聖地巡礼に酒とオーディオは必要

旅行、オーディオ、酒の話題がメインになると思います

新宿で宮崎料理を堪能する

本日は新宿で宮崎料理を提供するお店で呑んだ記事となります。

 

f:id:nichinichisou0808:20170702172654j:image

f:id:nichinichisou0808:20170702172711j:image

JR新宿駅西武新宿駅は少しばかり離れていますが、JR新宿東口ビルの中には西武新宿線乗入れのための準備がしてあった噂を聞いたことがあります。

f:id:nichinichisou0808:20170702172855j:image

JR新宿駅を入ったところに天井の高い場所が残っていますが、ここにホームを造る予定だったのでしょうか。

 

本日は元同僚が新規スタートを切るとのことで、私を含めた3人で新宿で呑むこととなりました。

しかし、主賓は相性問題からお酒を一口も飲まない方なので、食べ物が美味しいお店を知り合いに紹介して貰いました。

f:id:nichinichisou0808:20170702165044j:image

西武新宿駅から大ガードをくぐり、西口方面に出てすぐにある「たもいやんせ」さんとなり、こちらは宮崎料理に力を入れているお店です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170702165423j:image

本日のおすすめとなります。

実は馬刺しを食べたかったのですが、今回は食べることができませんでした。

 

f:id:nichinichisou0808:20170702165556j:image

私は一杯目は宮崎地ビールにしましたが、ほろ苦さが癖になりそうな味でした。

 

f:id:nichinichisou0808:20170702165738j:image

鰹のたたきはワサビが薬味でした。

 

f:id:nichinichisou0808:20170702165709j:image

茄子の漬物です。夏は茄子と胡瓜、冬は白菜の漬物があれば幸せです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170702165802j:image

チョウザメカルパッチョです。

初めて食べましたが、甘い白身魚という感じで美味しかったです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170702170108j:image

2杯目からは一番搾りに。。。超幸せ。

 

私を含めた皆はあまり馴染みのない宮崎料理を警戒しておりましたが、ここまで頼んだ料理が全て美味しかったので、ややディープな方向に向かいます。

f:id:nichinichisou0808:20170702170223j:image

初体験の冷や汁ですが、これは鯵と茗荷のハーモニー(笑)が堪らない料理です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170702170518j:image

〆の一品と書いてありましたが、私は日本酒や焼酎のアテになると確信しました。

 

そして我々の〆料理はこちらです。

f:id:nichinichisou0808:20170702170749j:image

まだ調理開始直後の「鶏すき焼」ですが、鶏肉の色からして新鮮さを漂わせています。

 

途中我々の手出しは無用で、完成までの調理は店員さんに全てを委ねます。

f:id:nichinichisou0808:20170702170946j:image

そして完成直前に鶏レバーを投入して完成となりました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170702171218j:image

すき焼きなので、これまた大きなサイズの生卵を絡めながら頂くのですが、鶏肉は程よい歯ごたえと味の深さが絶品でしたし、レバーも甘い上にフルフルとしていて、普段食べている鶏レバーとは別物でした。

 

鍋の具を食べ終わると店員さんより白米投入のお誘いが、、、

f:id:nichinichisou0808:20170702171448j:image

これもまたとても美味しかったです。

 

こちらのお店は魅力的な料理が多すぎて、1度では食べきれないのが難点です。

 

そして2軒目は価格で勝負のチェーン店に入りましたが、先程のお店で食べすぎたのか皆さん箸がすすみませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20170702173324j:image

-2.2度のビールですがSさんは昔からキンキンに冷えたビールが好きな人で、このビールを一口飲んだ途端に「絶対マイナス2度じゃない、ぬるい!」と連呼してて笑えました。

 

Sさんがどれだけ温度に拘るかと言うと、仕事帰りに歩きながら飲むビールを買う人なのですが、よく冷えたコンビニをチェックして必ず決めた店舗で買い求めるような人間です。

f:id:nichinichisou0808:20170702173555j:image

f:id:nichinichisou0808:20170702173609j:image

私が頼んだ料理ではないのですが、これはビールとマッチしていて美味しかったです。

 

そしてこの日は再開を約束してお開きとなりました。

 

