聖地巡礼に酒は必要

旅行、酒、食べ物、ホームオーディオがメインになると思いますが、雑記も書きます。

紅葉の宇治と養老、大垣聖地巡礼

本日は表題の通りとなります。

1つ前の記事で「仕事が忙しい」と泣き言を書いていましたが、近々収束する予定となりました。

収束理由には公私で色々とありましたが、まだ完全解決をしていないため、丸く収まることを期待している日々です。

 

・・・11/18から19にかけてTさんと京都宇治、岐阜の養老&大垣に紅葉見物と聖地巡礼、呑みを含めて行ってまいりました。

 

◼️出発は東京駅

f:id:nichinichisou0808:20171124195341j:image

 

もう、朝から呑みまっせ〜

f:id:nichinichisou0808:20171124203943j:image

 

今回はJR木幡駅で下車をし、、、

f:id:nichinichisou0808:20171124195357j:image

 

京アニ社屋と京アニショップを見てきました。

f:id:nichinichisou0808:20171124195417j:image

 

ショップでの戦利品となります。(基本、西宮さんのイラストは無条件で購入します)

f:id:nichinichisou0808:20171124203649j:image

 

◼️宇治の紅葉はなかなか

初日土曜日が雨模様だったので、翌日曜日早朝にも訪れました。

f:id:nichinichisou0808:20171124192734j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124192927j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124192951j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124193015j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124193124j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124200022j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124193059j:image

 

土曜日に訪問した平等院となります。

f:id:nichinichisou0808:20171124191354j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124205023j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124191522j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124205044j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124191551j:image

 

こちらは日曜日早朝の宇治川・朝霧橋です。

f:id:nichinichisou0808:20171124191624j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124205630j:image

 

宇治上神社宇治神社になります。

f:id:nichinichisou0808:20171124191703j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124191737j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124205729j:image

 

川沿いの景色です。

f:id:nichinichisou0808:20171124191807j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124191841j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124205851j:image

 

作中、あすか先輩がユーフォニアムを吹く場所なのですが、河川工事により立ち入り禁止となっていました。残念。

f:id:nichinichisou0808:20171124213746j:image

 

◼️養老の紅葉は・・・

養老公園付近は紅葉が進んでいましたが、滝周辺はあと少しでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20171124205150j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124191914j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124191941j:image 

 

実は雨本降りの上、凄まじい人出でした。

f:id:nichinichisou0808:20171124195252j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124205927j:image

 

◼️大垣滞在はわずか3時間

時間配分ミスでこの様な結果に。。。

f:id:nichinichisou0808:20171124214024j:image

 f:id:nichinichisou0808:20171124192046j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124192104j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124192140j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124192200j:image

 

◼️夜の京都駅と京都タワー

ミラーレスカメラを持って行くのを忘れたため、iPhoneでの撮影となります。

f:id:nichinichisou0808:20171124192524j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124192541j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124192557j:image

 

◼️2次元的写真

京阪宇治線木幡駅六地蔵駅ユーフォニアム看板が入れ替わっていました。なかなか良いですね。

f:id:nichinichisou0808:20171124193227j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124193249j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124193350j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124193417j:image

 

宇治観光センターにある「響け!ユーフォニアム」となります。

f:id:nichinichisou0808:20171124193444j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124193507j:image

 

こちらは大垣、結びの地の「聲の形」となりますが。。。

f:id:nichinichisou0808:20171124193536j:image

 

交流ノートの冊数について宇治は22冊、大垣はまだ4冊となり、内容も宇治の方が充実していました。大垣、頑張ってほしいものです。

f:id:nichinichisou0808:20171124193558j:image

 

京都市営のイメージキャラクターです。私は真ん中の子が好みかも。

f:id:nichinichisou0808:20171124195029j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124195050j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124195117j:image

 

◼️京都の呑み屋は奥が深い

今回は寸前に旅行が決定したため、お気に入りの呑み屋さんは全て予約をお断りされてしまったのですが、そうなれば新規開拓をする迄です。

そして三条付近にある「よしみ」さんに初めてお邪魔しました。実はこのお店は酒場詩人の吉田類さんも来店済みです。

f:id:nichinichisou0808:20171124193819j:image

 

16:30に入店したため空いていますが、18:00には地元の方々で満席となっていました。

f:id:nichinichisou0808:20171124193926j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124193943j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124194011j:image

 

これは牛蒡ですが、味がしゅんでいてホロホロしていました。

f:id:nichinichisou0808:20171124194039j:image

 

お手製ぬか漬けは酒が進む!

f:id:nichinichisou0808:20171124194055j:image

 

こちらのお店は鯨肉とおでんが特に人気の様です。

f:id:nichinichisou0808:20171124194123j:image

 

f:id:nichinichisou0808:20171124202258j:image

 

これがおでんですが、関東焚きとは違う、ほのかに甘みのある初めて食べる味でした。特にロールキャベツは超おすすめです。

f:id:nichinichisou0808:20171124194144j:image

 

牛スジおでんも美味しい。病みつきになりそう。

f:id:nichinichisou0808:20171124194214j:image

 

ワカサギの天ぷらもいけてる〜。

f:id:nichinichisou0808:20171124194234j:image

 

締めは京野菜の味噌牡蠣鍋です。

f:id:nichinichisou0808:20171124194250j:image

 

◼️大垣ではまさかの鮎が・・・

大垣ではいつもの「すし半」さんにしました。

f:id:nichinichisou0808:20171124194806j:image

f:id:nichinichisou0808:20171124194825j:image

 

