聖地巡礼に酒は必要

東海・近畿旅行、酒場、オーディオと雑記など

大阪で昼前から呑む

本日は、大阪の難波周辺の午前中から呑める店を記事にしました。

まずは難波駅JRA場外馬券そばにある「正宗屋」さん相合橋店です。

食べることが大好きなMさんとTさんもご一緒です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170309082803j:image

f:id:nichinichisou0808:20170309082818j:image

お酒が驚きの安さで提供されています。

大瓶ビールが390円!

日本酒の「特級」「一級」「二級」も私には懐かしいです。

そういえば「特選」「佳撰」はまだあるのでしょうか。

 

f:id:nichinichisou0808:20170309083546j:image

こちら刺身盛りです。なかなかうまいのですよ、これが。

 

f:id:nichinichisou0808:20170309083606j:image

f:id:nichinichisou0808:20170309083623j:image

f:id:nichinichisou0808:20170309083638j:image

f:id:nichinichisou0808:20170309083702j:image

f:id:nichinichisou0808:20170309085943j:image

ここのどて焼きも外せません。

 

f:id:nichinichisou0808:20170309083722j:image

 

f:id:nichinichisou0808:20170309083738j:image

f:id:nichinichisou0808:20170309083759j:image

f:id:nichinichisou0808:20170309094234j:image

 

そして、こちらのお店の一番目当ては・・・

f:id:nichinichisou0808:20170309083829j:image

こちらの「カステラ」です。

下は魚卵、上は蟹味噌という痛風にもってこいの最高のおつまみです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170309084120j:image

通天閣を抜けつつ

f:id:nichinichisou0808:20170309084134j:image

「八重勝」さんに到着です。

こちらは平日の朝から行列ができていますね。

f:id:nichinichisou0808:20170309084146j:image

揚げ物には生ビールが最高だと思っていましたが、近頃はチューハイもよく頼みます。

 

f:id:nichinichisou0808:20170309084159j:image

こちらのどては絶品です。大抵2皿頼みます。

f:id:nichinichisou0808:20170309084212j:image

f:id:nichinichisou0808:20170309105910j:image

串揚げは皆美味しいですが、牛へれ、グリーンアスパラ・生麩は毎回頼みます。

 

 

f:id:nichinichisou0808:20170309105925j:image

そして食後はスパワールドに良くいきます (他の二人とはお別れしました)

 

f:id:nichinichisou0808:20170309105940j:image

スパワールド内には阿修羅マンが不敵な笑みを浮かべて立っていました。

魔界のプリンスなのか、サタンの分身なのか…謎が多いです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170309105956j:image

そして最後は、大阪の喫茶店に一度は行ってみたいと思っていましたので、通天閣そばの喫茶店に入店しました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170309110012j:image

 サンドイッチと冷コーにしました。価格の割に十分な量と質でした。

チェーン店のコーヒー店もいいですが、個人店の落ち着いた喫茶店も雰囲気がいいですね。

 

東久留米で呑む①

本日は私の地元、東久留米でおすすめNo.1の呑み屋「志乃」となります。

正確にはフグなど季節料理を出す割烹になるかとおもいますが、日本酒のラインナップが豊富です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170308220423j:image

こちらはとある日の品揃えです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170308220625j:image

こちらは西田酒造の限定日本酒です。

勧められたからには吞みましたよ。

 

f:id:nichinichisou0808:20170309032802j:image

志乃さんは「善知鳥」からのお付き合いですが、今では良い日本酒が入荷するとメールを送ってくれます。

 

また、南部美人而今や雪の茅舎、久保田に黒龍、14代、田酒など、1合から対応可能なレギュラー銘柄も多数あります。

 

さて、料理ですが、以下となります。 

素材へのこだわりは勿論、料理にも一手間加えられています。

 

f:id:nichinichisou0808:20170308221049j:image

刺し盛りです。

東久留米で刺身が美味しいのは、こちら「志乃」と、「幸まる寿司」だと思います。

f:id:nichinichisou0808:20170308223253j:image

レバーの鉄板焼きです。

f:id:nichinichisou0808:20170308223337j:image

さんまです。

f:id:nichinichisou0808:20170309002153j:image

天ぷら盛り合わせです。

f:id:nichinichisou0808:20170309002237j:image

こちらはあん肝です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170309043504j:image