本日は以上となります。

 

マランツ「HD-AMP1」とiOSハイレゾアプリの相性

本日は私が所有しているマランツアンプ「HD-AMP1」のUSB-DAC機能の相性について記事にします。

 

◾️はじめに

私はiPadProまたはiPhoneをLightningケーブルからマランツ「HD-AMP1」の背面USBに接続し、ハイレゾ再生環境を手軽に楽しんでいます。 

f:id:nichinichisou0808:20170630175441j:image

 

現在のオーディオ環境詳細につきましては以下をご覧ください。

 

そしてiPad Proで使用するハイレゾ対応音楽プレーヤーアプリを数本購入しましたが、現時点でほぼ全てのアプリ動作で不具合と思われる現象が発生しています。

 

購入アプリと簡単な感想は以下を是非ご覧ください。

 

◾️主な現象

以下に掲載するのはごく一部であり、まだまだあるところが困りものです。

 

・次曲遷移時に次曲のフォーマットが異なるファイルだと再生が停止し、アンプの再起動が必要となる

DSDの楽曲を再生すると、サンプリングレートが自動設定で192kに設定変更される

・とにかく再生音が途切え、ひどい時は永久ラップとなることも

・途中に再生が停止し、復帰にはアンプの再起動が必要なる 

・アンプ(アプリも)がDSD11.2対応だが、アプリ上では5.8までしか選択できなない

 

■アプリメーカー様調査結果

今回、2社に問い合わせを出しましたが、まず、以下の調査結果は要点のみを記載するため、すべての環境で同様の動作となる訳ではないことをご留意ください。

今回調査依頼した2社様ともにとても真摯な対応でした。

A社回答

- HD-AMP1 のiPhone接続時の相性
- HD-AMP1 とアプリとの相性
などの不具合が考えられそうですが、

アプリでは HD-AMP1
にて動作確認が出来ていない為、申し訳ございませんが、マランツ社へHD-AMP1とiOSバイスとの動作サポート状況についてお問い合わせいただけないでしょうか。

 

B社回答

お客様と同一環境にて弊社で不具合の検証を行いましたところ、ご申告されている不
具合を確認することができませんでした。
また、弊社アプリと「HD-AMP1」の相性が悪いため、正しく出力できていないことを確認しております。

 

まあ、予想通りの返答でしたが、特にB社様は私の環境を再現されたようです。さらにはメーカー様がハッキリと相性が悪いと言い切ったのもありがたい情報です。

 

私はB社のミュージックアプリは重宝しているので、次回は「正しく出力できない」とは何かを掘り下げて聞いてみたいと思います。

 

やはりこうなるとマランツに聞くことになるのでしょうけど、マランツのサポートってどうなんでしょうね(本当にしりません)

私のように据置アンプとの組み合わせで、iPadで音楽管理・再生をやる人は少ないのか、接続自体が想定外なのか。(PCのASIOやDAPが標準なのですかね) 

 

◾️業界標準iPhone準規

マランツオーディオが当てはまるかは置いておき、良くも悪くもこの業界はiPhoneが準拠となっています。答えは簡単で、世界中でiPhoneは売れているからです。聞いた話では、ある会社ではiPhoneを含めたスマホとの接続機器の開発をしていますが、iOSだけがマイナーVer.UP※をしただけで、商品の再点検を行うくらいです。

 

※iOS10.3.1〜10.3.2はマイナーアップデート        iOS10.3.2〜11はメジャーアップデート

 

◾️現在問題のない組み合わせ

結局「HD-AMP1」との接続で唯一問題がなさそうなのは、「WALKMAN ZX2」または「Fiio X3」となりますが、アップサンプリング機能は非搭載のため、少しさみしいです。

 

◾️他社のUSB-DACの機器相性は?

 多かれ少なかれあるようです。

 

■しかしHD-AMP1

現時点では少し残念な結果となったのですが、HD-AMP1の音はハイスピードで締まりもあり、とてもクリアなため、個人的にとても素晴らしいと思っています。なので暫くは使い続けますが、音楽を聴くのに「相性」の時代がやってきたと考えると困ったもんだなぁと思います。

もうアナログやCDでいいじゃん!