ふぐひれ酒の季節になりましたね。

f:id:nichinichisou0808:20171124194841j:image

 

まさかの落ち鮎!聞かなかったのですが、天然な感じでした。

f:id:nichinichisou0808:20171124194901j:image

 

スペシャルランチはこれにコーヒーなどがついて1000円位です

f:id:nichinichisou0808:20171124194923j:image

 

泳ぐ河豚がいると言うことは、こちらのお店は河豚免許もあるんでしょうか。すごい。

f:id:nichinichisou0808:20171124205355j:image

 

次回大垣巡礼予定は12月、宇治巡礼は1月となりますが、まだまだ頑張りますw

 

本日は以上となります。

 

紅葉の大垣「聲の形」聖地巡礼

本日は恒例の「聲の形聖地巡礼となります。

 

好景気ニッポンの波により、ついに毎日5時間残業時代となりました。全額補償されるとはいえ少し辛い、、、そしてそう、辛い時は週末に大垣へ行くんです。

 

・・・これまでも大垣他へ「聲の形」の聖地巡礼をしてきましたが、いくつかはまだ一度も行ったことのない場所があります。

西宮いとさん葬儀場・・・場所は知っていますが流石にね

ナガシマスパーランド・・・三重の遊園地には誰も一緒に来てくれない

飛び込み橋・・・1度は近所まで行きましたが道に迷って未到達

今思いつくのはこの3箇所となるため、平日木曜日の午後に単身ナガシマスパーランドを目指すこととしました。

 

◼️東京発のぞみはグリーン車

最初は3日に出発予定だったのですが、3日は東海道新幹線が大混雑でグリーン車しか予約がとれませんでした。ギリギリで2日発に変更したにも関わらず、指定席に乗変するのを忘れてしまいました。

f:id:nichinichisou0808:20171105020217j:image

N700Aグリーン車はとてもいいのです。

f:id:nichinichisou0808:20171105020239j:image

 

◼️最初の目的地は桑名

名古屋から桑名までは近鉄特急にします。私的に近鉄の通勤車両は地味ですが、特急車両には華がありますね。

f:id:nichinichisou0808:20171105020356j:image

f:id:nichinichisou0808:20171105135538j:image

 

名駅はJR、近鉄養老鉄道が乗り入れています。

f:id:nichinichisou0808:20171105135756j:image

 

駅改札を抜けるとすでに目的地「長島温泉」の案内が。

f:id:nichinichisou0808:20171105064459j:image 

 

名駅と連結している年代物のビルは味があって良い感じです。

f:id:nichinichisou0808:20171105140017j:image

 

◼️初めてのナガシマスパーラン

名駅より路線バスで約30分、長島温泉に到着します。同じ敷地内に日本第3位規模の遊園地「ナガシマスパーランド」があります。

 

こちらは西宮さんと植野さんが乗った観覧車です。

f:id:nichinichisou0808:20171105064655j:image

 

ここで西宮さんはビンタを喰らったワケですね。それにしても「聲の形」の作中はビンタが多い気がします。

f:id:nichinichisou0808:20171105065300j:image

f:id:nichinichisou0808:20171105065436j:image

観覧車より見下ろすオール木造のコースター「ホワイトサイクロン」です。

f:id:nichinichisou0808:20171105153922j:image

f:id:nichinichisou0808:20171105065356j:image

 

作中では皆で乗車していたホワイトサイクロン、、、乗ろうとしたら整備に入ってしまいました。

f:id:nichinichisou0808:20171105065634j:image

f:id:nichinichisou0808:20171105065813j:image

 

園内写真はあまり撮影ができませんでした。何ぶんにも下調べ時間のなさ、滞在時間の少なさなどからの結果であり、次回再訪も考えています。

f:id:nichinichisou0808:20171105070017j:image

f:id:nichinichisou0808:20171105070128j:image

f:id:nichinichisou0808:20171105070202j:image

 

◼️養老の滝

まだ紅葉には2週間ほど早いのですが、久々に滝が見たくなりやって来た養老です。今年一年「改元1300年」イベントの中でも特にメインの時に来たようで、どこにいっても盛況でした。

f:id:nichinichisou0808:20171105140752j:image

f:id:nichinichisou0808:20171105141029j:image

f:id:nichinichisou0808:20171105141103j:image

f:id:nichinichisou0808:20171105141201j:image

 

養老の滝は大垣市街地と比較して全く紅葉が進んでいません。

f:id:nichinichisou0808:20171105141221j:image

f:id:nichinichisou0808:20171105141245j:image

 

元正天皇行幸イベントにより、普段は人気(ひとけ)のない養老神社には人だかりが。

f:id:nichinichisou0808:20171105141708j:image

 

養老公園では様々なイベントも開催していました。

f:id:nichinichisou0808:20171105141818j:image

 

昼から呑むビールは人をダメにするかもしれないw

f:id:nichinichisou0808:20171110061554j:image

 

◼️美濃青柳

こちらは作中に小学生時代の将也達が飛び込む橋と、高校生の将也が1人訪れる橋があります。

f:id:nichinichisou0808:20171105142040j:image

f:id:nichinichisou0808:20171105142320j:image

すぐ横には東海道新幹線が疾走しています。

f:id:nichinichisou0808:20171105142210j:image

f:id:nichinichisou0808:20171105142415j:image

 