酢の物です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170309002507j:image

f:id:nichinichisou0808:20170309043551j:image

 f:id:nichinichisou0808:20170309034340j:image

牡蠣です。

ちなみに私は今までに、別の店で牡蠣に3回あたっています。それでもやめられないんですよね。

 

f:id:nichinichisou0808:20170309034513j:image

焼き茄子です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170309035919j:image

ほたてバター、レギュラーメニューであり、おすすめです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170309040028j:image

そしてこちらでは、定食、おにぎり、お味噌などもリーズナブルに食べられます。

f:id:nichinichisou0808:20170309040145j:image

f:id:nichinichisou0808:20170309040205j:image

昼は日替り三種の定食を850円程度で提供しています。

 

草津温泉で呑む

f:id:nichinichisou0808:20170306182151j:image

天下の名湯、草津温泉です。

宿は皆さんそれぞれお好みがあると思います。

(私は閉館した「高砂館」と、現役の「飯島館」に宿泊することが多いです)

 

そして、その宿でゆっくりと夕食をいただくのもいいですが、外食でおすすめのお店があります。

 

f:id:nichinichisou0808:20170306181307j:image

「源氏」さんです。

ご家族でやられているようで、息子さんが手伝っていることもありました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170306181407j:image

地酒も充実しています。

久保田、飛露喜 、菊姫にごりをよく頂きます。

 

f:id:nichinichisou0808:20170306181427j:image

野菜が美味いです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170306181441j:image

こちらは焼き茄子。

 

f:id:nichinichisou0808:20170306181456j:image

前は生でしたが、今は炙りになった牛レバーです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170306181511j:image

もつ煮込みです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170306181526j:image

そして馬刺し赤身もなかなかです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170306181537j:image

揚げ物もおいしいです。

源氏は以上となりますが、、、

 

 

f:id:nichinichisou0808:20170306184426j:image

他、湯畑前のやきとり「静」や

 

f:id:nichinichisou0808:20170306184450j:image

とんかつ「とん香」が個人的におすすめです。

 

 

そして、以下は町内いたる場所にいる、ご当地キャラ「ゆもみちゃん」です。 

f:id:nichinichisou0808:20170306182430j:image

f:id:nichinichisou0808:20170306182506j:image

f:id:nichinichisou0808:20170306182530j:image

f:id:nichinichisou0808:20170306182607j:image

f:id:nichinichisou0808:20170306182630j:image

f:id:nichinichisou0808:20170306182645j:image

f:id:nichinichisou0808:20170306184545j:image

f:id:nichinichisou0808:20170306182659j:image

f:id:nichinichisou0808:20170306182717j:image

f:id:nichinichisou0808:20170306182858j:image

なんと、立体もいらっしゃいます。

大垣「聲の形」聖地巡礼⑨

平日は関東、週末は東海で過ごすことが多い近頃はよく考えます。

そろそろ大垣に移住した方が良いのではないかと。

…仕事次第ですかね。

 

本日は3/4~3/5にかけての大垣入りの様子です。

「また大垣」ですが、お付き合いいただければと思います。

 

今回は友人Sさんを誘いましたが、労働による過労と、西日本にも飛来した花粉被害につき出陣したくないw との連絡を貰いましたので、一人旅となります。

 

関係ありませんが、今回はなるべくスマホではなくカメラで撮影をする様に心がけました。

ついつい手軽に撮れてしまうスマホなのですが、折角毎回カメラを持参しているのですから使用しないと勿体ないかなと考えた次第です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170305141949j:image

近頃は名古屋までの移動に、バスよりも新幹線利用が増えています。

金額面では倍近くかかりますが、所要時間を考えると仕方がないかもしれません。

 ・高速バスは5時間以上

 ・新幹線は1時間40分前後

f:id:nichinichisou0808:20170305142304j:image

f:id:nichinichisou0808:20170305142317j:image

東京駅では大抵このセットを購入しています。

 

f:id:nichinichisou0808:20170305142500j:image

少し飛びますが、まもなく大垣駅に到着です。

f:id:nichinichisou0808:20170305142514j:image

構内掲示のポスターをよく見ると…

 

f:id:nichinichisou0808:20170305142532j:image

f:id:nichinichisou0808:20170305142557j:image

巡礼ポイントの紹介が追加で貼られていました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170305142631j:image

養老鉄道を桑名方面に乗車します。

 

f:id:nichinichisou0808:20170305142652j:image

f:id:nichinichisou0808:20170305142735j:image

この橋と奥の階段が巡礼ポイントの一つです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170305142840j:image