いっそ一個前のアンプに戻そうかしら、、、。

f:id:nichinichisou0808:20170630182004j:image

前に使用していたのマランツアンプです。

 

本日は以上となります。

 

iPad ProとBluetoothスピーカーを接続する

本日は携帯電話キャリアauの「au STAR ギフトセレクション」で頂いたスピーカーの記事となります。

 

今までも夜ベッドの中で使用するBluetooth(以下BT)スピーカーが欲しかったのですが、買う程ではなかったので、今回、auよりポイント利用で頂くことにしました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170627184747j:image

ANKERのBTスピーカーとなります。

USBケーブルなど様々なPC接続機器を製造しており、私の周りではなかなか評判の良いメーカーです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170627184833j:image

小さい割りに重いのはバッテリーとウーファー内蔵だからでしょうか。

USB経由のAC接続で利用できますが、6時間充電からの24時間電池駆動も可能となっています。

入力はBTの他AUXもありますので、有線接続も可能となっています。

 

 

iPadとペアリングしてみますが、BTスピーカーがペアリングモードになっていても、なかなかiPadが見つけてくれませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20170629101428j:image

 

こちらのスピーカーのBTスペックは、BT Core Ver.が4.0となり、BTの対応プロファイルはA2DP,AVRCP,HFPだと思われます。

現時点でプロファイルVer.は不明です。多分A2DP=1.2 , AVRCP=1.0 or 1.3 , HFP=1.5といったところではないでしょうか。

また調査はしていませんが、aptXなどの高音質技術には未対応の様です。

 

ちなみにこれらのプロファイルとは以下の動作を行うためのものです。

A2DP=BTオーディオ再生のプロファイル

AVRCP=オーディオプレーヤーの操作や曲情報表示のプロファイル

HFP=HandsFree ハンズフリー通話のプロファイル

・PBAP=PhoneBook(電話帳)転送のプロファイル*

・OPP=ObjectPush データ転送のプロファイル*

・MAP=MessageAccess メール転送のプロファイル*

  *このスピーカーは対応していないが、スマホとカーナビなど接続時に利用できる

 

接続が完了したので、早速音楽や動画の再生をしてみます。

f:id:nichinichisou0808:20170629101724j:image

サイズから考えると低音も豊かで、高音も頑張っていると思います。

f:id:nichinichisou0808:20170629101738j:image

頂き物なので文句は言えませんが、こちらの機種は後継機がすでに発売されており、音質向上と防水対応などの変更点があります。いいなぁ。。。

 

本日は以上となります。

 

西武鉄道の新型車両に乗車する

本日は表題の通りとなります。

 

月曜日の仕事後に人と会い軽く呑んだのですが、その帰りに所沢から西武鉄道の新型車両「40000系」に乗車することができました。

f:id:nichinichisou0808:20170627171109p:image

 

この列車の特徴として曜日時間帯により、2通りの運転を行っています。

・料金不要の通勤列車 (ロングシート状態)

・料金必要の特急並運転 (クロスシート状態+ACコンセント)

 

西武鉄道ではここ数年で「20000系」「30000系」と連続で地上専用の車両を導入しましたが、今回は地下鉄乗入対応の車両となります。

f:id:nichinichisou0808:20170627170947j:image

f:id:nichinichisou0808:20170627174719j:image

20000系 (2000年〜)

 

f:id:nichinichisou0808:20170627171026j:image

30000系 (2008年〜)

 

そしてこちらが40000系の運行開始により先代となった、地下鉄乗入対応車両です。

f:id:nichinichisou0808:20170628153153p:image

6000系 (1992年〜)

 

東急電鉄」「東京地下鉄」「横浜高速鉄道」に乗り入れを行うためには、西武線の地上専用車両に以下の追加設備が必要と思われます。

東京地下鉄用信号の対応

ワンマン運転設備の対応

・東急用信号への対応 (横浜高速鉄道も同様と思われます)

・車両先頭非難扉の設置 (地下鉄では設置義務です)

 

まずは外観ですが30000系を進化させた感じがします。

f:id:nichinichisou0808:20170627171306j:image

 