◼️紅葉の進む大垣市

 四季の広場周辺は紅葉が進んでいました。

f:id:nichinichisou0808:20171109195927j:image

f:id:nichinichisou0808:20171109195947j:image

f:id:nichinichisou0808:20171109200008j:image

f:id:nichinichisou0808:20171109215518j:image

f:id:nichinichisou0808:20171109215553j:image

f:id:nichinichisou0808:20171109215622j:image

 

◼️夜の大垣にて新店舗へ

本日は大垣在住の方にオススメされた呑み屋「とん平」さんに友人らと呑みに行きました。

f:id:nichinichisou0808:20171109215904j:image 

 

壁の一部ですが、実際は壁全体に膨大なメニューが貼られています。

f:id:nichinichisou0808:20171109220319j:image

f:id:nichinichisou0808:20171109215924j:image

 

こちらはクジラユッケです。実は私はクジラ刺身が大好きで、週に一度はマーケットで購入して食べています。

f:id:nichinichisou0808:20171109220003j:image

 

どじょうの天ぷら

f:id:nichinichisou0808:20171109220031j:image

 

なんとカエルの唐揚げ。でっかい足です。

f:id:nichinichisou0808:20171109220102j:image

f:id:nichinichisou0808:20171109220220j:image

f:id:nichinichisou0808:20171109220149j:image

f:id:nichinichisou0808:20171109220252j:image

 

なんとこのお店はサッポロ、キリン、アサヒにサントリーの瓶ビールがあるのです。

f:id:nichinichisou0808:20171110061330j:image

 

そしてついつい2軒目、3軒目にいってしまいます。

f:id:nichinichisou0808:20171110061254j:image

f:id:nichinichisou0808:20171110061646j:image

f:id:nichinichisou0808:20171110061711j:image

 

大垣の良い飲み屋はまだまだありそうですね。

 

※お知らせ

平日は業務、土日は癒し旅行と多忙のため、年内のブログ閲覧と更新は難しくなりましたが、時間を見つけて勝手に大垣をゴリ推ししていきたいと思いますw

 

本日は以上となります。

 

 

SONY WALKMAN ZX300使用感想

本日は表題の通りとなります。

 

ZX300は2017年10月に発売されたWALKMAN ZXシリーズの最新機種となります。現在私はZX2を使用していますが、近頃ブームになりつつある「バランス接続」を試してみたくなり購入に至りました。

 

購入にはこちらのZX300レビュー群を参考にさせていただきましたが、相当数のWALKMANを使用されているようです。

iroirocolorful.hatenablog.com

  

◼️ZX2とのサイズなど比較

今回比較するモデルのZX2は2015年に発売されたフラッグシップモデルであり、WALKMAN価格が初めて10万円を超えた機種でもありました(たしか) 。私の中ではそれまでのWALKMANサウンドとは違った魅力がありましたが、とにかくデカイ、重いモデルでした。

 

f:id:nichinichisou0808:20171105040321j:image

左がZX2、右がZX300 ZX2は全てが大きい

 

サイドにボタンがあるのは共通ですが、操作はZX2の方がやりやすいです。

f:id:nichinichisou0808:20171105040451j:image

上のZX300はサイズが小さいだけでなく、70g程軽量化もしている。

 

◼️ZX2との機能比較と使用感

・イヤホン端子はバランス出力に対応

AndroidのOSから独自OSへ

DSDネイティヴ再生に対応

イコライザーの低音調節がワイドに

・クリアベースが非搭載

・内蔵メモリは64GBに減容量

・USB-DAC対応

・タッチパネルはZX2より優秀かも

・ネット非対応なので出先でmoraから楽曲が買えなくなった

 

f:id:nichinichisou0808:20171105040440j:image

ZX300で搭載されたバランス出力(右側本体)

 

f:id:nichinichisou0808:20171105041045j:image

液晶画質については然程の差は感じられないが、タッチパネルはZX300が快適…と思う

 

◼️ZX300バランス/アンバランス、ZX2との音傾向比較

使用する機材

今回の試聴にはヘッドフォン/SONY MDR-1Aとイヤフォン/ETYMOTIC RESEARCH ER-4XRを使用しました。両機種ともにバランスケーブル対応となっていますが、ER-4XRはどのケーブルにするかを検討中のため未購入です

f:id:nichinichisou0808:20171105041227j:image

MDR-1A (バランスにも対応)

 

f:id:nichinichisou0808:20171105042423j:image

MDR-1A付属のアンバランスケーブル

 

f:id:nichinichisou0808:20171105042445j:image

MDR-1A用のバランスケーブル(キンバーケブル)、お値段は2万円オーバー。

 

f:id:nichinichisou0808:20171105041243j:image 至高のイヤフォン「ER-4XR」はバランスケーブル換装前

 

試聴使用楽曲

Ryu Miho/ミスティ (DSD 11.2MHz)

ドヴォルザーク/「新世界より」第四楽章 (flac 24bit/96k)

aiko/恋をしたのは (flac 24bit/96k)

トニー・ウィリアムス・トリオ/プロメシアン (WAV/44.1k)

 

・ZX300 アンバランス接続 (ZX2比較)

ZX300のアンバランス接続については使用予定はなかったので、軽く聴いた程度となります。MDR-1A接続時、ZX300はZX2と比較して音の解像度は高いのですが、それだけです。淡白で平面的な音の様に感じられ、ZX2の濃厚サウンドに慣れた私には合いませんでした。

ER-4XRの場合は、イヤホン自体の解像度が高いので、ZX300と合わせると音が分離しすぎな印象を受けました。またZX2使用時には低音機能「クリアベース」を併せることで低音に強くないER-4XRでも締りのある低音が楽しめたので、ER-4XRとZX300の組み合わせが私には合わないかもしれません。