すぐ横を東海道新幹線が爆走していますが、運転間隔を見ていると、明らかに西武池袋線より本数が多いですね。

 

以下は大垣市内となります。

f:id:nichinichisou0808:20170305143116j:image

f:id:nichinichisou0808:20170305143158j:image

 f:id:nichinichisou0808:20170305143405j:image

f:id:nichinichisou0808:20170305143220j:image

f:id:nichinichisou0808:20170305143338j:image

f:id:nichinichisou0808:20170305143427j:image

f:id:nichinichisou0808:20170305143757j:image

f:id:nichinichisou0808:20170305143847j:image

大垣はところどころ梅や桜(ごくごく一部)が開花しており、これからの季節が楽しみです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170305143447j:image

f:id:nichinichisou0808:20170305143524j:image

 

夕飯は「日本海庄屋」です。

(このあたりから普段のクセが出て、カメラではなくスマホでの撮影が始まりましたw)

f:id:nichinichisou0808:20170306094754j:image

f:id:nichinichisou0808:20170306094812j:image

f:id:nichinichisou0808:20170306094828j:image

f:id:nichinichisou0808:20170306094842j:image

チェーン店での一人吞み、きっと浮いていたことでしょう。

こんなことなら何時ものお店に行けばよかった・・・。

 

f:id:nichinichisou0808:20170305143555j:image

こちらは複合施設のコロナワールド大垣です。

いつもこちらで映画を観賞します。

大垣駅より徒歩15分、無料送迎バスも出ています。

 

f:id:nichinichisou0808:20170305143613j:image

f:id:nichinichisou0808:20170305143624j:image

この日はついに昼・夜の2回も観賞してしまいました。

しっかりと2回とも最後まで見ましたとも。

 

f:id:nichinichisou0808:20170305143645j:image

頂いた特典です。

複製原画と思われますが、下の絵は作監修正にも見えます。

特典用だからでしょうか、詰め指示などの情報も一切記載がありません。

 

f:id:nichinichisou0808:20170305143655j:image

そして大垣駅ビル内の三省堂書店で文庫本も購入しました。

f:id:nichinichisou0808:20170306094956j:image

流石聖地。

本屋にまでこの様な看板が。

 

f:id:nichinichisou0808:20170306095039j:image

f:id:nichinichisou0808:20170306095057j:image

そして翌日、帰路につきました。

 

今回の大垣滞在時間は丁度24時間でした。

(土曜日8:50分着、日曜日8:48分発です)

 

以上となります。

長野市戸隠、松代

本日は長野県の戸隠と松代となります。

松代は「世紀末オカルト学院」の舞台となっています。

(huluに本作品がアップされたのを見て思い出しました)

 

※記事中に桜の写真を掲載しましたが、2016年当時の写真です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170302181705j:image

新宿バスターミナル「バスタ新宿」から出発となります。

長野市は年に数回は行きますが、新幹線を利用したのは両親と行った1回のみです。

なぜか自分の中で松本市は電車、長野市はバスと決まっています。

 

f:id:nichinichisou0808:20170302181443j:image

f:id:nichinichisou0808:20170302181458j:image

f:id:nichinichisou0808:20170302181514j:image

このバスはコンセント付の独立1列シートが導入されています。

 

f:id:nichinichisou0808:20170302181848j:image

f:id:nichinichisou0808:20170302181906j:image

途中、横川SAの桜は満開です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170303190223j:image

f:id:nichinichisou0808:20170304052346j:image

長野バスターミナル会館です。こちらより戸隠に向かいます。

ターミナル内には蕎麦屋さんもあります。

 (戸隠については2013年夏訪問時となります)

f:id:nichinichisou0808:20170303190349j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303190407j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303190421j:image

f:id:nichinichisou0808:20170304052418j:image

f:id:nichinichisou0808:20170304052434j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303190433j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303191243j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303191254j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303191306j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303222513j:image

戸隠は素晴らしい所です。

歩いて周ればあっという間に1日が経ってしまいます。

2013年夏に訪れた時は現地で一泊しました。

しかし、春の訪れは遅いようで、松代が桜満開時に戸隠は残雪があり、気温も低かったです。

(そのため、2013年夏の写真としました)

 

次回は新蕎麦の時期に再訪問を狙っています。

 

