読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖地巡礼に酒とオーディオは必要

旅行、オーディオ、酒がメインになると思います

アニメ発祥の地で北海道料理と酒を楽しむ

本日は西武池袋線の「大泉学園駅」にある北海道料理の呑み屋さんについて記事にします。

 

◾️大泉学園とはどんな町?

西武池袋線池袋駅から15分程度の所要時間で到着する、沿線内練馬区の高級住宅地です。

f:id:nichinichisou0808:20170522213746j:image

 

 「アニメ発祥のまち」と呼ばれる理由として、ここ大泉学園には「東映アニメーション」のスタジオがあります。

東映アニメーションと言えば「あしたのジョー」「銀河鉄道999」「美少女戦士セーラームーン」から、近頃では「プリキュア」シリーズなどの作品で知られた日本を代表するアニメ制作会社です。

 

また、漫画「釣りバカ日誌」のスーさんの自宅は大泉学園にある設定です。

(浜ちゃんは「ひばりヶ丘」に住んでいる設定した)

 

◾️駅構内がすでに東映アニメーション

待ち合わせまで少し時間があったので、駅周辺を軽く散策することにしました。

まず、駅ホームと構内から東映アニメーションワールドが全開です。

f:id:nichinichisou0808:20170522214035j:image

f:id:nichinichisou0808:20170522220145j:image

今年放映中のプリキュアの宣伝です。

丁度夕方のラッシュが始まり駅利用客が増えてきたので、おっさんの私がこの絵の写真を撮影するのには勇気が必要でした。。。

 

f:id:nichinichisou0808:20170522220203j:image

f:id:nichinichisou0808:20170523124743j:image

実は過去に何度か下車経験のある駅なのですが、前はこんなにアニメを前面に押し出してはいなかった気がします。

 

改札前には銀河鉄道999の車掌さんが見張っているので、正規のパスを所持していない悪質なキセル客は、銀河鉄道規則で宇宙に放り出されるかもしれません。

f:id:nichinichisou0808:20170522214402j:image 

 

銀河鉄道999と言えば、西武鉄道では長年ラッピング列車が走っています。

こちらは2代目のラッピング列車となります。

西武線で新・銀河鉄道999デザイン電車が出発進行!デビュー記念イベント実施!|練馬アニメーションサイト

 

 

◾️駅舎の外には・・・

駅北口には「大泉アニメゲート」があり、東映アニメーションの歴史紹介と人気キャラクターの銅像が設置されていました。

f:id:nichinichisou0808:20170522214848j:image

f:id:nichinichisou0808:20170522214902j:image

f:id:nichinichisou0808:20170522214919j:image

鉄腕アトムです。

子供の頃にTVでやっていた様な気はするのですが、あまり印象に残っていません。

手塚作品は幾つか好きなものがありますが、なぜか鉄腕アトムはあまり見なかったんですよね。

 

余談ですが、手塚先生が晩年を過ごしたのは東久留米市であり、今現在もお宅は残っています。

 

f:id:nichinichisou0808:20170522215003j:image

f:id:nichinichisou0808:20170523133630j:image

あしたのジョー」より矢吹丈です。

あしたのジョーと言えば個人的には無冠の帝王カーロス・リベラとの試合、減量に耐えられず深夜に屋台でうどんを食べるマンモス西が大好きです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170522215108j:image

銀河鉄道999」よりメーテル星野鉄郎です。

銀河鉄道999では「蛍の街」と「エルアラメインの歌声」、「これからの星」を現在でもDVDで良く観ます。

そして、どうせならばハーロック銅像も作って欲しかったです。(担当声優の井上真樹夫さんも最高です)

 

f:id:nichinichisou0808:20170522215256j:image 

うる星やつら」からはラムちゃんですが、それにしても駅前で際どい格好してますね。

 

アニメ版は高橋留美子と言うより、押井守の世界という感じがします。

・・・私は「めぞん一刻」の管理人さんの方が好きなんです。しかし、今考えるとあの人ってすごく面倒くさい性格かもしれません。

 