次に車内です。

f:id:nichinichisou0808:20170627171327j:image

有料運行時は座席が90度転回してクロスシート

 

f:id:nichinichisou0808:20170627174232j:image

車端部座席はロングシート固定

 

f:id:nichinichisou0808:20170627171346j:image

なぜかテレビ埼玉の広告しかない

 

f:id:nichinichisou0808:20170627171404j:image

天井のラインデリアもなかなか

 

f:id:nichinichisou0808:20170627171558j:image

液晶もテレビ埼玉を放映中

 

f:id:nichinichisou0808:20170627171643j:image

f:id:nichinichisou0808:20170627174251j:image

先頭部分には車椅子、ベビーカーなどのスペース

 

f:id:nichinichisou0808:20170627171829p:image

車内では西武初の無料Wi-Fiサービスを提供

 

本日は以上となります。

仲夏の大垣で「聲の形」聖地巡礼をする

本日は私の定例行事となりました、「聲の形」の大垣聖地巡礼記事となります。

 

私は昨年の9月下旬から大垣聖地巡礼を開始したのですが、9ヶ月間での大垣滞在日数が33日となりました。(1泊2日を2日と換算した場合)

要は約1ヶ月間を大垣で過ごしているわけですね・・・。

 

今回は6/24,25,26にの3日間で大垣を含めた岐阜県各地を観光しましたので、大垣以外の以下記事を是非ご覧ください。

 

◾️今回は往復新幹線利用

往路は「ぷらっとこだま」、復路は「のぞみ」という超豪華にして超高速で快適な旅にしました。

f:id:nichinichisou0808:20170627124657j:image

f:id:nichinichisou0808:20170627124709j:image

 

◾️なぜか気になる

東海道新幹線ホームにある売店看板にある、サンドイッチの略表記と思われる「サンド」が毎回気になりながらも「プレミアムミックスサンドイッチ」を購入しています。

f:id:nichinichisou0808:20170627175616j:image

f:id:nichinichisou0808:20170627175646j:image

f:id:nichinichisou0808:20170628023605j:image

ホーム中にある「お弁当 サンド お飲物」


◾️ちょっとしたアクシデント

途中、電力設備の故障から施設修理のために車内電力が落とされました。

東海道新幹線は数日前にも荒天で5時間以上停止しましたから、この時は内心穏やかではありませんでしたが、約30分で運転を再開しました。

f:id:nichinichisou0808:20170627124926j:image

消灯、空調停止した新幹線車内

 

◾️大垣到着

結局は予定から15分遅れての大垣到着となりました。

そしていつも通りのルートを迷うことなく歩きますが、今回は聖地ではない街並みもよく見ることにしました。

f:id:nichinichisou0808:20170627125106j:image

f:id:nichinichisou0808:20170627125234j:image

眺めているだけで大垣に住みたくなる

 

f:id:nichinichisou0808:20170627125144j:image

駅ビル書店内にも看板がある

 

f:id:nichinichisou0808:20170627125300j:image

やはりこの場所は外せない 

 

f:id:nichinichisou0808:20170627125348j:image

戦災に合うまでは国宝だった大垣城

 

f:id:nichinichisou0808:20170627125325j:image

綺麗な紫陽花に目が惹かれる

 

f:id:nichinichisou0808:20170627164305j:image
市役所は工事中(すでに再建が決定)

 

f:id:nichinichisou0808:20170627125431j:image

この景色の撮影は何度目なのか・・・

 

f:id:nichinichisou0808:20170627125454j:image

鳩と目が合った瞬間パチリ

 

f:id:nichinichisou0808:20170627125512j:image

f:id:nichinichisou0808:20170627125526j:image

f:id:nichinichisou0808:20170627125546j:image

大垣八幡神社

 

f:id:nichinichisou0808:20170627125603j:image

大垣祭では見世物小屋が境内にあった

 

f:id:nichinichisou0808:20170627125738j:image

どこも紫陽花が満開になっている

 

f:id:nichinichisou0808:20170627165935j:image

地元の温泉施設(コロナの湯)を初利用

 

