読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖地巡礼に酒とオーディオは必要

旅行、オーディオ、酒がメインになると思います

ぷらっとこだま旅行

近頃は趣味と生き甲斐のため、特に東京〜名古屋を往き来する事が多くなりました。

f:id:nichinichisou0808:20170409171415j:image

回数が増えるとやはり出費は抑えたいものですが、限られた休日を有効に使いたいともおもいます。

何度か色々な手段で往き来し、片道の運賃や料金、所要時間と快適度を比較すると、「ぷらっとこだま」を利用となることが増えて来ました。

 

そこで、今回は「ぷらっとこだま」がいかに楽しいのかを記事にしてみました。

(金額及び時間に関しては、個人調査のため誤差などがあるかもしれません)

 

◼️東京〜名古屋の運賃料金と所要時間を参考比較してみましたが、「ぷらっとこだま」が1番バランスが良いかと思います。

 

ちなみに、「のぞみ」との価格差は距離が伸びるほどおトクになり、東京〜新大阪ならば、指定席で4000程度、グリーン車ならば6000円以上は安くなるかとおもいます。

 

①「のぞみ」指定席利用時

価格は11100円程度

所要時間は1時間45分程度

(金券屋、JR東海株主優待などもありますが、今回は割愛します)

 

②JR高速バス

価格は4000円前後〜5750円

所要時間は最速で5時間程度だが、道路状況で遅れる事が多い

 

ぷらっとこだま指定席利用時

価格は8300円程度

所要時間は2時間45分程度

 

◼️次に「ぷらっとこだま」利用による個人的なメリット及びデメリットを記載します。

ここでは「ぷらっとこだま」でも特にオススメのグリーン車プランで比較します。

 

①個人的メリット

・東京〜名古屋ならば+1000でN700系グリーン車に乗車も可能(正規購入の指定席より安価)

・普段は乗車できないグリーン車を長時間満喫可能

・途中停車駅で通過待ち時間が多いので、(例えば)浜松駅でうなぎ弁当などの名産が買える

・ドリンク引換券で缶ビール等1本が駅売店で無料引換可能

グリーン車ならば車内がとても静か

 

②デメリット(かもしれない)

・購入後の乗車変更は不可(キャンセル後の再購入となり、手数料が掛かる)

・乗車駅と下車駅は絶対に変更不可(一部区間では許可)

・新大阪〜東京は「のぞみ」の所要時間プラス1時間半の約4時間と長い

・「こだま」の車内販売は一切なし

・乗降駅にて在来線との連絡改札は使用できないため、遠回りすることもしばしば

 

◼️乗車券の入手方法

旅行券の購入はJR東海ツアーズHP、同店舗、一部のJTB店舗(手数料無料)で可能です。

 

◼️グリーン車(N700)をオススメする理由

f:id:nichinichisou0808:20170403224639j:image

こちらが車内です。

平日乗車ならば、名古屋〜東京でこのような乗車率かと思います。

また、ぷらっとこだまJR東海ツアーズが提供しているからか、東京〜名古屋の本数が多いので、名古屋始発は車内がさらに静かかもしれません。

 

f:id:nichinichisou0808:20170403224705j:image

座席は前後左右にスペースが広く取られています。

 

f:id:nichinichisou0808:20170403224714j:image

クッションも厚く、振動が少ないために快適に過ごせます。 

 

f:id:nichinichisou0808:20170409165655j:image

参考までに、こちらが指定席です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170403224846j:image

フットレストがあります。

こちらは靴でもokです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170403224726j:image

展開すると土足禁止のフットレストです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170403224742j:image

座席のリクライニングは電動です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170403224801j:image

隣席との肘置きもワイドなので、譲り合う必要もありません。

そしてコンセントも全座席に1つずつあります。

 

f:id:nichinichisou0808:20170403224818j:image

読者灯となります。

 

f:id:nichinichisou0808:20170403224835j:image

こちらはエアコンの送風口を調整可能です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170403224903j:image

指定席よりも安く乗車できたので、弁当とビール(一本は無料)も買うことができました。

 

◼️途中停車駅での売店購入

途中通過待ちの最中に、各駅の名産などが購入できますが、発車時間には注意しましょう。

 

f:id:nichinichisou0808:20170409170357j:image

豊橋駅で購入した名産おつまみです。

(売店は改札外でしたが、駅員さんにお願いしてみたら許可されました)

 

f:id:nichinichisou0808:20170409170440j:image

三島駅ホームで購入したサンドイッチです。

 

今回写真はありませんが、家族への土産は浜松駅で通過待ちの間に購入した、うなぎ弁当にしました。

 

◼️まとめ

この記事を書いているのも「ぷらっとこだま」内となります。

旅のスタイルは皆様それぞれですが、「ぷらっとこだま」はやや速達性は劣りますが、出費は抑えらる上にグリーンならば快適な時間が過ごせます。

旅行の移動時間ものんびりと楽しもうとお考えならば、ぷらっとこだまグリーン車プランはとてもオススメです。