◾️早速呑み屋へ

本日のお店は、大泉学園駅から徒歩1分の好立地にある「酒蔵 あっけし」さんです。店名から漂う北海道さがいいですね。

実はこのお店、酒場のアイドル吉田類氏も訪れています。

f:id:nichinichisou0808:20170523125241j:image

f:id:nichinichisou0808:20170523130650j:image

f:id:nichinichisou0808:20170523130704j:image

厚岸直送の材料を使用した料理が多数あるので、都内に居ながら北海道が満喫できます。

本日は牡蠣が無いのだけが残念でした。

 

 f:id:nichinichisou0808:20170523142932j:image

まずは生ビールですが、こちらには大ジョッキがあります。

私の中では大ジョッキがあるだけで既に「デキる店」にカテゴライズされます。

そして流石北海道系店、サッポロの生ビールとなっています。

 

f:id:nichinichisou0808:20170523131514j:image

最初に来たメニューは「刺身サラダ」です。写真だと分かりづらいですが、台所で使うボール位の容器に野菜と刺身がてんこ盛りです。

刺身にドレッシングとたっぷりのマヨネーズをつけて頂くと最高です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170523131156j:image

ほっけ焼きです。チェーン系呑み屋さんでは格安メニューとして認識されがちですが、こちらのは1000円近くします。その分とても肉厚で美味しかったです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170523131906j:image

ししゃもの天麩羅です。おそらくカペリンではなく正真正銘のししゃもだと思います。

ところで、北海道の武川で獲れる本ししゃもは、メスよりもオスの方が高級なんですよね。

 

f:id:nichinichisou0808:20170523132353j:image

f:id:nichinichisou0808:20170523133233j:image

日本酒も北海道の地酒が揃っています。

といいつつ私は黒龍を注文しました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170523132443j:image

f:id:nichinichisou0808:20170523132501j:image

f:id:nichinichisou0808:20170523132516j:image

日本酒になると塩気が欲しくなってくるのか、おつまみも塩気っぽいものが増えてきます。

 

流石に月曜日なので、本日はほどほどでお開きにしたかった、、、のですが、二軒目は焼き鳥屋さんでした。

f:id:nichinichisou0808:20170523133518j:image

夜の明かり下で見るとちょっと色っぽいかも?

 

本日は以上となります。

 

映画「聲の形」の国内最終上映を観る

本日は映画「聲の形」が2016年の9月17日から公開され、その後私が約8か月の間同作品を鑑賞するための映画館通いをする最後の日となりました。

f:id:nichinichisou0808:20170520173152j:image

◾️複数回劇場に足を運ぶと気づくこと

今までも複数回劇場に足を運んだ作品ありますが、『ガールズ&パンツァー 劇場版』『たまこラブストーリー』『君の名は。』『エヴァンゲリオン 破』程度で、回数でも『聲の形』は桁違いの鑑賞回数となりました。

 

そして、各劇場に小まめに足を運んでいると、映画鑑賞券は必ずしも高額だといわれている1,800円ではなかったということです。

例えば大垣ならば、前売券、女性デー、男性デー、コロナの日やオンライン予約割引もあります。

 

◾️映画「聲の形」について

私は劇場版から入りましたが、もちろん原作も読破しました。映画批評は得意ではないので端的に書きますが、ここまで個性豊かな(誰でも欠点をもっている)人間を丁寧に描写した作品は稀有ではないでしょうか。

唯一劇場版で不満なのは、将也母と硝子母の呑みのシーンは入れて欲しかったなと。

(劇場版と原作では作品中の期間が違うのもありますが、あの2人の完全な和解シーンを観たかったです)

 

◾️ここ最近の「聲の形」上映館

4月初頭までは、新規の劇場や新宿ピカデリーで上映していた様ですが、4月の中旬頃からは国内では「大垣コロナシネマワールド」のみとなっていました。

その大垣でも5月19日に公開が終了しました。私は聖地大垣では5/13を最終観賞としましたが、昨秋からは月1回以上で通ってたので、少し寂しいです。(大垣にはまだまだ行きますが)

しかし、さすが聖地の鑑と言いたいのは、BD/DVDが発売するまで上映を続けていたことです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170519162759p:image

 f:id:nichinichisou0808:20170519162839p:image

大垣コロナシネマワールド最終日の朝の予約状況

 

観た回数でどうのということはないのですが、私が「聲の形」を観賞したのは25回を超え、聖地大垣では15回程度鑑賞しました。

f:id:nichinichisou0808:20170520173316j:image

オンラインチケット購入に移行後の観賞履歴

 

これからの人生で、劇場でここまでの回数同じ作品を観ることは無いと断言します。

(ガルパンの時もそう思ってましたがw)

そして5/17にはBD/DVDも発売されたので、それで納得しようと思っていました。

 

