聖地巡礼に酒は必要

東海・近畿旅行、酒場、オーディオと雑記など

想い出の中華屋に再訪する

本日は私が生まれた埼玉県春日部市にある中華料理屋の記事となります。

 

f:id:nichinichisou0808:20180119134610j:image

 

まず最初に、20代中盤のある一時期私は相当に貧乏でした。

最初の就職は大手企業でしたが、ある日突然なぜかアニメーターになると決意し、何とかアニメスタジオに潜り込んだのですが、皆様もご存知かと思いますが、この業界は拘束時間が長い上に完全出来高制が常識であり、底辺の新人動画マンは恐ろしく収入少ないのです。

記念すべき私の初任給は1万円行きませんでした。

まさに「金なし、時間なし、心に余裕なし」のカツカツ生活でした。

f:id:nichinichisou0808:20180119135730p:image

当時仕事で描いた動画(?)のコピーが出てきました(笑)多分自分的にお気に入りだったんでしょう。

f:id:nichinichisou0808:20180119132719j:image

f:id:nichinichisou0808:20180119132731j:image

こちらは作業用設定資料のコピーですね。私の年代がバレてしまうかも。

 

そんな時、地元でよくお世話になっていた中華料理屋がありました。「安い、うまい、多い」が非常に魅力的で、下手をすると毎週日曜日には行っていたかもしれない「栄楽飯店」さんです。

とはいっても当時の私は薄給のため、私と今の同居人Aをまとめて私の兄が奢ってくれていました。これについては今でもとても感謝をしています。(後にこの3人が同人ソフト開発の初期メンバーとなります)

f:id:nichinichisou0808:20180119133909j:image

f:id:nichinichisou0808:20180119113143j:image

10年以上ぶりの来店で何が驚いたかと言えば、店内はリフォームされ、さらに未だにラーメンが350円据置なんです。

 

空いているタイミングで店内を撮影しましたが、普段は地元の人々、タクシー運転手、宅配ドライバーなどでいつも混雑しているはずです。

f:id:nichinichisou0808:20180119113401j:image

 

我々は昔から小上がり席が好きでした。

f:id:nichinichisou0808:20180119113900j:image

 

メニュー①です。

f:id:nichinichisou0808:20180119113545j:image

メニュー②です。

f:id:nichinichisou0808:20180119113614j:image

 

早速瓶ビールを注文しますが、こちらは大瓶(633ml)を1本500円で提供しています。これは安すぎですよね。

f:id:nichinichisou0808:20180119113817j:image

 

野菜炒めは350円で木耳入り!

f:id:nichinichisou0808:20180119114045j:image

 

餃子は300円、個人店舗でこれは凄い価格設定かと。

f:id:nichinichisou0808:20180119114128j:image

 

エビチリソースは少しお高い1,200円ですが、とにかく海老が大きいです。ちなみに昔は「大正エビのチリソース」でした。

f:id:nichinichisou0808:20180119114232j:image

 

ここで我々は加齢による胃袋の限界を知ることとなります。昔であれば更に「肉団子」や「唐揚げ」「玉子スープ」を注文していたのですが、メイン料理を考えるともう無理です。

 

日本酒はコップなみなみ1杯で350円!味からして銘柄は大関特撰っぽくて好みでした。

f:id:nichinichisou0808:20180119114618j:image

 

同行者のメインはカツ丼です。味付け濃い目、カツとご飯も盛りだくさんです。

f:id:nichinichisou0808:20180119114830j:image

 

私は「少し減らしてください」とお願いしたチキンライスですが、それでも多いです。

f:id:nichinichisou0808:20180119115004j:image

 

そしてこちらが350円ラーメンです。少し脂膜が厚い気もしますが、気にしません。

f:id:nichinichisou0808:20180119133707j:image

 

代が変わっても変わらぬ味と値段に大満足でした。・・・ところで、こちらの若旦那はIHIを退職した上で栄楽飯店に婿に入ったと近所でも評判の人です。

 

春日部市の夕空は綺麗でした。

f:id:nichinichisou0808:20180119115302j:image

 

本日は以上となります。

同居人と地元でハシゴ酒(食べ)をする

本日は表題の通りとなります。

 

我が家は私を含めて3人でルームシェアをしていますが、実は全員で一緒に外へ呑みに行くことは年に10回もありません。

決して仲が悪いわけではないのですが。。。

・私は平日21時帰宅、土日は聖地巡礼か朝飲み

・同居人Aは平日18時帰宅、土日は旅行か昼飲み

・同居人Bは自宅作業で夜型生活、旅行や外出は嫌い(ただし趣味キャンパー志望中)

