草についての記事③となります。

 

8月に最初のペアを購入してからも近所の花屋さんをちょくちょく覗いていたのですが、別の色が入荷したので増やすこととしました。

 

最初に購入のペア

f:id:nichinichisou0808:20171001202324j:image

 

今回購入した新色

f:id:nichinichisou0808:20171001200022j:image

f:id:nichinichisou0808:20171001200041j:image

 

4色を並べるとなかなか壮観で益々愛着が湧いてきます。

f:id:nichinichisou0808:20171001200128j:image

アプリコット

f:id:nichinichisou0808:20171001200338j:image

・ホワイト

f:id:nichinichisou0808:20171001200355j:image

・ピンク

f:id:nichinichisou0808:20171001200438j:image

・ラベンダー

f:id:nichinichisou0808:20171001200501j:image

 

◼️開花風景を撮影

9月の日本縦断台風が上陸時に部屋へ避難した鉢を見ていると、徐々に開花してきたので撮影をしてみました。

f:id:nichinichisou0808:20171001200738j:image

f:id:nichinichisou0808:20171001200801j:image

f:id:nichinichisou0808:20171001200820j:image

f:id:nichinichisou0808:20171001200838j:image

f:id:nichinichisou0808:20171001200855j:image

 

◼️種が出来た

何気なくラベンダー色の鉢を眺めていると、見慣れない房がついていたのですが、これが種でした。どうやら4〜6月に撒くといいようです。

f:id:nichinichisou0808:20171001201209j:image

 

◼️越冬させたい

日々草一年草の認識なっていますが、生育方法により多年草とにもなるようです。まだまだ未知数ですが、現在外気が涼しい夜には室内に入れるなどの対策をしています。

 

◼️現在の悩み

ある程はネットで情報を入手できますが、実際に生き物を手入れなどするのは難しいですね。

・ラベンダー色の葉が黄色くなり対処が不明

・栄養剤は使用した方がいいのだろうか

・茎が伸びすぎなので「切り戻し」が必要か

 

本日は以上となります。

「聲の形」大垣巡礼1周年

本日は表題の通りとなります。

 

聲の形」の大垣聖地巡礼は2016年9月29日が初訪問となるので、早いもので先日で1年となりました。

本当は今年も9/29に大垣入りをしたかったのですが、外せない仕事により断念した次第です。(個人的には仕事なんてどうでもいいんですけど)

f:id:nichinichisou0808:20171001071445j:image

 

◼️少し大垣に行き過ぎか?

1年間での巡礼はなかなかの回数となり、特に4月と7月は各4週も大垣入りをしていたようです。

参考までに他の聖地巡礼回数と比較すると、大垣がずば抜けて多くなっています。

・「ガルパン」の大洗町は4年で20回

・「ユーフォ二アム」の宇治市は2年半で10回

・「聲の形」の大垣市は1年で24回

・「氷菓」の高山市は3年で4回

                                            ※iPhoneの写真より回数算出しました

年内は大垣・宇治・高山を三本柱に聖地巡礼をして行く予定です。

 

◼️大垣巡礼1年の記録

半分近くがiPhoneから抽出した写真となりますが、1年間の大垣でのイベントや行動を簡潔にまとめてみました。

 

・2016年9月

記念すべき第1回巡礼です。劇場版公開中ということもあり、大垣市街地は「聲の形」色が強かったです。

f:id:nichinichisou0808:20171001070815j:image

f:id:nichinichisou0808:20171001091050j:image

 

当時は駅改札内にもポスターがありました。 

f:id:nichinichisou0808:20171001071024j:image

 

商店街にも聲の形が。

f:id:nichinichisou0808:20171001124510j:image

 

商店街ともタイアップしていました。

f:id:nichinichisou0808:20171001071215j:image

 

こちらのイベントには参加できませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20171001091010j:image

 

こちらは現在も掲示中です。

f:id:nichinichisou0808:20171001091129j:image

 

いつもの橋となります。

f:id:nichinichisou0808:20171001124603j:image

 

・2016年10月

いつもの橋となります。

f:id:nichinichisou0808:20171001122824j:image

 

この頃から大垣の映画館で「聲の形」を観るようになりました。

f:id:nichinichisou0808:20171001071430j:image

f:id:nichinichisou0808:20171001071605j:image

f:id:nichinichisou0808:20171001072132j:image

f:id:nichinichisou0808:20171001123434j:image

 