◾️リバイバル上映の決定

しかし、まだ終わりではなかったのです。

5/21日に丸の内ピカデリーリバイバル上映が決定しました。

もちろん行きますとも。

 

f:id:nichinichisou0808:20170519162928p:image

公式Twitterより引用

 

f:id:nichinichisou0808:20170519163024p:image

公演終了が日曜日の23時終了とはやりますね、、、私は事業所側にホテルを予約しました。

f:id:nichinichisou0808:20170521110552j:image

21日朝の時点で8割以上は埋まっている

 

◾️いよいよ上映日

そして本日、めでたく「丸の内ピカデリー2」でBD/DVD発売記念のリバイバル上映が開催されました。

f:id:nichinichisou0808:20170521233042j:image

f:id:nichinichisou0808:20170521233114j:image

舞台挨拶前にはBDの映像特典アニメーション2本が上映されました。

 

その後は声優の早見沙織さんら3人の舞台挨拶となりましたが、本作品は全国で30回の舞台挨拶が行われたそうです。

 

引き続き本編上映があり、上映終了は23時を過ぎていました。

 

・・・もう国内の劇場では観られないと思うと残念でなりませんが、私にとっての最高傑作です。

 

本日は以上となります。 

 

携帯電話で初めて帯域制限となりました

本日は私のau契約スマートフォンのデータ転送量が、契約量の上限に到達したことを記事にします。

 

◾️始まりは一通のCメール

f:id:nichinichisou0808:20170520202044j:image

今までiPhoneを8年近く使用してきましたが、この様な事態は初めてのため、面食らっています。

ちなみに5/20現在の残りデータ転送量(定額分)は以下のとおりです。

f:id:nichinichisou0808:20170520225758j:image

KDDIデジラアプリで容量調査

そこで今回はこの「帯域制限」について調査をしてみます。

 

◾️帯域制限ってなに?

ユーザーが各キャリア(docomo,au,SoftBank)と契約した月の総データ通信量が超過した時に、そのユーザーに対する通信速度を抑制するシステムです。

ちなみにauの4G通信速度はおおよそ71Mbpsですが、帯域制限中は128kbまで低下させられます。

 

今日日、ヤフーのトップページでも2MBの容量がありますから、速度低下での体感的ストレスは相当なものと予想されます。

 

◾️これまでの日常の通信事情

私がスマートフォンで普段利用している通信サービスはこんな感じです。

ここ最近新規で開始した作業などもあるため、下のリストが全てとは限りません。

 

①普段から4G回線も使用している操作

・ニュース系サイト閲覧

・まとめ系サイト閲覧

はてなブログの記事記載

②近頃4G回線を使用している操作

はてなブログの写真アップロード

・長時間移動(旅行)の増加による総使用時間の増加

・アプリ、購入音楽のDLに回線を利用した可能性

そもそも4G回線では利用しない

youtubeなどの動画サイト

・ソシャゲ全般

・月額音楽サービス

 

◾️帯域制限による速度低下(スループット)

iPhone7を使用し、以下の3パターンでスループットの計測をおこないました。

 

Wi-Fi 5GHz

f:id:nichinichisou0808:20170520224534j:image

ウチのWi-Fiは光+Aterm1800だけどとても遅いです

 

②帯域制限前au 4G回線

f:id:nichinichisou0808:20170520223328j:image

 比較的良好かと思います

 

③帯域制限後au 4G回線

f:id:nichinichisou0808:20170521010145j:image

 もはや桁がちがいます

 

◾️帯域制限による速度低下(体感)

帯域制限されたiPhone7でネットを利用してみましたが、とても実用的ではありませんでした。

 

①Yahooトップページ・・・100秒経過後も画面描画は完了しませんでした

youtube動画再生・・・100秒経過後も動画再生は開始されませんでした

 

◾️帯域制限を回避・予防する方法

①その場しのぎで通信容量を一時的に増やす

f:id:nichinichisou0808:20170521001152j:image

1GB1000円とははっきり言ってボッタクリレベル?