そのため、3人中いずれか2人で呑みに行く事は良くあるのですが、フルメンバーとなると途端に難しくなる感じがします。

 

◼️1軒目「た川」

こちらは鰻屋さんとなりますが、刺身などのおつまみから鍋物まで幅広く取り揃えています。

客層の平均年齢は高めですが常連さんは多数おり、近隣中小企業の忘年会などにも選ばれるくらいとても愛されています。

 

ビールは生、瓶共にアサヒ。脂の多い鰻とマッチしますね。

f:id:nichinichisou0808:20171230102152j:image

 

黒鯛の刺身は濃厚で美味しいのです。

f:id:nichinichisou0808:20171230102206j:image

 

もつ煮込みもグッドです。

f:id:nichinichisou0808:20171230102224j:image

 

イカのホイル焼きは、イカの身にバターの下味がついており、絡まったイカワタとよく合います。

f:id:nichinichisou0808:20171230102240j:image

 

鰻屋なのにカキフライも美味しい

f:id:nichinichisou0808:20171230102258j:image

 

私は個人呑み屋の酢の物が大好きですw 

f:id:nichinichisou0808:20171230102320j:image

 

冬のあん肝は実にクリーミーです。

f:id:nichinichisou0808:20171230102423j:image

 

適当にお願いした刺身盛合せも凄い。 

f:id:nichinichisou0808:20171230102348j:image

 

鱈鍋も具沢山。そして味よし。

f:id:nichinichisou0808:20171230102457j:image

 

参考までにこちらは別の日に注文した鰻丼、1500円です。

f:id:nichinichisou0808:20171230102519j:image

 

別の日に注文した刺身定食はかなりの盛りで1,300円となります。なお、定食にはごはん、赤だし、コーヒーゼリーもつきます。

f:id:nichinichisou0808:20171230102545j:image

 

◼️2軒目「バル・パッショーネ

こちらはイタリア料理のお店となります。

私の勝手な感想ですが、地元には絶大な人気のイタリア料理店が駅前にあるため、こちらのお店は開店当時は少し地味な印象でしたが、料理の質の高さと雰囲気の良さから近頃ではなかなかの客入りとなっています。

 

日替わりの前菜3種盛り、本日は「トマトのポテトのサラダ」「ナスのバルサミコマリネ生ハム」「小エビとアスパラのアンチョビソース」となります。

f:id:nichinichisou0808:20180117030118j:image

 

私はチーズでは山羊以外は何でも食べられますが、特にブルーチーズが大好物です。

f:id:nichinichisou0808:20180117030200j:image

 

ワインは全く知識がないのでお手頃な白ワインにしますが、こちらのワインはいつも美味しいです。

f:id:nichinichisou0808:20180117030259j:image

 

牡蠣とカブのアヒージョはパンを浸してたべると病み付きです。

f:id:nichinichisou0808:20180117030335j:image

 

あ、もう赤ワインもいってしまおうかな。

f:id:nichinichisou0808:20180117030535j:image

 

フィッシュ&チップスと言えば勿論イタリア料理なのです。

f:id:nichinichisou0808:20180117030403j:image

 

イタリア料理屋さんにある唐辛子オイルはすごく美味しくて、私は何にでもドバドバとかけてしまいます。

f:id:nichinichisou0808:20180117030433j:image

 

締めの「渡り蟹のトマトクリームパスタ」は、茹で方が完璧なアルデンテでありソースも美味のため3人で奪い合い開始です。

f:id:nichinichisou0808:20180117030507j:image

 

・・・私の地元はチェーン系のお店もそれなりにありますが、とにかく質の高い個人店が多いのでとても楽しめる街です。

 

本日は以上となります。

池袋でいきなり呑み屋、いきなりステーキ

本日は池袋での呑みと、人生初「いきなりステーキ」の記事となります。 

・・・1月も半ばとなりましたが、家庭事情により休業の多い私はまだまだ正月気分が抜けずに困っております。そして、正月気分といえば朝酒です。年末年始は毎日午前様だったらしいS君を誘い、日曜日午前中の池袋まで繰り出しました。

f:id:nichinichisou0808:20180116111148j:image

 

◾️1軒目は「一軒め酒場」へ

1軒目は前回1人呑みをした時に警察官さんが現場検証をしていた「一軒め酒場」にします。

f:id:nichinichisou0808:20180115142819j:image

実はこのビルは「養老乃瀧」本社ビルとなります。

f:id:nichinichisou0808:20180115143052j:image

(GoogleStreetViewより)