そして「オカルト学院」の松代へは長野駅よりバスで向かいます。

f:id:nichinichisou0808:20170303191502j:image

長野駅前です。

作中では液晶でしたが、看板に変わったのでしょうか。

 

松代は以前に鉄道がありましたが、現在は廃止となっています。

f:id:nichinichisou0808:20170303191813j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303191834j:image

春の松代駅前です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170303191917j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303192447j:image

こちらは夏の駅前です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170303192006j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303192023j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303192036j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303192508j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303192518j:image

松代駅構内です。

線路は既に撤去されています。

 

f:id:nichinichisou0808:20170303192822j:image

松代城址です。桜の季節には祭りも行われます。

2016年春に訪れた際は大河ドラマの真田家効果もあり、松代全体に活気がありました。

f:id:nichinichisou0808:20170303193735j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303193757j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303193810j:image

 

f:id:nichinichisou0808:20170303193853j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303193917j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303194005j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303194023j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303220155j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303220206j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303194047j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303194138j:image

 

 f:id:nichinichisou0808:20170303211737j:image

そして象山地下壕に到着です。

こちらは旧日本軍が、大戦末期に本部移転をする筈だった施設です。

 

入場には氏名などの記入が必要となります。

ヘルメットの貸与され、いざモスマン捕獲に向かいます。

 

f:id:nichinichisou0808:20170303212145j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303212204j:image

f:id:nichinichisou0808:20170304052535j:image

内部で見学可能箇所は限られています。

落盤の危険性もあるとのことです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170303212354j:image

f:id:nichinichisou0808:20170304052514j:image

この二箇所は立ち入れない箇所です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170303212219j:image

こちらが立入可能な最深部となります。

ライトとカメラのフラッシュ使用により明るく見えますが、実際は相当な暗さです。

また、坑内奥は夏でも肌寒いです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170303213332j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303213346j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303222557j:image

宿泊は作中でマヤも泊まっていた「松代ロイヤルホテル」です。

関係ありませんが、宿泊地でご当地テレビ番組とローカルCMを観るのも趣味です。

f:id:nichinichisou0808:20170303222624j:image

ホテル内も真田家を前面に押し出していました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170303214225j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303214251j:image

ホテル部屋より松代が一望できます。

 

f:id:nichinichisou0808:20170303222727j:image

f:id:nichinichisou0808:20170303222740j:image

翌日、長野駅前で馬刺しをつまみに軽く一杯飲み、バスで帰路に着きました。

 

朝から赤羽で呑む

赤羽と言う街はとても魅力的です。

特に左党の皆様には聖地ではないでしょうか。

 

・朝から呑める、ひたすら呑める

・格安立呑み店から落ち着いた店まで豊富

・そして以外と夜は早い(ある意味健全?)

 

その他のことはよく知りませんが、赤羽在住の方もそう言っていましたから、間違いはないでしょう。

 

と言うことで、いつものMさん、Tさんと赤羽駅集合8:50になりました。

 

目指す1軒目は酒呑みの聖地「まるます家」です。

こちらは朝から呑めるだけでなく、川魚を筆頭に素晴らしい料理が沢山あるのです。

普段の私は飛鳥山公園の桜を見た帰りに寄るのが通例なのですが、今回は開店ダッシュです。

朝から「しじみ習慣」を4粒飲み、体の準備も万端です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170224014531j:image

開店前、既に数人が並んでいます。

開店と同時にテーブルに着席します。

f:id:nichinichisou0808:20170224013931j:image

いつもでしたら一杯目は生ビールなのですが、今日は事前に聞いておいた名物「ジャン酎モヒート」です。

 

サッパリとしていてお料理とよく合う、あまり主張の強くない味です。

ラムのモヒートほどアルコールも高く無いので、次々とジョッキが空になっていきます。

 

f:id:nichinichisou0808:20170224013957j:image

鯉の刺身です。

相変わらず注文してから供されるまでの時間が短いです。

f:id:nichinichisou0808:20170224014023j:image

里芋の揚げ物です。常連さんにも大人気だとか。

f:id:nichinichisou0808:20170224014050j:image

どじょうとじです。

あとは鯉こくなどを注文したかと思います。

 

ここで鰻でも注文するのが常なのですが、本日は程よいところで切り上げです。(11:20分頃)

 

f:id:nichinichisou0808:20170224014119j:image

そう、2軒目には鰻・鳥料理の「川栄」に行くと決めておいたのです。

f:id:nichinichisou0808:20170224014200j:image

いきなり獺祭です。しかもこちらは2割3分もあるのですね。お通しまで獺祭!