 

②月々のデータ契約容量を増やす

f:id:nichinichisou0808:20170521001410j:image

私は現在「定額3」を選択していて帯域が不足したが、間違いなく「定額5」は不用である

 

KDDIアプリ「デジラアプリ」をダウンロード・登録すると、300Mの容量が貰える

f:id:nichinichisou0808:20170521004334j:image

 

④通信量を監視するアプリをインストールれば、どのアプリがトラフィックを占有するかの調査も可能。

f:id:nichinichisou0808:20170521004207j:image

 ⑤外出先でもWi-Fiを活用するべき

 

 ⑥音楽・本・アプリ購入〜DL、動画再生、写真のアップロード、オンライン音楽にも気をつけます

 

◾️まとめ

結局、私が今の契約プランを継続していくのならば、外出先でもWi-Fi主体のデータ通信にするしかないようです。

 

本日は以上となります。

 

モバイルSuicaに移行してみました

本日はJR東日本が提供するサービス「モバイルSuica」について記事にします。

 

余談ではありますが、少し前は日本中のIC乗車券を集める意気込みでしたが、早々に頓挫した過去があります。

f:id:nichinichisou0808:20170521072736j:image

 

◾️移行前に悩んだこと

iPhone7に移行した直後もモバイルSuicaのことは気になりましたが、定期券と携帯電話をまとめることに抵抗がありました。

最悪iPhone7を紛失・破損した場合のクリティカルな問題から、家や事業所に置き忘れた場合の切符代金出費のリスクから躊躇していました。

といいますか、つい最近までカード型Suicaと比較してメリットが見出せませんでした。

 

しかし、以下の点から「試験的」に移行をしてみました。

①「えきねっと」ポイントやTポイントをモバイルSuicaに集約したい

② 基本いつでもクレカからチャージが可能 ※会員種別によります

④ 提携するJR東海のエクスプレスカードで、東海道新幹線の割引率が高いらしい (調査中)

⑤ 東北新幹線が「えきねっと」よりも安価に乗車券を購入できるらしい (調査中)

⑥ IT技術者としてiPhoneの新技術を利用したい

 

◾️まずはiPhone7にSuica(定期)を登録

こちらが今まで使用していたカード型Suica定期です。このカード情報をiPhone7のモバイルSuicaアプリに移行します。

f:id:nichinichisou0808:20170520134750j:image

 

初期状態でモバイルSuicaアプリ内にはSuicaは1枚も登録されていません。

f:id:nichinichisou0808:20170520134951p:image

 

Suicaカードの取り込みを選択します。

f:id:nichinichisou0808:20170520135112p:image

f:id:nichinichisou0808:20170520135257p:image

f:id:nichinichisou0808:20170520161842j:image

カードSuicaの情報も入力します。

f:id:nichinichisou0808:20170520144019p:image

 

図の様にSuicaとiPhone7を配置し、カードSuicaからデータを移行します。

f:id:nichinichisou0808:20170520135342p:image

f:id:nichinichisou0808:20170520135408p:image

これだけで登録完了です。「エクスプレスカード」とは、iPhone7上で最優先に使用するカードの設定であり、基本はスタンバイ状態の端末を改札やお店のリーダーに近付けるだけで処理が完了します。

f:id:nichinichisou0808:20170520160949j:image

 

◾️モバイルSuicaには種類がある

次の3種類があります。

モバイルSuica (viewカード)

   年会費無料となっており、オートチャージに対応します。

モバイルSuica (その他クレカ)

   基本仕様はviewカードと同様ですが、年会費がかかり、オートチャージには非対応です。

モバイルSuica Easy

   クレカよるチャージや特急券購入などができません。キャリア決済によるチャージには対応しています。

 

◾️モバイルSuicaにクレジットカードを登録・チャージする

私は定期、切符、買い物をモバイルSuicaで一括管理にしたいので、クレジットカードを登録しました。

ただし、viewカード以外のクレカ登録は年会費が発生します。

 

モバイルSuicaアプリ経由でチャージをしてみます。以下の画面がモバイルSuicaアプリの基本画面となります。

f:id:nichinichisou0808:20170520141004p:image

チャージはクレジットカードとapple Payから選択ができるようです。今回はクレカから1000円分をチャージをしてみました。

また、モバイルSuicaのカードにはユニークネームが設定可能です。(下図)

f:id:nichinichisou0808:20170520141219p:image

 

◾️「えきねっと」ポイントをモバイルSuicaに変換する

これが今回のメインでもあります。私は毎年「えきねっとポイント」を期限切れ失効としていましたが、1えきねっとポイント=2.5Suicaポイントなので、利用しないのは勿体無いと考えました。

しかし、ポイント移行ははっきり言って手間がかかりました。

 

1. Suicaポイントクラブへ会員登録をする

2. モバイルSuica会員になる

3.「えきねっと」からSuicaポイントクラブへのえきねっとポイント移行手続きをする

4. SuicaポイントクラブからSuicaへのチャージを設定する

5. 登録メアドにチャージ確認メールが届くので、最終処理を行うと即時入金がされている

f:id:nichinichisou0808:20170520142743p:image

 