その一階に系列店「一軒目酒場」が入っているのです。

 

私は呑みのスタートはビールと決めているので、迷わず生ビール、S君はシークワーサーサワーとなりました。

f:id:nichinichisou0808:20180115143145j:image

何となくですが、本日は新メニューが増えた感じを受けた我々はジャンジャン注文します。 そしてこのお店は「ひたすら安く呑む」ためのお店なので、手の込んだおつまみは余りありません。

 

マカロニサラダ・カレー風味

f:id:nichinichisou0808:20180116111226j:image

聞けばS君のお嬢さんは高校卒業だそうで、私は彼女が幼児の頃を見ていたので、あっという間に時は過ぎるものだと実感しました。

 

刺身2点盛り

f:id:nichinichisou0808:20180116111241j:image

 

うずら玉子

f:id:nichinichisou0808:20180116111257j:image

私はS君に一度大垣に来て欲しいのですが、彼的に旅行交通費が片道10,000円を超えるのが納得いかないみたいです。(彼はフリーのSE屋さんのため、手取りはかなりいいはずです)

 

串揚げ

f:id:nichinichisou0808:20180116111311j:image

我々が愛してやまない竹内力主演の「ミナミの帝王」の話に花が咲きます。

 

失念しました。

f:id:nichinichisou0808:20180116111327j:image

 

厚揚げ。

f:id:nichinichisou0808:20180116111347j:image

 

失念しました。

f:id:nichinichisou0808:20180116111403j:image

 

日本酒も200円台です。

f:id:nichinichisou0808:20180116111541j:image

 

ネギトロ。

f:id:nichinichisou0808:20180116111522j:image

 

バターコーン炒め

f:id:nichinichisou0808:20180116111831j:image

結局、ビール3杯、サワー1杯、日本酒2合に上記料理で勘定は5000円を切っていました。安い!

 

◾️2軒目はステーキハウス

いつもならば2軒目の酒場に行くのですが、池袋をほろ酔いでウロウロしていると「いきなりステーキ」の店舗が目に入るなり、S君は肉モードになった様子なので、食べたことのない私も興味津々で入店してみました。

f:id:nichinichisou0808:20180115143209j:image

平日ランチメニューはテーブルでの注文となりますが、それ以外は肉を注文するカウンターでg(グラム)単位注文します。焼き方については聞かれませんでした。(たぶん)

 

まずはサラダとライスをテーブルで注文します。

f:id:nichinichisou0808:20180116112242j:image

f:id:nichinichisou0808:20180116112304j:image

 

肉場で注文した肉が早々に運ばれてきました。今回は鉄板のハンバーグ300g。

f:id:nichinichisou0808:20180116112345j:image

表面は焼けているものの内部は生のため鉄板で好みに焼きます。

f:id:nichinichisou0808:20180116112406j:image

牛と豚の合挽きでしょうか、とても美味しく頂きました。

f:id:nichinichisou0808:20180116112446j:image

・・・早速仕事場の同僚とのランチに提案してみるのでした。

 

本日は以上となります。

日々草を育てる⑤

本日は家で育てている日々草の記事Vとなります。

f:id:nichinichisou0808:20180110170550j:image

 

夏に購入した4鉢は現在も全鉢が無事に育っており、近頃気が付いたのですが、室内気温が25度近くなると花付がよくなるようです。

f:id:nichinichisou0808:20180110170727j:image

室温25度以上ではバンバン咲きます

 

・・・今までは買ってきた鉢をそのまま育てていましたが、本年は少しステップアップを図ろうと考えています。

 

1. 摘芯と切り戻しをしっかりと行う

昨年は手入れを怠ってしまったので、今年は日々草の見栄えを良くしたり、花数を増やすことにも気をつけたいと思います。

f:id:nichinichisou0808:20180111050756j:image

手入れせずにピンクだけグングン伸びてしまった。。。

 

2. 既存の日々草を大型プランターに植え替える

現在は小さな4つの鉢で育てていますが、春にはプランターに植え替えてみようと思います。日々草は根の構造から植替難易度は高い様ですが、是非試してみようと考えています。

 

3. 早速昨年収穫したタネを撒く

日々草の種まきは春頃が適しているのですが、現在私は室内で育てているので、早速種まきをすることにしました。それには根拠もあり、現在咲いている日々草に落ちた種から新芽が出たため、室内気温20〜25度前後で発芽すると思われます。

f:id:nichinichisou0808:20180110170910j:image

新芽です(後日水のあげすぎで流出してしまいました)