◾️今回の大垣呑み

f:id:nichinichisou0808:20170627125929j:image
「大垣バール」さんを1軒目にしたのですが、おでんの中から「くずきり」「えのき」「ロールキャベツ」を初めて頂き、とても美味しかったです。
こちらの店長、某有名ホテルの料理長だった時期もあったと聞き、妙に納得してしまいました。

f:id:nichinichisou0808:20170627125756j:image

1番手前は紅生姜の串揚げ

 

f:id:nichinichisou0808:20170627125809j:image

葛切りのおでん(関東炊き)


そして2軒目は「すし吉」さんに初入店です。
何時もならば「すし半」さんなのですが、前日のランチで寄らせていただいたので、新規開拓となりました。

f:id:nichinichisou0808:20170627131524j:image

いつもの「水門川」ではなく「美濃紅梅」

 

f:id:nichinichisou0808:20170627131759j:image

鱧の梅肉、酢味噌と煮こごり

 

f:id:nichinichisou0808:20170627131556j:image

初めて食べるとり貝の刺身

 

f:id:nichinichisou0808:20170627131618j:image

大アサリの醤油焼き

 

f:id:nichinichisou0808:20170627131638j:image

〆は出汁巻の卵焼き


こちらのお店は三河や伊勢方面から主に仕入れているとのことで、天然鮎間もなく取扱を始める予定だとお聞きしました。とても楽しみです。

 

◾️仕事前に聖地巡礼

26日月曜日はどうしても仕事をする必要に迫られ、往生際の悪い私は仕事当日に大垣から東京へ行く道を選びました。

f:id:nichinichisou0808:20170627132517j:image

木枡国内シェア9割を誇る枡専門店(たしか)

 

f:id:nichinichisou0808:20170627132537j:image

f:id:nichinichisou0808:20170627180625j:image

f:id:nichinichisou0808:20170627180641j:image

f:id:nichinichisou0808:20170627132710j:image

公園も貸切と思いきや早起な大垣市民がちらほら

 

f:id:nichinichisou0808:20170627132603j:image

f:id:nichinichisou0808:20170627170148j:image

 「聲の形 サウンドトラック」を聴きながら早朝巡礼を済ませた後、5時台の快速で名古屋に向かい、名古屋一番発車の「のぞみ」で東京に帰りました。

f:id:nichinichisou0808:20170627132634j:image

しかし、仕事前に聖地巡礼などしてはダメダメですね。結局仕事が全然手につかなかったです。

 

◾️追記

あまり関係ありませんが、今回の岐阜の旅の記事3本については、初めてPC(IE)をメインで書いてみました。

スマホと違って文字にする速度が数倍になりますが、編集中プレビューと公開時の表示に差があったりで、まだまだ馴染めていない気がします。

 

本日は以上となります。

 

郡上八幡で古い街並みを見物する

本日は岐阜県郡上市を訪れた記事となります。

 

6/24,25,26と岐阜県に滞在しましたが、25日は名鉄岐阜駅側の岐阜バスターミナルより高速バスで郡上八幡を目指しました。

f:id:nichinichisou0808:20170627042012j:image郡上八幡といえば「郡上おどり」で有名ですが、残念ながら今回は祭りのシーズンではないので、街並みと天然鮎を求めて訪れました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170626140817j:image初めて見る名鉄岐阜駅はゴージャスでした。

 

f:id:nichinichisou0808:20170626140800j:image名鉄岐阜駅ホームのすぐ横にバスターミナルがあります。

岐阜から郡上八幡までは岐阜バスで約1時間20分、往復割引乗車券で2700円程度ですが、鉄道を利用すると片道で約2000円、所要時間はおおよそ2時間なので、断然バスがお勧めです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170626141735j:image車内はきれいで椅子の座り心地も良くUSB端子まで装備されていますが、前の席までの距離がやや短いように感じられました。

  

f:id:nichinichisou0808:20170626140910j:imageバス内より撮影した長良川です。景色からもテンションがあがってきました。

 

まず最初に目指す「郡上八幡城」までの道のりには、なかなかハードな上り坂と石段が待ち受けていました。

f:id:nichinichisou0808:20170626133847j:plain

f:id:nichinichisou0808:20170626152442j:imageこれは紅葉の時期にも来なければ勿体ないかもしれません。

 

f:id:nichinichisou0808:20170626140958j:image

f:id:nichinichisou0808:20170626141545j:imageお城横では御当地美少女キャラ「およしちゃん」のグッズも販売中でした。

 

f:id:nichinichisou0808:20170626141017j:imageここまでの道程で汗だくになりましたが、城の最上部まで登ると涼しい風が気持ちよく、郡上市が良く見渡せます。