◾️実際にモバイルSuicaを使用してみる

とは言っても、ビビりな私はいきなり自動改札機デビューができませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20170519150209j:image

Touch IDの存在を知らなかったので、ホームボタンをタップすることになかなかきづきませんでしたが、無事にドリンクが購入できました。

 

また、この日はJR定期使用、西武線チャージ払い、ローソンSuica払いを体験しましたが、無事に切り抜けることができました。

自動改札機はスキャンもスムーズでしたが、私はiPhoneをケースに入れずに使用しているため、端末が傷だらけになる危険性が、、、また、ローソンでは決済時にiPhone7からTouch IDの操作が必要でした。

 

◾️その他

モバイルSuicaは複数枚所持できる

モバイルSuicaアプリ内では複数枚のSuicaを作成し、切り替えかながらの利用が可能です。

また、ICカードでは必要だったデポジットは不用です。

f:id:nichinichisou0808:20170520144731p:image

実は間違って新規で追加登録したのですが

iPhoneの設定よりメインカードの指定ができます。

f:id:nichinichisou0808:20170520144828p:image

 

・デフォルト設定時、改札を通るたびに通知が表示される

改札を抜けるたびにエントリーが増えます。

f:id:nichinichisou0808:20170520155958p:image

 

◼️モバイルSuicaはアリか?

感想としては「少し早まったかな」というのもありますが、大体この手のサービスは他社との連携などもありますし、その辺を調査をしながらしばらくは使用してみようと思います。

あと心配事として、スマホが電池切れの場合はどうしましょう。

 

本日は以上となります。

 

Amazon Kindleで電子書籍を管理したい

本日はAmazomが提供する電子書籍Kindle」について記事にします。

 

ここ数年の私は動画・音楽コンテンツと同様に、本も徐々にではありますが紙媒体からデータに移行中です。

f:id:nichinichisou0808:20170517180420p:image

仕事がIT系のためかデータでの管理にあまり抵抗がない、というのもあるかもしれませんが、Kindleの説明前に私が様々なコンテンツをデータに移行している理由書いてみたいと思います。

 

■紙媒体との決別

数年前ですが、前の賃貸住居が取り壊されることとなりました。

東日本大震災後の公的な建物強度調査の結果、次に同程度の地震を受けた場合に建物(4階建)は耐えられない可能性が高い、という理由でした。

f:id:nichinichisou0808:20170517191628j:image

 

期限付きで転居を余儀なくされたのですが、以下の条件が提示されました。

 

・立退料金の支払い

・転居費用は実質相手負担

・建物は取壊しの為現状維持で退去可

・不要物は無料で業者が廃棄をする

 

好き放題使用していた家の中は廃墟に近く、修繕費も不要な上、転居することで家電や家具のほぼすべてを新品にしてもお釣りが出る程なので、むしろ助かったと今では考えています。

 

そのため、我々はここぞとばかりに所謂「断舎利」を開始しました。

(実際は断舎利というより只の大量廃棄) 

・・・とはいいますが、物欲大魔王な私は断舎利の精神が未だに理解できていません。

 

大量廃棄は家具から始まり、生活家電、大量のCD、ビデオテープ、レーザーディスク、PC数台、36インチと29インチのブラウン管テレビや21インチCRTモニタ数台等々…廃棄物は3人分のあらゆる物に渡りました。

f:id:nichinichisou0808:20170517174159j:image

 (後日業者さんにお聞きしたら、廃棄費用はおおよそ30万円だったそうです)

 

物を捨てることにハイになっていた私にとって、もちろん本も例外ではありませんでした。

雑誌、漫画本、新書版から文庫本、画集や専門書までのほぼすべてを廃棄したのでした。

 

残したのは「ガラスの仮面」に「吉田類の酒場放浪記」、吾妻ひでおつげ義春の作品位です。

 

結局片付けは2ヶ月以上に及び、我々はほとほと疲れ果てました。

そしてこの、これからの人生「可能な限り物を増やさない」と決めました。

 

■やはり人は本なしに生きてはいけなかった

転居後しばらくの間は快適な生活を送りつつ、極力物を増やさなぬ事を心掛けていました。

 