 

4. そうと決まれば早速種まきをする

近所のコンビニで購入したおつとめ品ミニプランター(培養土と栄養剤つき)です。

f:id:nichinichisou0808:20180110171148j:image

 

昨年収穫した日々草の種ですが、集合住宅ではスペースの関係からこんなに撒ききれませんね。

f:id:nichinichisou0808:20180110172546j:image

 

プランター付属の培養土を敷き詰め、満遍なく水をやります。

f:id:nichinichisou0808:20180110171259j:image

 

普段使用の高濃度培養土を上面に少し敷き、日々草の種を等間隔に撒きます(深さ1cm程度)

f:id:nichinichisou0808:20180110171417j:image

 

HB-101希釈液を霧吹きでかけます。

f:id:nichinichisou0808:20180110171952j:image

 

これで完成です。あとは霧吹きで適度に水あげをしつつ、無事に発芽することを祈っています。

f:id:nichinichisou0808:20180110172114j:image

 

5. 他の発育方法も試す

種は沢山あるので、もう少し暖かくなったらサカタのピートバンへの種まきも考えています。

f:id:nichinichisou0808:20180111050043j:image

 

本日は以上となります。

 

大量の硬貨を両替する方法

本日は私が貯めていた硬貨を口座に入金した記事となります。

 

◾️はじめに

マーケットやコンビニの支払い時、せっかちな私は小銭入れから少額硬貨をいちいち出すのが苦手で、その結果財布の中身は釣銭の1円玉と5円玉が毎日増殖し、更に帰宅するとそれらの少額硬貨を財布から全て出してしまいます。
その結果家では1円玉と5円玉がみるみるうちに貯まってゆくのです。

f:id:nichinichisou0808:20180111010805j:image

1円硬貨選別中 (一応お湯で洗浄します)

f:id:nichinichisou0808:20180111010921j:image

5円硬貨選別中 (しかしお金を触ると手が汚れますね) 

 

今回はそれらを入金処理し、金額を確認しようと思うのですが、貯めていた硬貨が500円や100円玉ならば気分も盛り上がるのかもしれませんが、悲しいかな今回は1円と5円玉のみとなります。

 

◾️銀行窓口で口座に入金は可能だが

私が持ち込んだ都市銀行の窓口入金の受付条件として「入金合計額を明確にする必要がある」とのことで、金額を把握して居なかった私は今回お断りとなりました。

理由の1つとして、銀行側の機械計上額と顧客の計上額での乖離で揉める事例があるからとのことなのです。

逆に入金額さえ明確であれば、大量の硬貨でも窓口より入金可能となる筈です。(詳細可否は銀行・店舗による)

また、口座入金ではなく両替については、割に合わない手数料が必要なのでおすすめはできません。

 

◾️郵便局でも入金は可能

銀行の件は残念でしたが、ここで私は郵便貯金の休眠口座があることを思い出しました。そこで郵便局に硬貨を持参して、口座に入金することとしました。この際にも銀行同様に対応状況の確認は必要と思われます。

 

◾️入金額は把握しておくべきか

本来は把握した上で入金伝票に記入をするのが良いのですが、郵便局での入金時に硬貨枚数が多いなどで金額の把握が難しい場合には、金額欄を空欄とし、窓口で「あるだけ入金」をお願いすれば郵便局の機械計上額=入金額として取扱をしてくれます。

 

◾️郵便局窓口での口座入金に必要なもの

入金処理なのでゆうちょ通帳またはキャッシュカード があれば可能です。

 

◾️大量硬貨持込時の注意点

郵便局(または銀行)では機械にて硬貨枚数の計算をするので、変形硬貨や異物付着硬貨、著しい汚れがある硬貨の持込は避けましょう。ちなみに今回私は硬貨を家で2回洗浄してから金種を分けて持参しました。

 

◾️今回持ち込んだ硬貨

以下写真の量となりました。枚数計算はしませんでしたが7,000枚以上はあるようです

f:id:nichinichisou0808:20180111133604j:image

f:id:nichinichisou0808:20180111133645j:image

上が1円玉、下が5円玉

 

◾️入金結果

郵便局窓口での受付から入金完了までの所要時間はおおよそ15分程度であり、返却・不良硬貨はなし、合計金額は10,147円となりました。なかなか侮れませんね。

f:id:nichinichisou0808:20180111133117j:image

 