※アンバランス接続時、メーカー推奨のエージングはほぼ行なっていません

 

・ZX300 バランス接続

MDR-1Aでバランス接続を聴くと、ショップやネットの感想などでもよく見る「ベールが1枚剥がれた」ようなクリアなサウンドが楽しめます。アンバランスでは埋もれていた音が良く聴こえたり、個人的には特に音の分離、高音と低音の質が良くなる気がします。これはCD音源(トニー・ウィリアムズ)のハイハットなどでも立体感を実感できました。

ドヴォルザークも高音の伸びが素晴らしく、各楽器の音が綺麗に配置されている感じがしました。

・・・実は2年半前ZX2を購入直後にMDR-1Aを試聴せずに購入、音があまりにも自分に合わずに使用頻度も非常に低かったのですが、バランスケーブルに換装後はかなり好みのサウンドになりMDR-1Aを見直しましたw

 

◼️どうでもいいこと

ZX300のメインメニュー内にあるマイライブラリーの画面の項目ですが、移動できるんですね。

f:id:nichinichisou0808:20171105083424j:image

f:id:nichinichisou0808:20171105083509j:image

「アルバム」と「アーティスト」を入れ替えてみました。

 

◼️ZX300は買いか

結論から述べると、バランスケーブルでの使用が前提ならばオススメの機種となります。

ZX300はZXシリーズの中ではエントリー位置ですが実売価格は60,000円前後となっており、DAPにこれだけの投資をする人はバランスケーブル、バランスケーブル対応イヤフォン/ヘッドフォンも用意することでしょう。合わせればこれはなかなかの出費になりますね。

個人的にはZX300のアンバランスの音は好みではなく、購入直後はバランスケーブルを購入するのか、もう何も期待せずにZX300を売ろうか悩むほどでした(笑)が、バランスケーブル接続で聴くZX300サウンドはZX2とはまた違う方向性で楽しめるものとなりました。

 

本日は以上となります。

「響け!ユーフォニアム」な週末

本日は10月22日開催された「響け!ユーフォニアム」公式吹奏楽コンサート~北宇治高校吹奏楽部 第2回定期演奏会~ などで京都・大垣を訪れた記事となります。

 

◼️出発は東京駅  

土曜日朝、東京駅から乗るのはいつもの6:20発、広島行きです。

f:id:nichinichisou0808:20171029014439j:image

 

大垣駅で「聲の形」的な巡礼とスタンプラリーを部分的に済ませてから米原経由で京都に向かいました。

f:id:nichinichisou0808:20171029014529j:image 

 

◼️まずは劇場版を観ておく

日曜日は京都三条にある「MOVIX京都」で『劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』 を朝の8時過ぎから鑑賞します。冒頭のショートアニメは1週目の再上映となっていました。

f:id:nichinichisou0808:20171029014713j:image


ちなみに前作『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』もこちらで鑑賞しました。

f:id:nichinichisou0808:20171029014737j:image


映画館付近の「JEUGIA三条」にはユーフォニアムコーナーがあるようです。

f:id:nichinichisou0808:20171029014923j:image


◼️宇治(京都)聖地巡礼は欠かせない

響け!ユーフォニアム」と言えば宇治周辺は聖地巡礼に外せません。しかしながら、未だに大吉山に登ったことのないヘタレです。

 

宇治駅ホームです。

f:id:nichinichisou0808:20171029015537j:image

 

駅構内も洒落ています。

f:id:nichinichisou0808:20171029015724j:image

f:id:nichinichisou0808:20171029015752j:image

f:id:nichinichisou0808:20171029015814j:image

 

日曜日の宇治橋には増水情報が表示されていました。

f:id:nichinichisou0808:20171029020101j:image

 

月曜日は晴れ間が差していました。

f:id:nichinichisou0808:20171029020210j:image

f:id:nichinichisou0808:20171029020329j:image

 

橋からは虹が見れました。

f:id:nichinichisou0808:20171029020528j:image

 

f:id:nichinichisou0808:20171029020647j:image

 

作中、久美子が姉に手紙を出したポストです。

f:id:nichinichisou0808:20171029020720j:image

 

久美子の家(マンション)がある、、、うん、ある。

f:id:nichinichisou0808:20171029021336j:image

 

そしてこの日の宇治川にかかる橋は…

f:id:nichinichisou0808:20171029020842j:image

 

残念。

f:id:nichinichisou0808:20171029020936j:image

f:id:nichinichisou0808:20171029021002j:image

f:id:nichinichisou0808:20171029021023j:image

 

宇治川沿いを歩きます。 

f:id:nichinichisou0808:20171029021159j:image

f:id:nichinichisou0808:20171029021226j:image

 

宇治上神社は本殿が重文となっています。

f:id:nichinichisou0808:20171029021441j:image

f:id:nichinichisou0808:20171029021510j:image

 

今回はこちら宇治神社でもお守りを授受しました。

f:id:nichinichisou0808:20171029021612j:image

 

私は作中では部長が好きな上、日曜日には劇場版と定期演奏会で「宝島」を聴いた以上、強い使命感を持って京都駅ビルに早朝に訪れたのですが。。。

f:id:nichinichisou0808:20171029015245j:image

f:id:nichinichisou0808:20171029015312j:image

 