しかし、徐々にふとしたことから欲しい本を購入してしまう(吾妻ひでおの新刊やら)、または友人よりお勧め本を頂いたり、漫画家の知り合いから出版記念にムフフなコミックまで貰ってしまいました。

 

本は読みたいが以前の様に物が増えるのが怖い、読了した本をチェーン古本屋に売っても大した金額はならない、そして図書館を利用するのは面倒で自分には合わない、でもやはり本は読みたい・・・少し悩みました。

 

iPad使用を機にKindleを導入

最初はiPhoneで書籍アプリを色々と試したり、Appストアで書籍を購入もしましたが、いまいちしっくりこなかったので、なかなか媒体の移行に踏み出せずにいました。

 

当時はiPadの4thを所持していたのですが、ある日何かの拍子でkindleを利用する機会が訪れました。 

確か無料で太宰治三島由紀夫井伏鱒二が読める様になったからだと記憶しています。

 

太宰治はよくありがちな昔ハマった思い出からです。三島由紀夫も「女神」などは良い作品だと思っていますし、今読んでも綺麗な文章を書く人だと感心しましたが、とりあえず私は短編を面白く仕上げる作家の作品が好みです。

 

そしてKindle使用感は上々だったことから、本格的な導入を決めました。

 

Kindleでの本の購入と管理

これは現在の私の運用方法ですが、まずはiPhoneKindleストアにアクセスし、検索バーより作品を検索します。

f:id:nichinichisou0808:20170517170235p:image

 

作品一覧より希望の商品をタップします。

f:id:nichinichisou0808:20170517172926p:image

 

後は転送先を指定した上で「今すぐ買う」を選択するだけで登録済のクレカ決済が完了します。

f:id:nichinichisou0808:20170517171251j:image

 

購入後はiPhoneからkindleアプリを開けば本のダウンロードが開始されますが、Wi-Fi環境での使用をお勧めします。

f:id:nichinichisou0808:20170517171819p:image

 

ダウンロードが完了すれば、本棚(この画面)から作品を読むことができます。

f:id:nichinichisou0808:20170517172447p:image

 

あとは楽しく読むだけです。

f:id:nichinichisou0808:20170517172530p:image

 

iPad,iPhone,本の比較

今回はiPadPro12.9とiPhone7、そして実際のコミックスでサイズや重さなどを比較しました。

 

◾️サイズ(インチ換算)比較

 iPhone7は4.7インチ

 iPadProは12.9インチ

   コミックスは約8インチ

 

◾️実際のサイズ比較

f:id:nichinichisou0808:20170517164851j:image

iPadProを縦向にすれば、本より相当大きなサイズで読むことができます。ただし、外への持ち出しには全く不向きです。

満員電車ならば圧力で本体がへし折られるかもしれません。

 

持ち歩くことを考えればiPhone、所有欲を満たすならば本ですが、Kindleは複数台の端末で使用できるので、私は家用と外用でデバイスを使い分けています。

 

f:id:nichinichisou0808:20170517165008j:image

iPadProならば横向き(見開き)にしてもコミックスより大きなサイズです。

 

◾️重さ(グラム換算)

・iPhone7は138グラム

・iPadProは713グラム

・コミックスは約150グラム/1冊

 

慣れれば然程重くはありませんが、長時間読むのにiPadは不向きかもしれません。

終息が噂されていますが、iPad miniが丁度良いかもしれません。

 

◾️文字や絵のサイズ

文庫本の場合、文字のサイズ変更とフォントの変更が可能です。(iPhone画面)

f:id:nichinichisou0808:20170517165719p:image

文字最小の明朝体

f:id:nichinichisou0808:20170517165803p:image

文字最大のゴシック体

 

コミックスの場合も、ピンチアウト操作で絵が大きくなります。(iPadPro画面)

f:id:nichinichisou0808:20170517165934j:image

標準サイズで困っている西宮さん

f:id:nichinichisou0808:20170517170041j:image

最大サイズで困っている西宮さん

 

■まとめ

kindleの良いところ (私的)

Kindleストアでは定期的に割引販売やポイント還元が行われているため、本屋よりも安く購入できることが多い

・作品の先頭部分の試読やコミックスの1巻目は無料もあるので、作品の世界観が掴める

・文字の拡大・縮小がスムーズに行えるため、文字を読むことに苦労しない

・お気に入りの本をいつでも、どれだけでも持ち出せる

 

◾️kindleの良くないところ

・購入した本は1円でも売りに出せない

・本屋よりも発売日が後ろにずれることも

・紙媒体が好きな人は体が拒絶してしまうかも

・近所の本屋がここ数年で2店舗は閉店した

・入浴時の読書が趣味だったがやめてしまった

 