f:id:nichinichisou0808:20170224014143j:image

ホロホロ鳥のバラ串です。

f:id:nichinichisou0808:20170224014226j:image

うなぎは1人1枚注文とのことで、タレ、白焼などを頼みました。

また、本日は鰻の肝が出せるとのことなので、勿論注文します。

f:id:nichinichisou0808:20170224014250j:image

ホロホロ鳥の鶏皮ポン酢です。

f:id:nichinichisou0808:20170224014311j:image

鰻のオムレツです。 

 

どうやらこちらの川栄さんは、孤独のグルメTVに出ていたのですね。

赤羽はまるます家だと思っていたので、驚きです。

本日は2店舗ともに大満足でした。

 

最後は「それでは、もう一軒」なんてい 言いながら一句詠んで見たいものです。

京都鉄道博物館と宇治・大垣の紅葉

本日は、秋頃に京都〜大垣を訪れた記録です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170301222215j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301222239j:image

のぞみ「新大阪」行きで向かいます。

 

 f:id:nichinichisou0808:20170302010732j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301222350j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301225851j:image

京都からは在来線で二条にて下車します。

まずは二条で京都在住のSさんと会い、アニメ映画「orange」を鑑賞しました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170301230439j:image

TVよりも作画は安定していましたが、ストーリーはTVシリーズを見ていなければ、

到底理解できない作りでした。

 

観賞後は京都の交通博物館まで徒歩で向かいます。

f:id:nichinichisou0808:20170301230701j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301230727j:image

やはり西日本の新幹線といえば500系ですね。

f:id:nichinichisou0808:20170301230752j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301230807j:image

初期欠陥の多かった不遇の車両です。

f:id:nichinichisou0808:20170301230828j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301230852j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301230918j:image

懐かしいマークです。

f:id:nichinichisou0808:20170301230945j:image

結局、営業中は一度も乗車出来ませんでした。

 

f:id:nichinichisou0808:20170301231119j:image

 

河原町で昼食(ビール付)を済ませた後、紅葉を見に宇治に向かいます。

f:id:nichinichisou0808:20170302010352j:image

f:id:nichinichisou0808:20170302010408j:image

f:id:nichinichisou0808:20170302010424j:image

 

f:id:nichinichisou0808:20170301232803j:image

f:id:nichinichisou0808:20170302010522j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301233549j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301232832j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301232033j:image

f:id:nichinichisou0808:20170302010504j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301233518j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301232123j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301232858j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301232916j:image

f:id:nichinichisou0808:20170302005407j:image

一度は乗車したいですね。

f:id:nichinichisou0808:20170302005447j:image

f:id:nichinichisou0808:20170302005552j:image

京都駅に到着です。ここから大垣を目指します。

 

 f:id:nichinichisou0808:20170301233150j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301233215j:image

 

大垣に到着です。

この日はコロナワールドに直行です。

f:id:nichinichisou0808:20170301233243j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301233319j:image

 

ところで大垣駅に掲示しているコレが欲しいす。

f:id:nichinichisou0808:20170301233740j:imagef:id:nichinichisou0808:20170301233706j:imagef:id:nichinichisou0808:20170301233813j:image

 

翌日

朝から大垣散策です。

f:id:nichinichisou0808:20170301234632j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301234704j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301234738j:image

f:id:nichinichisou0808:20170301234801j:image

f:id:nichinichisou0808:20170302005651j:image

f:id:nichinichisou0808:20170302005708j:image

 f:id:nichinichisou0808:20170301234910j:image

 今回、大垣は天候もイマイチのため長居はしませんでした。

 

和歌山県御坊市・美浜町「AIR」聖地巡礼①

本日は数回訪れた和歌山県をメインに、アニメ「AIR」の巡礼をまとめてみました。

①では主に和歌山県御坊市美浜町となります。

 

最初は聖地巡礼が最大の理由でしたが、何度か和歌山に訪れることで、現在は和歌山県にどっぷりハマッています。

f:id:nichinichisou0808:20170227185137j:plain

和歌山でも未踏の地は多いですが、熊野三山熊野古道高野山、白浜や本州最南端の地・串本などが良いと思います。

f:id:nichinichisou0808:20170227185238j:plain

 

