聖地巡礼に酒とオーディオは必要

旅行、オーディオ、酒の話題がメインになると思います

朝から赤羽で呑む

赤羽と言う街はとても魅力的です。

特に左党の皆様には聖地ではないでしょうか。

 

・朝から呑める、ひたすら呑める

・格安立呑み店から落ち着いた店まで豊富

・そして以外と夜は早い(ある意味健全?)

 

その他のことはよく知りませんが、赤羽在住の方もそう言っていましたから、間違いはないでしょう。

 

と言うことで、いつものMさん、Tさんと赤羽駅集合8:50になりました。

 

目指す1軒目は酒呑みの聖地「まるます家」です。

こちらは朝から呑めるだけでなく、川魚を筆頭に素晴らしい料理が沢山あるのです。

普段の私は飛鳥山公園の桜を見た帰りに寄るのが通例なのですが、今回は開店ダッシュです。

朝から「しじみ習慣」を4粒飲み、体の準備も万端です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170224014531j:image

開店前、既に数人が並んでいます。

開店と同時にテーブルに着席します。

f:id:nichinichisou0808:20170224013931j:image

いつもでしたら一杯目は生ビールなのですが、今日は事前に聞いておいた名物「ジャン酎モヒート」です。

 

サッパリとしていてお料理とよく合う、あまり主張の強くない味です。

ラムのモヒートほどアルコールも高く無いので、次々とジョッキが空になっていきます。

 

f:id:nichinichisou0808:20170224013957j:image

鯉の刺身です。

相変わらず注文してから供されるまでの時間が短いです。

f:id:nichinichisou0808:20170224014023j:image

里芋の揚げ物です。常連さんにも大人気だとか。

f:id:nichinichisou0808:20170224014050j:image

どじょうとじです。

あとは鯉こくなどを注文したかと思います。

 

ここで鰻でも注文するのが常なのですが、本日は程よいところで切り上げです。(11:20分頃)

 

f:id:nichinichisou0808:20170224014119j:image

そう、2軒目には鰻・鳥料理の「川栄」に行くと決めておいたのです。

f:id:nichinichisou0808:20170224014200j:image

いきなり獺祭です。しかもこちらは2割3分もあるのですね。お通しまで獺祭!

f:id:nichinichisou0808:20170224014143j:image

ホロホロ鳥のバラ串です。

f:id:nichinichisou0808:20170224014226j:image

うなぎは1人1枚注文とのことで、タレ、白焼などを頼みました。

また、本日は鰻の肝が出せるとのことなので、勿論注文します。

f:id:nichinichisou0808:20170224014250j:image

ホロホロ鳥の鶏皮ポン酢です。

f:id:nichinichisou0808:20170224014311j:image

鰻のオムレツです。 

 

どうやらこちらの川栄さんは、孤独のグルメTVに出ていたのですね。

赤羽はまるます家だと思っていたので、驚きです。

本日は2店舗ともに大満足でした。

 

最後は「それでは、もう一軒」なんてい 言いながら一句詠んで見たいものです。