◾️Kindleの恐ろしいところ

Kindle起動時には毎回サーバーにアクセスをしているようなので、万が一Amazonがサービスを終了した場合、すべての購入書籍がパーになる可能性もゼロではない

 

◾️Kindleの本末転倒なところ

・気に入った作品はついつい本とKindleの両方で購入してしまう

(実はコレが最大の悩みであり、結局、書籍の完全デジタル化は失敗したと言っても過言ではありません)

 

本日は以上となります。 

「聲の形」のBD/DVDが発売されました

本日は映画「聲の形」のBD/DVDの発売日でした。

 

2月に発売日が発表されてから、とても楽しみにしており、本日は6:00より仕事を開始し、もちろん仕事は手に付かず、ランチもとらずに14:00には作業を終わらせて逃げる様に帰宅をしました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170517215247j:image

人生初、同作品のディスクを3枚購入しました。

おかげでここ最近は「小諸そば」で二枚盛りを食べて資金を捻出する毎日でした。

 

今回は以下の3店舗で予約購入をしました。

 

①いまじんWEBショップ 

f:id:nichinichisou0808:20170517215603j:image

f:id:nichinichisou0808:20170517215614j:image

BDの初回限定版となります。

 

f:id:nichinichisou0808:20170517215650j:image

特典は西宮さんの等身大タペストリーです。

 

京都アニメーション通販

f:id:nichinichisou0808:20170517215751j:image

こちらはDVDとなります。

 

f:id:nichinichisou0808:20170517215829j:image 

特典はスタッフによるメモリアルブックです。

 

ポニーキャニオン通販

f:id:nichinichisou0808:20170517220120j:image

こちらでもDVDを購入しました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170517220146j:image

特典はサウンドトラックとなります。

 

本編は勿論のこと、BD初回特典映像も素晴らしいものでした。

f:id:nichinichisou0808:20170517220434p:image

こちらの静止画はキャプチャではなく、映像確認用にカメラで撮影したものですが、映像は良好でした。

・・・初めて4K TVで良かったと感じた瞬間です。

 

因みに、BDとDVDは1枚ずつ手元に残し、最後のDVDは布教の為、友人に譲ろうと考えています。

 

本日は以上となります。

 

大垣祭と「聲の形」巡礼を両立させたい

本日は5/13,14に開催された「大垣祭」と、私の年中行事である「聲の形」の聖地巡礼を楽しんできた記事となります。

f:id:nichinichisou0808:20170516191644j:image

今回ももちろん「ぷらっとこだま」で名古屋に向かいますが、東京駅の新幹線口ではこの様なPVも流しており、期待が高まります。

f:id:nichinichisou0808:20170516192041j:image

 

大垣祭について下調べはしておきましたが、毎年20万人以上が訪れる上に、今回は「大垣祭の軕(やま)行事」がユネスコ認定後最初の開催のため、地元の方から混雑は未知数と聞いていました。ちょっと心配です・・・。

 

ここで簡単に大垣祭の内容ですが、13両の軕が街中をまわったり、夜は提灯を点灯しながら八幡神社を周回します。

「軕」というのは所謂「山車」のことで、各地の祭により「屋台」や「山鉾」などと呼ばれています。

大垣の軕は1両1両それぞれ趣向が凝らされており、からくり人形の軕から人が舞踊を披露するタイプのものまであります。

f:id:nichinichisou0808:20170515201652j:image

f:id:nichinichisou0808:20170515201721j:image

f:id:nichinichisou0808:20170515201739j:image

 

こちらの軕は1658年に「鯰(なまず)軕」と改名以降、この姿を維持しているとのことです。

f:id:nichinichisou0808:20170516181614j:image

 

今回初参加の私は、もちろん13両の軕すべてを見たいのもありますが、じっくりと堪能したいとも考えていましたので、勝手に贔屓の軕を決めることにしました。

「いつもの橋」と「西宮家」から一番近くに格納されている、俵町の「浦嶋軕」です。

f:id:nichinichisou0808:20170516181638j:image

f:id:nichinichisou0808:20170516181723j:image

浦嶋軕は普段、この様に大切に保管されています。

  

◼️5/13 (土曜日)