◾️入金されたお金の使途

「宵越しの銭を持たない」心情の私は早速、夜の焼肉代金としましたが、半額は来るべき大垣聖地巡礼に備蓄しておきました。

f:id:nichinichisou0808:20180111200045j:image

f:id:nichinichisou0808:20180111200106j:image

f:id:nichinichisou0808:20180111200257j:image

 

◾️最後に

実は我が家には、消費税導入後より反骨精神でひたすら1円硬貨を収集している物好きな同居人がおります。(近頃は引くに引けなくなり、意地になっているらしいですが・・・) 

こちらの1円玉段ボールは既に1人では持ち上げられません。

f:id:nichinichisou0808:20180111133006j:image

数万円はありそうですが、一体どうするのでしょうか。

 

本日は以上となります。

 

新年会は巣鴨で呑む

本日は表題の通りとなります。

 

今回の新年会は私を含めて4人での集まりとなり、メンバーのお1人は元業界人であり人生の大先輩Aさん、もう1人は転職をした業界人Yさん、最後の1人は私と同業者Hさんとなります。

Aさんが巣鴨に詳しいとのことで、今回は全てお任せをしました。

 

JR巣鴨駅で下車をします。巣鴨と言えば「年配者の原宿」のイメージですが、大人の夜の街としても有名です。

f:id:nichinichisou0808:20180107030533j:image

 

巣鴨駅徒歩3分程の位置にある「鮒いち」さんが本日の会場となります。元はチェーン店の「鮒忠」でしたが、独立されたようです。

f:id:nichinichisou0808:20180107030740j:image

 

Aさんのおすすめでサービスセットにしてみます。Yさんはお酒が呑めないのですが、ソフトドリンクへの変更も可能です。

f:id:nichinichisou0808:20180107032129j:image

 

最初は生ビールが来たかと思えば。

f:id:nichinichisou0808:20180107032447j:image

次々とおつまみが運ばれて来て。。。

f:id:nichinichisou0808:20180107032356j:image

なんとここまでで1,276円のお得プライスなのです。

f:id:nichinichisou0808:20180107032427j:image

 

揚げ物は出来立てで美味しいです。

f:id:nichinichisou0808:20180107032715j:image

f:id:nichinichisou0808:20180107032738j:image

f:id:nichinichisou0808:20180107032852j:image

 

結局、ビールはジョッキでは足らずにピッチャーになりました。

f:id:nichinichisou0808:20180107032756j:image

 

あさりバターです。

f:id:nichinichisou0808:20180107032825j:image

 

日本酒も注文したので、アテにぴったりのエイヒレ。

f:id:nichinichisou0808:20180107033808j:image 

 

誰が注文したのかキャベツw すごい塊で提供されます。

f:id:nichinichisou0808:20180107033918j:image

 

焼うどん!お酒を呑まない人と同席すると、おつまみに新発見があります。

f:id:nichinichisou0808:20180107032930j:image

 

締めはお店名物の釜飯となりました。

f:id:nichinichisou0808:20180107032952j:image

 

退店後は軽く巣鴨を散策します。

f:id:nichinichisou0808:20180107033030j:image

 

高岩寺となります。

f:id:nichinichisou0808:20180107033052j:image

 

洗い観音を背面から

f:id:nichinichisou0808:20180107033112j:image

 

巣鴨駅まで戻り、御開きとなりました。

f:id:nichinichisou0808:20180107030605j:image

 

本日は以上となります。

 

 

「カードキャプターさくら クリアカード編」に期待したい

本日の記事は表題の通りとなります。

 

2016年に原作漫画の新章開始と同時に、新作アニメ制作のアナウンスもあり、2017年には劇場版旧作品のリバイバル上映まで着々と展開をしてきた「カードキャプターさくら」(以下CCさくら) 。いよいよTVアニメーションCCさくら クリアカード編」 として放映が開始しました。

f:id:nichinichisou0808:20180106203753j:image

今回は約20年前の作品「CCさくら クロウカード編/さくらカード編」と併せて簡潔に書いてみたいと思います。

 

◼️CCさくらとは

講談社の少女漫画雑誌「なかよし」に1996年より2000年まで連載されていました。アニメ版は1998年より2000年までに劇場版2作品を含めて制作された魔法少女作品となります。

 

◼️初代CCさくらとの出会い

実はオンエア当時は全く観ておらず、存在さえ知らない自分は、友人よりLDを貸された際もまったく興味を示さずに、むしろお目目の大きなキャラクターに違和感さえ覚えていました。実はこのころの私はパンク・グランジ音楽を聴いたり演奏することに傾倒しており、然程アニメに興味がなかった時期だったと思います。

f:id:nichinichisou0808:20180106191750j:image

 