駅北口に掲示中の大垣暮らしのススメです。

f:id:nichinichisou0808:20171001091316j:image

 

・2016年11月

いつもの橋となります。

f:id:nichinichisou0808:20171001091204j:image

 

紅葉がすすんでいます。

f:id:nichinichisou0808:20171001071717j:image

 

・2016年12月

いつもの橋となります

f:id:nichinichisou0808:20171001072619j:image

f:id:nichinichisou0808:20171001072637j:image

 

大垣中央公園には期間限定の展示がありました。

f:id:nichinichisou0808:20171001072653j:image

 

・2017年1月

いつもの橋となります

f:id:nichinichisou0808:20171001122848j:image

 

まだ大垣市役所は健在でした。

f:id:nichinichisou0808:20171001072933j:image

 

・2017年2月

いつもの橋となります。

f:id:nichinichisou0808:20171001122931j:image

 

この頃からでしょうか、大垣市役所で聲の形の婚姻届と出生届が配布開始となりました。

f:id:nichinichisou0808:20171001073147j:image

f:id:nichinichisou0808:20171001073202j:image

 

養老鉄道のコラボグッズも発売されました。

f:id:nichinichisou0808:20171001075133j:image

 

・2017年3月

いつもの橋となります。

f:id:nichinichisou0808:20171001122956j:image

 

大垣駅聲の形巡礼マップが掲示されました。

f:id:nichinichisou0808:20171001073531j:image

f:id:nichinichisou0808:20171001073612j:image

 

また、駅ビル内書店でも聲の形の巨大スタンドを発見しました。

f:id:nichinichisou0808:20171001073711j:image

 

・2017年4月

いよいよ待ちに待った桜の季節です。

f:id:nichinichisou0808:20171001073846j:image

f:id:nichinichisou0808:20171001091417j:image

 

地元大垣でもBlu-rayの予約を受けていました。

f:id:nichinichisou0808:20171001074118j:image

 

元気ハツラツ市で登場したPOPです。

f:id:nichinichisou0808:20171001073903j:image

 

そして、この頃から大垣での呑み屋開拓が始まりました。

f:id:nichinichisou0808:20171001074310j:image

 

・2017年5月

いつもの橋となります。

f:id:nichinichisou0808:20171001074503j:image

5月は「大垣まつり」が盛大に行われました。

f:id:nichinichisou0808:20171001074535j:image

f:id:nichinichisou0808:20171001123515j:image

 

・2017年6月

いつもの橋となります

f:id:nichinichisou0808:20171001074754j:image

 

6月と言えば天然鮎の解禁です。

f:id:nichinichisou0808:20171001074840j:image

 

・2017年7月

いつもの橋となります

f:id:nichinichisou0808:20171001075256j:image

 

スマホスタンプラリーが開始されました。

f:id:nichinichisou0808:20171001075332j:image

 

大垣花火大会とても良かったです。

f:id:nichinichisou0808:20171001075413j:image

 

・2017年8月

いつもの橋となります。

f:id:nichinichisou0808:20171001075737j:image

 

大垣市役所の部分解体工事が着工しました。

f:id:nichinichisou0808:20171001075759j:image

 

・2017年9月

いつもの橋となります

f:id:nichinichisou0808:20171001080021j:image

 

大垣市役所の部分解体はほぼ完了かもしれません。

f:id:nichinichisou0808:20171001080109j:image

 

大垣移住を夢見て応募しようかと真剣に悩みました。

f:id:nichinichisou0808:20171001080154j:image

 

◼️大垣巡礼の1年を振り返って

1年が過ぎ去るのはとても早いものだと実感するとともに、とても充実した1年でもありました。

そして大垣は「聲の形」を抜きにしても非常に魅力的な土地・人・食だと確信をしました。

2017年の旅行は大垣に全振りと決めていたので後悔は勿論ありませんが、2018年は他の地域への聖地巡礼や旅行もしたいと考えています。未踏の地四国、大好きな広島や山口、石川県も行ってみたいですね。

・・・ちなみに今月は今年の天然鮎が終わりになるので、2回の大垣入りを予定していますが、大垣と宇治は近いので併せて「ユーフォ巡礼」もする予定です。

 

本日は以上となります。