大垣駅には10時頃到着しましたが、あいにくの雨模様です。しかし、駅前ストリートはすでに屋台の準備と開店が相次いでいます。

この大垣祭に出店される屋台数は500オーバーとのことです。

f:id:nichinichisou0808:20170515201827j:image

 

雨天のより昼前の時点で本日は軕が出てくるかが未定でした。

そのため先に聖地巡礼(と言っても何時もの橋ですが)をすることにしました。

今となっては自分の部屋の次に心が落ち着く場所です。

f:id:nichinichisou0808:20170515201849j:image

f:id:nichinichisou0808:20170515201921j:image

f:id:nichinichisou0808:20170515201939j:image

 

お昼は「すし半」さんでスペシャルランチを頂きます。お酒代は抜きにして、これで1000円とはお値打ちだと思います。

f:id:nichinichisou0808:20170515201957j:image

 

午後になると雨も上がり、順次軕が出場してきました。

こちらが浦嶋軕となります。

f:id:nichinichisou0808:20170516182210j:image

 

夕方からは定例行事の「映画を観る」ですが、おそらく大垣で「聲の形」を鑑賞するのは今回が最後になると思います。

いよいよ今週はブルーレイ/DVDが発売されるのです。

f:id:nichinichisou0808:20170515172620j:image

 

そして夜は「八幡神社」に集合し、ライトアップされた軕の見物に行きます。

f:id:nichinichisou0808:20170515202051j:image

f:id:nichinichisou0808:20170515202322j:image

f:id:nichinichisou0808:20170515202346j:image

 

最後まで見たかったのですが、あまりの人の多さに疲れてしまい途中でホテルに戻りました。

f:id:nichinichisou0808:20170515202536j:image

f:id:nichinichisou0808:20170515202558j:image

 

◼️5/14 日曜日

この日は朝8:45から八幡神社の前で、軕が一台ずつ芸を披露します。(奉芸)

奉芸は1両あたり10分前後となっています。

f:id:nichinichisou0808:20170516051037j:image

 

鳥居前で軕が転回する時は、大きな掛け声とともに軕が前のめりとなります。

f:id:nichinichisou0808:20170516051100j:image

 

出番を待っている軕はこのように一列に待機をしています。

f:id:nichinichisou0808:20170515202756j:image 

 

そしていよいよ、浦島軕の番となりました。

実はからくり亀の口からピンポン玉が定期的に飛び出します。

 f:id:nichinichisou0808:20170515202903j:image

 f:id:nichinichisou0808:20170515202924j:image

 

最前列では子供たちがピンポン玉を手に入れるべく、亀の首の動きに合わせて右往左往しています。

f:id:nichinichisou0808:20170515203119j:image

 

朝の行事を見て満足したので、晴天の下、人が少ないであろう聖地巡礼に向かったのですが・・・、こちらも人が大勢です。

しかも、ご丁寧に進行方向まで指示する看板が掲示してあります。

f:id:nichinichisou0808:20170515203233j:image

f:id:nichinichisou0808:20170515203327j:image

実はこれ、JR東海が定期主催する「さわやかウォーキング」の参加者さんであり、パンフレットにも「映画の舞台」ときっちりと掲載されていました。

f:id:nichinichisou0808:20170516183136j:image

f:id:nichinichisou0808:20170516204447j:image

 

観光協会芭蕉結びの地」の館内で見つけた素晴らしい芸術作品を写真に収めました。

f:id:nichinichisou0808:20170516050035j:image

巡礼者が記入する足跡ノートも3冊目となっていました。

f:id:nichinichisou0808:20170516183215j:image

 

f:id:nichinichisou0808:20170516183443j:image

そして更に増えた人の中を歩きながら、「大垣バール」で昼ビール&串揚げ&おでんをいただきます。

流石祭りの日なので、店内は瞬く間に満席となり、店主も大忙しでした。

f:id:nichinichisou0808:20170516183314j:image

 

・・・まだまだ祭行事があるのですが、この日は用事のため13:30には大垣を後にしました。

来年は是非フル参加をしたいと思っています。

 

帰路の「ぷらっとこだま」は久々の700系、しかもJR西日本所属の車両でした。

f:id:nichinichisou0808:20170516183616j:image

f:id:nichinichisou0808:20170516183602j:image

 

◾️都心で聖地巡礼

G.W.中には新宿で呑む用事の前に、都心で劇場版「聲の形」の巡礼をしました。

将也が通っている高校のモデルとのことです。(本編EDに校名が出ていました)

f:id:nichinichisou0808:20170516183948j:image

 

本日は以上となります。