読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖地巡礼に酒とオーディオは必要

旅行、オーディオ、酒がメインになると思います

大垣で桜の散り始めを見る

4月15日は「聲の形」作中で将也が人生の最終日に設定をしていた日です。

私も同日を区切りとして生まれ変わると決心した・・・様なそうでもない様な。

そして、生まれ変わるならば鋼の肝臓を希望します。。。

 

その他、散り始めた桜見物と久々の映画観賞、京都在住の友人との呑みを併せて、

なんと3週末連続しての大垣入りとなりました。

 

しかし、悲しいかな経済的事情から東京〜名古屋往復の交通費に制限が出てきました。

 

この3週間の経路ですが、1週目は往復「のぞみ」、2週目は復路「ぷらっとこだま」、

そして今週は一気に往復JR高速バスです。

先週のエントリーで「ぷらっとこだま」を推していた癖に、早速の裏切り事案発生です。

 

価格を見るとJRバスは往復割引運賃で8550円(クレカ支払)となり、ぷらっとこだま指定席の

片道代金とほぼ同額です。

(JRバスは早割を使えればさらに-1000円程度、他バス事業者ならば往復で6000円も可能)

 

しかし、道路状況に大きく左右される所要時間に納得して乗車する必要もあるので、

時間に正確性を求める時の使用は避けたいですね。

ちなみに、この路線の定期便は全車両にトイレがありますので渋滞になっても安心です。

 

 

 f:id:nichinichisou0808:20170416155514j:image

今回は東京駅のバスターミナルより出発します。

 

f:id:nichinichisou0808:20170416092553j:image

東京駅7時発のスーパーライナー名古屋行きです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170416092707j:image

出発5分前にバスが入ってきましたが、あまり見慣れないカラーリングです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170416092816j:image

運行バス会社について調べましたが、「JRバステック」なるJRバスの子会社であり、

ネット乗車感想も上々の通り、とても安全な運行でした。

 

f:id:nichinichisou0808:20170416093036j:image

4列座席ではありますが、足元は広く、肘置きもしっかりしています。

また、各座席にコンセントも装備されていました。

 

と、バス自体は快適でしたが、東名高速神奈川県内での事故渋滞により、名古屋までの

予定所要時間の6時間を大きく上回る8時間もかかってしまいました。

しかも座席が1Aだったお陰で、果てしない渋滞を1時間以上眺めていました。

 

そして今回、JRバスの東京〜名古屋間東名路線には以下の2種類があり、基本的な運賃差

はありませんが、経路と所要時間に差があることを知りました。

(私が利用する範囲内での調査ですので、全ての便に当てはまるとはかぎりません)

 

◾︎スーパーライナー

すべての経路は東名高速を利用し、高速上にある約20箇所の停留所に必ず立ち寄ります。

停留所は高速道路上に設置されたものから、料金所付付近にあり、結構な割合で各停留所では

乗客の乗降が発生します。

そして名古屋駅から高速入口までは、千種や栄などの一般道を15km近く走行します。

また、休憩は3箇所でとります。

そのため、所定運行時でも所要時間は約6時間となります。

 

◾︎新東名Sライナー

新東名や伊勢湾自動車道を利用し、名古屋行きならば途中停留所はなし、東京行きならば

霞ヶ関駅の1箇所となり、休憩も2箇所となります。

名古屋駅からもすぐに高速道路に入るため、一般道の走行時間も大幅に短縮されます。

その結果、最短所要時間は5時間を切ります。

また、一部に3列シート車両での運用もあります。

 

以上です。

 

・・・ということで大垣に2時間近くの遅刻で到着し、友人と合流してから例の場所に向かいます。

f:id:nichinichisou0808:20170416095523j:image

f:id:nichinichisou0808:20170416155711j:image

f:id:nichinichisou0808:20170416155727j:image

f:id:nichinichisou0808:20170416155738j:image

f:id:nichinichisou0808:20170416155749j:image

いつもの橋の桜は丁度散り始めたようです。

 

16時頃、少し早いですが軽く呑みに初めてのお店に入ります。

作中で硝子が告白する新大橋の交差点角にある「大垣バール」さんです。

 f:id:nichinichisou0808:20170416095911j:image

f:id:nichinichisou0808:20170416100000j:image

奥に見える鍋はおでんです。 

 

f:id:nichinichisou0808:20170416100018j:image

マスターは大阪の新世界で串揚げに惚れ、ここ大垣で出店されたとのこと。 

養老豚の串かつがとても美味しかったです。

また、現在満開の薄墨色からこれから行なわれる大垣祭、夏の花火大会の事を

色々と熱く語ってくれました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170416100558j:image

そして私的に大垣と言えばこれです。

間違っていなければ、国内で唯一上映しているのがこちらの「コロナワールド大垣」となります。

 

友人は京都に帰り(余裕で日帰り可能でうらやましい)、私は夜桜見物に向かいました。

もちろん歩きながら聴く音楽は「聲の形」のサントラですw

f:id:nichinichisou0808:20170416155826j:image 

 

そして翌朝、帰りのバスは名古屋駅より「新東名Sライナー」に乗車します。

f:id:nichinichisou0808:20170416101457j:image

こちらはJRバス関東による運行です。

(本心は後ろに写っている速い列車に乗車したかったかも・・・)

 

f:id:nichinichisou0808:20170416101539j:image 

車内はほぼ行きと同様ですが、各座席の電源がUSBとなっています。

こちらの方がACDCの変換が不用な分、安く設置できるのではないでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20170416155858j:image

足柄SAから見えた富士山です。

 

道路状況は良好で、首都高渋谷付近で長距離舗装による渋滞がありましたが、

霞ヶ関駅到着は定刻の5分遅延でした。

 

次回は元ツアーバスの「ウィラートラベル」に挑戦しようか悩んでいます。

 

以上となります。