泣けますわ。

f:id:nichinichisou0808:20171029015337j:image


◼️定期演奏会

日曜日夕方に「ロームシアター京都」で行われましたが、台風接近による影響からか、完売したはずの座席には少しの空席が見られました。
ちなみに私はクラシックのコンサートは人生初となります。昔パンクやグランジにテクノが大好きだったのでGreenDayThe Offspringのライブには行っていましたが、クラシックは作法(特に拍手)が良く分かりませんので、周りに合わせることにしました。

f:id:nichinichisou0808:20171031190952j:image

f:id:nichinichisou0808:20171031191254j:image

そしてクラシックコンサートのルールやマナーについて、これが正式かは知りませんが、まず拍手は曲演奏開始前と終了時にするようです。
次に最後の曲の後のアンコールですが、指揮者退場後も演奏者が残っている場合は盛大な拍手をすることで応えてくださるようです。

f:id:nichinichisou0808:20171031191032j:image


映画などと違って飲食禁止、また公演途中には10分前後の休憩が入りました。これには演奏者の休憩や配置替えもしているようです。

f:id:nichinichisou0808:20171031191122j:image

f:id:nichinichisou0808:20171031191153j:image


◼️演奏会内容と感想

個人的には「プロヴァンスの風」「三日月の舞」「学園天国」「ヴィヴァーチェ」に満足し、作中では部長推しな私は「宝島」のバリトンサックスソロで感動をしてしまいました。そりゃ演奏にリンクした本編映像をステージ上で流されたらもう無理ですわ。

 

音の感想としてはやはり生音は家のシステムにはない臨場感があり、音のレンジの広さや突き抜ける高音、響く低音に感動をしました。
私のホームオーディオの好みは所謂原音再生には興味がなく、中高音重視で音も分離が良い、どちらかというと各パートの「音」を聴くことを好むのですが、今回、楽器生合奏の美しい「ハーモニー」「音楽」の素晴らしさを目の当たりにしてこれも良いなと思いました。

・・・そして会場からの帰路は大雨、強風で私自身は人生初の関西台風を体験しました。


◼️「聲の形」ライト巡礼

今回は京都がメインでしたが、大垣〜京都は在来線でも1.5時間ほどなので勿論立ち寄ってきました。

f:id:nichinichisou0808:20171105013559j:image

f:id:nichinichisou0808:20171105013623j:image
何をしに行ったかと言えば、同行者と水門川での鯉へのパンあげです。

f:id:nichinichisou0808:20171105014227j:image


本日は以上となります。

池袋で朝から呑もうとしたら・・・

本日は月曜日の早朝から池袋駅前で朝呑みに頓挫した記事となります。

 

この月曜日は労働に向かない日と判断して、早朝から池袋で1人呑みをすることにしました。

 

まずは一軒目、池袋駅北口を出て30秒ほどの位置にある24時間営業の「大都会」に到着です。

f:id:nichinichisou0808:20171030083434j:image

 

こちらはビールも格安で呑めるため、重宝しているのですが、ん、自動ドアが開かない、、、ってよく見ると張り紙が。

 

見辛いですが「本日は11時開店」の告知です。

f:id:nichinichisou0808:20171030083642j:image

 

まあ、そういうこともありますから、ここから徒歩5分程にある2軒目「帆立屋」さんに向かいました。

f:id:nichinichisou0808:20171030084024j:image

 

久しぶりに「ナスベーコン」でも食べるかと思いきや、引き戸が開かないんですね。

f:id:nichinichisou0808:20171030084132j:image

「準備中」って、確か24時間営業ではなかったですか?

 

しかし、こんなもので引く私ではありませんので、朝呑みおやじの聖地「ふくろ」に向かいます。

f:id:nichinichisou0808:20171030084352j:image

しかし、シャッターが降りているではないですか。

f:id:nichinichisou0808:20171030084441j:image

こ、これはかなり効きました。

 

朝から池袋で呑めるレパートリー引出しの少なさに嘆く私。

f:id:nichinichisou0808:20171030084613j:image

 

昼じゃなくて「朝から飲める店」にしてください〜

f:id:nichinichisou0808:20171030084716j:image

 

 そして私が向かった先は、、、

f:id:nichinichisou0808:20171030084812j:image

f:id:nichinichisou0808:20171030084843j:image

 

結局、これで納得のいかない私は8時開店の「一軒目酒場」に来たのですが、、、

f:id:nichinichisou0808:20171030085238j:image

f:id:nichinichisou0808:20171030085319j:image

 

前日に事件があったようで、警察による検証を見ながらビールを呑むハメに。

f:id:nichinichisou0808:20171030085420j:image

 

・・・もう帰ります。

 

本日は以上となります。

 

 

 

関東民が京阪電車に惹かれる

本日は京都〜大阪を結ぶ「京阪電気鉄道」についての記事となります。


◼️なぜ京阪電車に惹かれるのか

関西の大手私鉄と言えば「阪急」「近鉄」「阪神」あたりが関東でも知名度が高いと勝手に思っていますが、私は「京阪」と「南海」が好きであり、利用頻度も高くなっています。

京阪が好きな理由として「京都アニメーション」関連で好きなのもありますが、惹かれる理由は他にもあります。

f:id:nichinichisou0808:20171028113912j:image
 1.製造が昭和30〜40年台の車両が沢山あり渋い

    (しかも外観はピカピカで車内も綺麗、東○鉄道とは違いますね)

 2.年代物車両の懐かしいコンプレッサー音は心地良い

    (駅に停車すると床下から聞こえてくるあのダダダ音も、近頃の新型車では聞こえない?)