 

今度は町に出て城下町を見物します。

f:id:nichinichisou0808:20170626141044j:image

f:id:nichinichisou0808:20170626141136j:image

f:id:nichinichisou0808:20170626141105j:image

f:id:nichinichisou0808:20170626141201j:image

f:id:nichinichisou0808:20170626141232j:image

f:id:nichinichisou0808:20170626141252j:image

f:id:nichinichisou0808:20170626141319j:image

f:id:nichinichisou0808:20170626141335j:image

 

f:id:nichinichisou0808:20170627053336j:image中高生を対象にした鮎釣り大会の告知ですが、「勉強んでる場合じゃねえ」は名言です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170627053536j:image地元高校食品科によるカフェも営業するようです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170626141402j:image実は昼食には天然鮎を出す店から1店を決めていたのですが、残念ながら本日昼の入荷はなし…天然鮎を求めて町を彷徨っていると、店頭で天然鮎を焼いているお店を発見しました。

f:id:nichinichisou0808:20170626141421j:image

f:id:nichinichisou0808:20170627050114j:image昼食は鮎2匹とビールとなり、鮎1匹目は少し焼き過ぎな気もしましたが、2匹目は丁度良い塩梅でした。

 

f:id:nichinichisou0808:20170626141628j:image今回、滞在時間を3時間に設定したのは間違いでした。次は郡上おどりの間に一泊しながらゆっくりと見物したいと思います。

 

f:id:nichinichisou0808:20170627050647j:image

f:id:nichinichisou0808:20170627050701j:image

最後は岐阜駅前に停車していた信長・濃姫仕様バスです。

 

本日は以上となります。

 

岐阜県長良川で鵜飼見物をする

本日は岐阜県で行われている伝統の鮎漁「ぎふ長良川鵜飼」を見物した記事になります。

 

f:id:nichinichisou0808:20170626114401j:image

 

6/24,25,26と2泊3日で岐阜県をまわってきましたが、毎回大垣だけでも何ですから、今回は長良川での鵜飼見物を組み込みました。(勿論、聖地大垣にも行きましたが、今回は記事を分離します)

 

◾️乗舟場にて

 f:id:nichinichisou0808:20170626114229j:image

まずはこちらで係員に予約してある旨を伝え、乗船券を受け取りますが、今回はTさん、Mさん、S君と私の4人で舟を1艘貸し切りました。

 

実際の鵜飼漁をよく見えるのが舟の先頭の席だと聞いていたので、絶対にバッチリ見たい私達にとっては乗合舟の選択肢はありませんでした。 

f:id:nichinichisou0808:20170626114302j:image

f:id:nichinichisou0808:20170625080943j:image

京都宇治の鵜飼乗り場もそうでしたが、迫力ある鵜の絵がお出迎えしてくれます。

 

◾️鵜匠による鵜飼漁の説明

f:id:nichinichisou0808:20170626114327j:image

f:id:nichinichisou0808:20170626114340j:image

乗船前に鵜匠が鵜飼などの説明があり、要約すると以下となります。

長良川鵜飼の鵜匠は6人である

・鵜匠の身分は国家公務員となる

・鵜匠は長男の世襲となっている

・鵜は海鵜となり茨城県でのみ捕獲ができる

・鵜は20年程働いてくれる

・年に数回皇室献上用に漁を行う

 

他、実際に鵜が鮎を飲み鵜匠が吐き出させる実演をしてくださいました。

 

◾️そして乗舟

さっそく私達も舟に乗り込みますが、とある人から本日の船頭さんはベテランでテクニックもある、とお聞きしたので俄然楽しみになりました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170626114706j:image