まず、私的な和歌山県御坊市へのアクセス方法ですが、京都・新大阪駅からJR特急1本で行くか、なんば駅より南海特急で和歌山市駅まで出て、JRで和歌山駅を経由しつつ、御坊まで普通列車に乗車することが多いです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170227200335j:image

御坊駅です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170228040131j:plain

f:id:nichinichisou0808:20170228040220j:plain

ここからは大抵、紀州鉄道に乗車します。

現在は新型車両が導入されました。

f:id:nichinichisou0808:20170228040315j:plain

 

f:id:nichinichisou0808:20170227200411j:image

紀州鉄道の終点・西御坊駅です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170227200440j:image

ここから住宅地や海沿いを歩きつつ、巡礼ポイントを回っていきます。

 

f:id:nichinichisou0808:20170227200514j:image

昔は線路が続いていたのがわかります。

 

f:id:nichinichisou0808:20170227200534j:image

f:id:nichinichisou0808:20170227200543j:image

f:id:nichinichisou0808:20170227200622j:image

f:id:nichinichisou0808:20170227200635j:image

f:id:nichinichisou0808:20170227201604j:image

f:id:nichinichisou0808:20170227200747j:image

f:id:nichinichisou0808:20170227200816j:image

途中、いくつかの集落を抜けていきます。

f:id:nichinichisou0808:20170227200828j:image

f:id:nichinichisou0808:20170227203139j:image

f:id:nichinichisou0808:20170227203155j:image

f:id:nichinichisou0808:20170227200846j:image

この辺りは西御坊駅から10キロ程の距離となりますが、バスには乗車せずひたすら歩くのです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170227203238j:image

後半はひたすら登りが続きます。

f:id:nichinichisou0808:20170227200907j:image

日の岬パークから先程歩いて来た美浜町御坊市を見下ろします。

f:id:nichinichisou0808:20170227203219j:image

 

f:id:nichinichisou0808:20170228035534j:plain

そして、現在は閉館してしまった、日の岬国民宿舎に宿泊します。

こちらは夏は鱧コース、冬はクエコースが選べたので、とても重宝していました。

 f:id:nichinichisou0808:20170227203301j:image

f:id:nichinichisou0808:20170227203341j:image

f:id:nichinichisou0808:20170227203320j:image

こちらは鱧コースとなります。

 

次に続きます。 

大洗に自衛隊「10式戦車」が来た!

本日は自衛隊戦車「10式」が派遣されるとのことで、大洗に向かった際の記事となります。

 

同胞Mは仕事の関係で来ることが出来ませんでしたので、1人旅となります。

 

f:id:nichinichisou0808:20170224043514j:image

上野駅です。

私が子供の頃は地上ホームから定期急行や特急が次々と到着・出発していました。

今は、常磐線特急と高崎線特急くらいでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20170224043900j:image

f:id:nichinichisou0808:20170225152830j:image

この頃は「えきねっと」割引が30%だったのですが、現在は10%になってしまいました。

f:id:nichinichisou0808:20170224145925j:image

このE653の指定席シートは良く出来ているな、と思っています。

シートは固めでクッションの厚さは並ですが、ホールド感が良好、足元は広めで可動ヘッドレストに電源完備、

と近頃のJR東日本は普通車座席に力を入れている気がします。

これですと在来線の4列グリーン車のウリは「静寂な空間」となりそうです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170225152652j:image

f:id:nichinichisou0808:20170225154446j:image

大洗に到着しました。

  

f:id:nichinichisou0808:20170225153123j:image

 f:id:nichinichisou0808:20170225153204j:image

f:id:nichinichisou0808:20170225153219j:image

このイケメンは儀仗隊と呼ぶそうです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170225153956j:image

f:id:nichinichisou0808:20170225154009j:image

f:id:nichinichisou0808:20170225154020j:image

f:id:nichinichisou0808:20170225162630j:image

f:id:nichinichisou0808:20170225162642j:image

f:id:nichinichisou0808:20170225153317j:image

f:id:nichinichisou0808:20170225153335j:image

訓練艦とのことです。確か抽選で艦内見学が出来ました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170225153401j:image

ランチは「かま家」さんで頂きます。

 

f:id:nichinichisou0808:20170225153413j:image

 マリンタワーから「さんふらわあ」とのツーショットです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170225153439j:image

f:id:nichinichisou0808:20170225153507j:image

10式戦車と言えばこの人ですよね。

 

f:id:nichinichisou0808:20170225154420j:image

こちらの民宿で一泊します。

f:id:nichinichisou0808:20170225155450j:image

f:id:nichinichisou0808:20170225155541j:image

こちらが夕食です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170225154432j:image

そして朝、散歩に出ると町は霧に包まれておりました。

f:id:nichinichisou0808:20170225160040j:image

 