 3.金属丸出しではないフル塗装車体も良い

    (アルミ合金車両でもきっちりと色が付いています)

 4.料金不要でも豪華な座席の特急列車

    (これホント、関東の全鉄道事業社は見習って欲しいです)

 5.「中書島」「楠葉」など駅名もナイス!

 6.枚パーの広告最高!

 7.アニオタにも優しい?

、、、このような感じとなります。次項からは上記1〜7(5を除く)を書いていきます。

 

◼️京阪電車の車両

まだまだ”おけいはん”修行が足りない関係から知識薄ですので、間違いはご容赦ください。

 

・8000系

特急車両となり8両編成で運用します。1階建6両、2階建1両、有料のプレミアムカー1両の構成となっています。料金不要車両でも転換クロスシートがメインとなっています。

f:id:nichinichisou0808:20171025235343j:image

f:id:nichinichisou0808:20171025235827j:image

こちらは2階建車両となりますが、この素晴らしい座席に料金不要で乗車できてしまいます。車内の上質さはJR東日本の通勤型有料グリーン車以上です。

f:id:nichinichisou0808:20171026001026j:image

1階車両の車端部シートです。

f:id:nichinichisou0808:20171028131332j:image

 

・3000系

中之島線開通に伴い新造された特急車両となります。座席は転換クロスシートの2+1列となっており、料金不要です。

f:id:nichinichisou0808:20171028114951j:image

近頃は貫通扉に液晶を設置し、京阪特急のシンボルマークを掲示しています。

f:id:nichinichisou0808:20171025235425j:image

f:id:nichinichisou0808:20171025235516j:image

こちらの車両は3列シートとなっています。。。関東民の私は涙目。

f:id:nichinichisou0808:20171026001329j:image

車端部はロングシートです。

f:id:nichinichisou0808:20171028131721j:image

 

・13000系

平成24年デビューの比較的新型の通勤車両です。京阪本線宇治線で運用されています。こちらは「響け!ユーフォニアム」作中にもよく登場します。

f:id:nichinichisou0808:20171025235545j:image

f:id:nichinichisou0808:20171026001354j:image

車内も落ち着いていてステキ。

f:id:nichinichisou0808:20171026001344j:image

f:id:nichinichisou0808:20171028123422j:image

 

・1000系

昭和52年から製造の通勤車両です。

f:id:nichinichisou0808:20171028115616j:image

1000系車内です。

f:id:nichinichisou0808:20171028115632j:image

 

・2400系

昭和44年から製造の通勤車両です。戦後関西初の冷房装置が初期装備車両でした。

f:id:nichinichisou0808:20171025235608j:image

 

9000系

ラッシュ時には特急運用されている様です。当初はセミクロスシートでしたが、現在はロングシートに改造されました。

f:id:nichinichisou0808:20171025235629j:image

 

・10000系

主に宇治線と7両化して本線で運用されています。車体はアルミ製です。

f:id:nichinichisou0808:20171025235649j:image

 

2200系

昭和39年に登場した通勤車両です。幾度の改造・改修を経て現在も走り続けています。

f:id:nichinichisou0808:20171025235711j:image

 

・5000系

昭和45年に登場した5扉の通勤車両です。京阪初のアルミ合金車両となっています。

f:id:nichinichisou0808:20171028120651j:image

500系の車内です。ラッシュ時以外は5扉のうち2つは写真の様に天井から椅子が降りてきます。

f:id:nichinichisou0808:20171028120838j:image

 

・1300系

京阪京津線から京都地下鉄東西線に直通運転用のワンマン車両です。

f:id:nichinichisou0808:20171028130408j:image

車内は先頭車両はセミクロスシート、中間車両はロングシートとなっています。

f:id:nichinichisou0808:20171028130425j:image

 

・700形

大津線用の車両となります。

f:id:nichinichisou0808:20171028130605j:image

大津線は一部道路に軌道があります。

f:id:nichinichisou0808:20171028130900j:image


◼️デビューしたての有料特急車両

近頃では関東でも「着席保証」の料金設定列車が運行されていますが、京阪でも今年の8月に料金徴収の特急車両「プレミアムカー」が登場しました。私が乗車した区間は全て(中書島〜北浜、三条〜淀屋橋)料金が500円でした。

f:id:nichinichisou0808:20171028132457p:image

座席予約はスマホまたは京阪主要駅窓口から可能です。

f:id:nichinichisou0808:20171028121235j:image

f:id:nichinichisou0808:20171026000126j:image

中書島駅ホーム乗車位置です。

f:id:nichinichisou0808:20171026001455j:image

f:id:nichinichisou0808:20171028121315j:image

外見からして他車両とは違います。

f:id:nichinichisou0808:20171025235850j:image

座席は関東民から見れば驚異の2+1の3列シート!しかもシートの質も関東とは段違いですね。

 f:id:nichinichisou0808:20171025235929j:image

写真にはありませんが、アテンダントも乗車しています。

f:id:nichinichisou0808:20171026000023j:image

足元もゆったりです。

f:id:nichinichisou0808:20171026000044j:image

座席にはコンセントも装備。

f:id:nichinichisou0808:20171026000101j:image

 

◼️枚パー広告がステキ

まず「枚パー」とは京阪本線枚方公園駅」にある、京阪が運営しているテーマパーク「ひらかたパーク」となります。定期的に車内広告を更新するのですが、毎回手が込んでいます。そして毎回岡田准一さんなんですよね。

 

上が映画広告、下は枚パー広告

f:id:nichinichisou0808:20171028122719j:image

左が映画広告、右は枚パー広告

f:id:nichinichisou0808:20171028122757j:image

f:id:nichinichisou0808:20171028122829j:image 

残念ながら私は「ひらかたパーク」に行ったことはまだありません。。。

 

◼️京阪はアニメに優しい?