乗船すると本日の注意事項と鵜飼漁についての補足説明が入ります。

・鮎が夜に落ち着いている時、舟の篝火や鵜匠が舟を叩いて驚かせ、寝ぼけているところを狙う

・鵜は篝火に反射した鮎などの鱗めがけて水中を突進する

・鵜は必ず鮎をくちばしで引っ掛けて、頭から飲み込む

・鵜のくちばし跡のある鮎は料亭などで高値取引される

・6人の鵜匠の舟位置は毎日のくじ引きで決定される

・鵜匠の舟は長さ12mに対して幅は90cmしかない

 

f:id:nichinichisou0808:20170626114629j:image

 舟が乗船場からでると上流に上っていきます。

  

◾️舟上で宴会

f:id:nichinichisou0808:20170626115144j:image

鵜飼漁が始まるまでの間は各観光舟は川岸につけ、お客は食事をしたりお酒を飲みながら過ごします。

 

f:id:nichinichisou0808:20170626115204j:image

私達はMさんが手配しておいてくれた天然鮎づくしのお弁当をつまみ、お酒をいただきながら待つことにしました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170626115225j:image

途中、ボランティアの方の鵜飼説明を聞きながらも酒がすすみます。

どうやら世界的な歴史遺産登録を狙っているようなので、心の中で精一杯応援します。

 

ここでS君が持ち寄った日本酒2本を取り出しましたが、その内の1本は「月の井」だったのでS君以外の全員が驚きました。

f:id:nichinichisou0808:20170626115247j:image

ガルパン」の聖地、大洗にある酒造です。しかも、彼の後輩さんが月乃井酒造店で酒造りをしているとのことで、さらに驚きながらもありがたく頂きました。

非常に優れた味の無濾過生原酒となっとおり、お米は山田錦かな?という感じでした。

 

f:id:nichinichisou0808:20170625081400j:image

そして陽が落ちると船内の灯りの下、酒宴は続きます。

 

◾️トイレ専用船

そろそろ漁の時間が近づいてきたので洗面所に向かいますが、、、こちらが日本に2艘しかない(とお聞きした)トイレ専用船です。

f:id:nichinichisou0808:20170626115454j:image

もちろん男女別、扇風機もあれば水洗トイレです。

 

◾️漁の開始

この日は19:45分に漁が開始される予定で、時間になると合図の花火が数発上がります。

この合図によって、近隣ホテルや住民の方は可能な限り屋内の灯りを落とし、漁に協力してくれるのです。

f:id:nichinichisou0808:20170625081448j:image

鵜匠の舟がやってきました。鵜匠は6人なので舟は6艘あるわけですが、1人の鵜匠に3艘の観光船が漁を邪魔しない距離から随行します。

 

f:id:nichinichisou0808:20170626115536j:image

ここで観光船は3艘をロープで結んで一体となりますが、三国志ならば「赤壁の戦い」「連環の計」といったところでしょうか。

 

鵜匠が掛け声をあげながら、鵜と繋がった手綱(名称は失念しました)を操ります。

f:id:nichinichisou0808:20170625081534j:image

f:id:nichinichisou0808:20170626115606j:image

f:id:nichinichisou0808:20170626115606j:image

f:id:nichinichisou0808:20170626115640j:image

 

私たちの船頭さんは他の連環舟2艘が引き上げた後も、しばらく鵜匠の舟と併走してくれました。

f:id:nichinichisou0808:20170626115700j:image

(実は事前に大垣の知り合いの方が、船頭さんがお客さんをより楽しませてくれるであろう方法を私に教えてくれたのです)

 

◾️追い込み漁

今度は全ての観客舟が川に並び、鵜匠の6艘の舟が隊列を組んで川上から下ってきます。

先頭の鵜匠舟は水深の1番深い場所を進み、2番手から6番手の鵜匠舟までが、徐々に浅瀬寄りに並びながら鮎を追い込んでいく漁法です。

f:id:nichinichisou0808:20170626115828j:image

f:id:nichinichisou0808:20170626115911j:image

実はこちらの方が本来の漁法とのことですが、何でしょうかこの既視感、、、うーん、「多摩川競艇最終コーナー」ですかね。

 

そして追い込み漁が終わると本日の漁は終わりとなり、鵜は舟に上がって食事タイムとなるそうです。

 

私はずっと見たいと思っていた鵜飼を見られたのですが、これはまさに「贅沢な遊び」だと思いながらも、次は宇治川の鵜飼が気になるのでした。

 

本日は以上となります。