この後、宿で朝食を頂き、飯岡屋水産で軽く一杯やってから帰宅となります。

f:id:nichinichisou0808:20170225160149j:image

飯岡屋水産のでっかい岩牡蠣です。

f:id:nichinichisou0808:20170225160233j:image

f:id:nichinichisou0808:20170225160246j:image

水戸の天気は大荒でした。

大垣「聲の形」名古屋「響け!ユーフォニアム」聖地巡礼

今回は主に大垣の未到達地点を訪れました。

今までは大垣駅より徒歩で30分以上のため、敬遠をしていました。

 f:id:nichinichisou0808:20170223182144j:image

f:id:nichinichisou0808:20170223182219j:image

f:id:nichinichisou0808:20170224004212j:image

名古屋便は1日に1,2台の3列シート車があります。

東京9:00発は3列シートであり、所要時間も短いため、若干人気が高いです。

近いうちに東京〜名古屋の運賃・料金/時間比較を行いますが、JRバスの早割を

使用すると、最安値で3500円前後です。

 f:id:nichinichisou0808:20170224010451j:image

f:id:nichinichisou0808:20170224004740j:image

某床屋ですが個人店ですので、店名は隠しました。

大垣駅からですと、徒歩で30分以上の道のりです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170224004003j:image

f:id:nichinichisou0808:20170223191307j:image

そして17時過ぎからは恒例の映画鑑賞です。

2週間開けると毎度新鮮な気分で見られます。

(ちなみにこの3日後には立川での極音上映に行きました)

 

夕飯に利用した「すし半」には聲の形の升が・・・ウチにも一個あります。

大垣(聲の形)と飛騨古川(君の名)の岐阜巡礼写真を「芭蕉結びの地記念館」※で提示・メール送付をすると、

申し込み後に聲の形クリアファイルや升が頂けるのでした。

f:id:nichinichisou0808:20170223235728j:image

 

※なぜか近頃PEPPER君が入りました

f:id:nichinichisou0808:20170224000911j:image

 

f:id:nichinichisou0808:20170224000129j:image

f:id:nichinichisou0808:20170224000142j:image

夜の大垣駅です。

地方都市ですが夜になっても駅前は平穏です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170224000525j:image

2日目はまず養老鉄道で養老に向かいます。

養老駅前にある「吉備羊羹」を頼まれもので買いに行くのですが、ここでしか買えないのが難点です。

 

そして大垣駅からタクシーで「揖斐大橋」までお願いしたのですが・・・。

下車して気づいたら、「大垣大橋」じゃないですか。

f:id:nichinichisou0808:20170224001243j:image

揖斐大橋までは徒歩でたっぷり30分です。

2000円以上の運賃でこれですから、流石に苦情を入れました。

そしてコンビニでレッドブルをチャージし、揖斐大橋を目指します。

f:id:nichinichisou0808:20170224001504j:image

大垣大橋からは新幹線まで見られたのは収穫でした。

 

f:id:nichinichisou0808:20170224001548j:image

f:id:nichinichisou0808:20170224001603j:image

f:id:nichinichisou0808:20170224001616j:image

f:id:nichinichisou0808:20170224002007j:image

こちらが揖斐大橋です。

映画「聲の形」の最初のシーンです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170224001939j:image

f:id:nichinichisou0808:20170224002600j:image

f:id:nichinichisou0808:20170224002050j:image

f:id:nichinichisou0808:20170224004051j:image

f:id:nichinichisou0808:20170224001954j:image

この日は名古屋で待ち合わせがあるので、 残り時間でいつものコースをまわります。

 

f:id:nichinichisou0808:20170224002217j:image

 金山まで行き、地下鉄に乗り換えます。

 

f:id:nichinichisou0808:20170224002436j:image

f:id:nichinichisou0808:20170224002523j:image

f:id:nichinichisou0808:20170224002827j:image

目指したのは「響けユーフォニアム2」全国大会の地「名古屋国際会議場」だったのですが・・・

準備不足と朝のタクシーのミスにより、現地滞在は10分しかありませんでした。

 

そしてその後は名古屋でSさんと呑み屋に吸い込まれて行きました。