アニメタイアップが多い大手私鉄は「東の西武」、「西の京阪」と言われるほどです。本記事は主に「響け!ユーフォニアム」関連ですが、いろいろとやってくれています。

 

大津線のラッピング車両

f:id:nichinichisou0808:20171028121517j:image

宇治線ヘッドマーク掲示

f:id:nichinichisou0808:20171028121624j:image

駅構内にスタンド設置・イベントなど告知

f:id:nichinichisou0808:20171028121659j:image

f:id:nichinichisou0808:20171028121742j:image

宇治線の車内広告がすべてユーフォニアム

f:id:nichinichisou0808:20171028121834j:image

ちなみに私は部長とデカリボンが推しメンです。

f:id:nichinichisou0808:20171028131953j:image

大津線には「鉄道むすめ」もいらっしゃいました。

f:id:nichinichisou0808:20171028132132j:image

 

◼️西武池袋線で京阪広告

昨日西武池袋線に乗車した時、なんと京阪の車内広告を発見しました。嬉しいw

f:id:nichinichisou0808:20171028132410j:image

 

本日は以上となります。

名濃京阪で呑みの週末

本日は東海、近畿地方に旅行した際の呑み記事となります。

 

この週末土曜日から月曜日にかけて東京発名古屋、大垣、京都、大阪と巡って来ましたが、あまりに楽しかったので、溜まっていたストレスが一気に発散できて最高に幸せでした。

 

◼️始まりは東京発「のぞみ」

本日は1人旅ではないので、東京駅出発と同時にビールで乾杯となりました。

f:id:nichinichisou0808:20171023183707j:image

朝6:20分から呑むビールはうまい!


◼️名古屋到着と同時に水分補給

こちらのお店は何度かブログ記事で書いていますが、今回も8:00に名古屋に到着をすると、在来線1,2番線にあり立ち呑みも可能な「かきつばた」さんでおでんとビールをいただきます。

f:id:nichinichisou0808:20171023184233j:image

列車を背に名古屋駅ホームで呑むビールはうまい!


◼️大垣で今年最後の天然鮎を食べる

前回、大垣「すし半」さんの若旦那に無理を頼んで天然鮎を本日にとっておいて頂きました。

f:id:nichinichisou0808:20171024112408j:image

 

そして同行者か前日誕生日だったので、この貧乏な私が奢ってしまいました。お陰で荷物(財布)が一気に軽くなりました。

f:id:nichinichisou0808:20171023184332j:image

 

鱧も間もなく終わりでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20171023184355j:image

 

鮎の一匹には卵がありました。

f:id:nichinichisou0808:20171023184440j:image

やはり天然鮎と呑むお酒はうまい!


◼️良いお店は地元民が知っている

京都は清水五条で友人のSさんと合流すると、彼が手配していたお店「櫻バー」さんに行きました。料理も美味しくて居心地もいいこちらは要予約・要チェックのお店です。

f:id:nichinichisou0808:20171023184635j:image

 

左から「大・中・大」ジョッキとなります。

f:id:nichinichisou0808:20171023185035j:image

 

茄子は果肉密度が高く、まるでフルーツの様な甘さです。

f:id:nichinichisou0808:20171023184729j:image

 

全ての料理が手作りで、胃にも負担のかかりません。

f:id:nichinichisou0808:20171023184750j:image

f:id:nichinichisou0808:20171023184818j:image

f:id:nichinichisou0808:20171023184839j:image

f:id:nichinichisou0808:20171023184936j:image

f:id:nichinichisou0808:20171023184912j:image

居心地のいい店での大ジョッキビールが更にうまい!


◼️新京極の洋食呑み屋は最高

 「櫻バー」さんは2時間入れ替えだったので、次のお店に移る必要があったのですが、地元民Sさんが新京極にある洋食屋「スタンド」さんを推して来ました。京都に疎い私でも知っている人気店です。

f:id:nichinichisou0808:20171023185108j:image

 

伝票にも味があります。

f:id:nichinichisou0808:20171024115238j:image

f:id:nichinichisou0808:20171023185135j:image

 

コロッケとオムレツは超絶品でした。

f:id:nichinichisou0808:20171023185203j:image

f:id:nichinichisou0808:20171023185229j:image

 

途中、同席した大学生の若者達に「今後の人生と仕事」について相談されましたが、「オレら仕事嫌いだから別の人に聞きなさい」と諭しました。(仕方ないから生ビールは奢ってあげました)

f:id:nichinichisou0808:20171023185309j:image

しかし、憧れの店で呑むビールはうまい!


◼️京都宇治で蕎麦を食べる

日曜日昼、こちらは京阪宇治駅から宇治川沿いにある、十割蕎麦のお店「しゅばく」さんです。

f:id:nichinichisou0808:20171023185411j:image

お蕎麦は勿論おいしいのですが、おつまみや日本酒にも気合が入っており、いつもならば行列必至ですが台風接近により、すんなりと入店できました。

 

今旅初のサッポロビール!

f:id:nichinichisou0808:20171023185431j:image

 

クリームチーズの味噌漬け」と、「ほやのこのわた」です。

f:id:nichinichisou0808:20171023185451j:image

f:id:nichinichisou0808:20171023185509j:image

 

十割蕎麦もこの日は新そばでした

f:id:nichinichisou0808:20171023185528j:image

日曜日午前中から呑むビールはうまい!


