聖地巡礼に酒は必要

東海・近畿旅行、酒場、オーディオ系メイン

東海・関西牡蠣三昧

本日は三重県で食べられる養殖牡蠣の「的矢かき」をメインに、京都、大阪での牡蠣食べまくりツアーです。

 

いままでに牡蠣には3回あたっていますが、どうにもやめられません。

スーパーで生食用のパック牡蠣を購入して食べるくらいには好きです。

(ご注意・・・今回紹介するお店と食中毒は一切関係ございません)

 

f:id:nichinichisou0808:20170323184804j:image

f:id:nichinichisou0808:20170323192240j:image

近鉄なんば駅より「伊勢志摩ライナー」に乗車します。 

 

f:id:nichinichisou0808:20170323184856j:image

座席3列のデラックスカーです。

ホント、関西の私鉄はサービスが行き届いてますよね。

 

f:id:nichinichisou0808:20170323185033j:image

志摩磯部駅で下車し、待つこと10分程度。

 

f:id:nichinichisou0808:20170323185125j:image

送迎のバスが来てくれます。

 

f:id:nichinichisou0808:20170323185231j:image

バスに乗車して20分程度で「いかだ荘山上」到着し、早速牡蠣のコースの始まりです。

 

メニューは以下の通りとなります。

前菜3種盛り・生牡蠣 3個・焼牡蠣 2個・牡蠣伝法焼き・牡蠣蕎麦・牡蠣フライ・牡蠣土手鍋・牡蠣寿司・牡蠣土瓶蒸し(秋季) 又は 牡蠣蕪蒸し(冬季)・牡蠣御飯・牡蠣味噌汁・デザート

f:id:nichinichisou0808:20170323185514j:image

f:id:nichinichisou0808:20170323185532j:image

f:id:nichinichisou0808:20170325161050j:image

f:id:nichinichisou0808:20170323185554j:image

f:id:nichinichisou0808:20170323185807j:image

f:id:nichinichisou0808:20170323185844j:image

f:id:nichinichisou0808:20170323185654j:image

f:id:nichinichisou0808:20170323185730j:image

f:id:nichinichisou0808:20170323185751j:image

f:id:nichinichisou0808:20170323185824j:image

趣向の凝らされた牡蠣料理が次々と出てくるので、飽きることなくいただけます。

 

f:id:nichinichisou0808:20170323191110j:image

f:id:nichinichisou0808:20170323192725j:image

館内から見られる的矢湾です。ここで牡蠣養殖をしているのですね。

伊勢志摩は関東からですとアクセスにやや難がありますが、伊勢神宮のついでなどにオススメです。

 

そしてこの日は大阪方面に戻ります。

京都「大安」で生牡蠣、夜は池田の「かき峰」で牡蠣コースをいただきます。

 f:id:nichinichisou0808:20170324051718j:image

f:id:nichinichisou0808:20170324051739j:image

錦市場「大安」で生牡蠣をいただきます。

 

f:id:nichinichisou0808:20170324051843j:image

そして池田に移動し、「かき峰」で牡蠣をいただきます。

 

f:id:nichinichisou0808:20170324051929j:image

牡蠣酢です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170324051955j:image

牡蠣鍋に。

 

f:id:nichinichisou0808:20170324052014j:image

牡蠣フライです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170324052033j:image

締めは牡蠣ごはんです。

かなり満腹となります。

 

「かき峰」さんは10月から3月末までの季節営業となりますから、注意が必要です。

 

以上です。