◼️CCさくらにハマった理由

ここの記憶が曖昧なのですが、気づいたら上記より数年後にはどっぷりとハマっていました。特に「劇場版CCさくら 封印されたカード」がお気に入りで、DVD視聴した私はリアルタイムで劇場に行かなかった事に死ぬほど後悔をしたものです。

2017年にはリバイバル上映により2作が劇場で公開され、「封印されたカード」では久々に川上とも子さんの声を聴くこともできました。

f:id:nichinichisou0808:20180106201555j:image

 

◼️CCさくらの魅力

私的にはメインキャラクターの「木之本桜」の魅力に尽きると思います。といいますかそこにしか興味はありません。

f:id:nichinichisou0808:20180107082137j:image

また、本作品は劇中曲にも魅力的な楽曲が多く「さくらのテーマI&Ⅱ」は特に名曲かと思います。
ちなみに私が1番好きなキャラソンは木之本桜役の丹下桜さんが歌う「しあわせの魔法」です。

しあわせの魔法 (カードキャプターさくら) - YouTube

 

◼️旧作内容について所感

実は私原作版は作画以外はあまり興味がない、というより大川七瀬の話は詰まらなくて少々苦手なのです。

その点アニメ版は脚本に大川七瀬は参加しているものの、天才浅香守生監督のおかげで作品の程を成していると私は考えており、特に「劇場版 封印されたカード」は私の中では別格の傑作映画であると思っています。

・・・とりあえず、桜ちゃんが超絶可愛ければ全てを許せるのです。

 f:id:nichinichisou0808:20180106203729j:image

 

◼️クリアカード編に思う事

新章の原作版は3巻まで購入しましたが、現在の所はあまり期待していません。しかし、新作アニメ版は引続き浅香監督ですから大いに期待をしています。

f:id:nichinichisou0808:20180106195736j:image

単行本3巻に同梱の新作DVDを見る感じでは、作画レベルにはあまり期待ができないかもしれません。

f:id:nichinichisou0808:20180106191918j:image

上記に記載しましたが本日、早速TVアニメーション第1話を視聴すると、かなり良い感じでした。話は良くも悪くも何時ものCCさくらでしたが、そこが安心して見られるのかもしれません。

f:id:nichinichisou0808:20180107082321j:image

そして早速エンディングがお気に入りとなりました。ボーカルを早見沙織さんが担当している点もポイント高いです。

 

◼️掘り出されたグッズなど

当時大量に購入した関連グッズは引っ越しやらで大抵は捨ててしまいましたが、我が家にはまだまだありました。いくつかのカードキャプターさくらグッズを集めてみました。

・DVDとBD

左下と右上は北米版となりますが、当時は海外版にまで手を出していた様です。

f:id:nichinichisou0808:20180106191944j:image

 

北米TV版は随所に改変が行われており、もはや別物と言っても過言ではありません。以下はOP映像。

f:id:nichinichisou0808:20180106192201j:image

f:id:nichinichisou0808:20180106192216j:image

 

北米TV版では「木之本桜」ではなく、「サクラ・アバロン」と改名されています。

f:id:nichinichisou0808:20180106192231j:image

 

北米劇場版は日本語音声・英語音声を収録しています。

f:id:nichinichisou0808:20180106192435j:image

 

トレーディングカード

実はかなりのカードをコンプリート済みです。限定カードも入手しましたが、、、CCさくらブーム再燃でプレミアにならないかしら。

f:id:nichinichisou0808:20180106192513p:image

f:id:nichinichisou0808:20180106192559j:image

物置にはDVD販促の等身大POPや各種ポスター、グッズの残りがまだまだある様な気がします。

 

・2017誕生日イベントに参加

2017年に開催された「カードキャプターさくらお誕生日会」に無謀にも参加し、初めて丹下桜さんの歌をライブで聴きましたが「生きてて良かった」と思うのでした。ちなみに当日のお客は老若男女はては外国人まで参加する盛況振りでした。

f:id:nichinichisou0808:20180106193242j:image

 

◼️最後に

大人気作品の再始動は自分自身がどハマりした過去もあり、今回はとても期待をしていますが、放映時間の日曜日朝は大抵旅行で不在がちなのが困りものです。

それとこの作品に所謂"聖地"ってできないですかね。

 

本日は以上となります。