◼️伏見桃山は日本酒の聖地

蕎麦をいただいた我々は、伏見桃山でまたまたSさんと合流して「伏水酒造小路」さんに入店しました。こちらは私は2度目、同行人は初となります。

f:id:nichinichisou0808:20171023185619j:image

 

名物「17蔵の利き酒セット」は見ているだけでうれしくなります。

f:id:nichinichisou0808:20171023185654j:image

f:id:nichinichisou0808:20171023185727j:image

 

明石焼き」を食べたのは人生初となります。

f:id:nichinichisou0808:20171024065846j:image

 

こちらのおでんは「味がしゅんでる」系です。

f:id:nichinichisou0808:20171024065930j:image

 

月桂冠、関東では程々の種類しか見かけませんが、京都では美味しいのが一杯あります。

f:id:nichinichisou0808:20171024115315j:image

 f:id:nichinichisou0808:20171024070022j:image

やはり美味なつまみで呑む日本酒はうまい!

 

◼️地元の大衆店も気になる

 「伏水酒造小路」さんを後にした我々は、伏見桃山のアーケードを彷徨いながら、次なる店「満まる」へと吸い込まれて行きました。

 f:id:nichinichisou0808:20171024090805j:image

私の記憶では関東では見かけない店舗ですが(後程調査したら関東にもありました)、近畿地方では有名かもしれないリーズナブルなお店です。

f:id:nichinichisou0808:20171024090829j:image

f:id:nichinichisou0808:20171024090856j:image

f:id:nichinichisou0808:20171024090917j:image

f:id:nichinichisou0808:20171024094335j:image

うん、地元の密着店で呑む日本酒はうまい!

 

◼️三条にもあるアサヒビール直営店

夕方から夜にかけて吹奏楽コンサートを観賞した我々は、興奮も冷めやらぬまま京都三条にある「スーパードライ京都」に入りました。

f:id:nichinichisou0808:20171024091008j:image

 

こちらは東京などにも店舗がありますが、ビールタンクが設置されているのは三条店だけの様です。

f:id:nichinichisou0808:20171024092024j:image


大人の事情で注文するのは「レーベンブロイ」w

f:id:nichinichisou0808:20171024092042j:image

f:id:nichinichisou0808:20171024092133j:image

 

肉、いけてました。

f:id:nichinichisou0808:20171024092156j:image

 

これはベルギービールっぽくて私の好みでした。

f:id:nichinichisou0808:20171024092220j:image

f:id:nichinichisou0808:20171024092243j:image


ふう、ビール専門店で呑むビールは泡までうまい!


◼️大阪入りした理由は「串揚げ」

月曜日に同行者と大阪「ジャンジャン横丁」で待ち合わせ、向かうは串揚げ「八重勝」さんです。こちらは平日でも並ぶ人気店ですが、本日は10分程度の待ち時間で入店できました。

f:id:nichinichisou0808:20171024092331j:image


揚げ物とアサヒスーパードライは侮れない組み合わせだと思います。

f:id:nichinichisou0808:20171024093945j:image

 

どては外せません。

f:id:nichinichisou0808:20171024094007j:image

f:id:nichinichisou0808:20171024094425j:image

f:id:nichinichisou0808:20171024094447j:image

f:id:nichinichisou0808:20171024094258j:image

串揚げとビール、サワーはきっと親友だと思う位にうまい!


◼️初めての大阪寿司屋に感動

ジャンジャン横丁は串揚げや呑み屋、将棋クラブなどが有名ですが、寿司屋さんも有名です。今回は「八重勝」の向かいにある「大興寿司」さんにしてみました。

f:id:nichinichisou0808:20171024094620j:image

f:id:nichinichisou0808:20171024094648j:image

 

ブリの刺身は脂がのっている上にプリプリです。

f:id:nichinichisou0808:20171024094716j:image

 

手前は鉄火巻、奥は鰻かっぱ巻です。

f:id:nichinichisou0808:20171024094742j:image

f:id:nichinichisou0808:20171024094804j:image

 

1番手前のまぐろにぎりは3カンで150円!

f:id:nichinichisou0808:20171024094824j:image
まさに「安い、美味い、早い」の三拍子が揃っており、大阪の人々の食に対する姿勢に感動をしてしまいした。


平日の昼間から寿司で呑む日本酒…うまい!

 

◼️そして帰りの「のぞみ」も

最後、新大阪からの新幹線に乗った我々は、キリン一番搾りで旅酒に幕を下ろしました。

f:id:nichinichisou0808:20171024094919j:image
うーん、ブログ(この記事)を書きながらのビールはうまい!


◼️おまけ (お酒なし)

日曜日の早朝、1人で用事を済ませた後に朝食を摂ったのですが、いつもと同じチェーン店では勿体無いと思い、京都で展開している定食屋「街かど屋」さんにしました。

 f:id:nichinichisou0808:20171024095530j:image

 

なかなかのメニュー数です。

f:id:nichinichisou0808:20171024144218j:image

 

一見普通のベーコンエッグ定食(納豆は別売)ですが、野菜はきちんと水分があり、ベーコンは分厚い、ごはんはおかわりが自由な上にお新香も食べ放題で450円を切っていました。

f:id:nichinichisou0808:20171024095544j:image

 

本日は以上となります。