聖地巡礼に酒は必要

旅行、酒、食べ物、ホームオーディオがメインになると思いますが、雑記も書きます。

大垣と養老公園で新緑を見る

本日はG.W.初日とされる29日から1泊で単身、大垣を訪れた記事となります。

 

今回大垣に行きたくなった理由は以下の通りです。

 

・新緑の大垣が見たい

・新調したスマホのカメラを使いたい

・5/13,14開催「大垣まつり」の情報収集もしたい

・そろそろ映画「聲の形」を観たい

 

そして今回の東京〜名古屋の経路は、往路は「ぷらっとこだま」、復路はJR高速バスとなります。

f:id:nichinichisou0808:20170430105905j:image

連休初日なので、道路渋滞を避けるために行きは列車にしたのですが、「ぷらっとこだま」の

指定席(N700車両)プランは完売状態、私の乗車したグリーン車プランも結構な乗車率でした。

 

f:id:nichinichisou0808:20170430110014j:image

この座席は家に欲しいかも・・・。

 

ぷらっとこだま」に付いて来る無料ドリンク引換券で”とりあえずビール”にしたのですが、

流石に朝6:30のアルコールは効きました。

小田原あたりで睡魔に襲われ、眼が覚めると豊橋周辺でした。

 

f:id:nichinichisou0808:20170430113549j:image

午前中に到着した大垣は晴れ渡っており、絶好の巡礼日和です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170430113707j:image

今回はJRの大垣駅に到着後、すぐに養老鉄道に乗り換えて養老駅を目指します。

大垣〜養老間はおおよそ25分程度です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170430113839j:image 

養老にある養老公園は「聲の形」作品中で将也と硝子がデートをしたスポットです。

私も養老には数回訪れましたが、新緑の季節も気になり、今回再訪しました。

 

養老駅から養老の滝までは徒歩で45分もみれば問題ありませんが、終始上り坂が続いた上に

最後は石段となっています。

f:id:nichinichisou0808:20170430185905j:image

f:id:nichinichisou0808:20170430184218j:image

 f:id:nichinichisou0808:20170430182810j:image

f:id:nichinichisou0808:20170430184232j:image

f:id:nichinichisou0808:20170430182826j:image

f:id:nichinichisou0808:20170430182910j:image

こちらが養老の滝となります。

 

 f:id:nichinichisou0808:20170430183019j:image

f:id:nichinichisou0808:20170430183036j:image

「親孝行のふるさと会館」に掲示されていたポスターを眼ざとく発見しました。

 

 f:id:nichinichisou0808:20170430183112j:image

f:id:nichinichisou0808:20170430183129j:image

聲の形」原作で将也たちが食べていたカレー屋さんだと思います。(楽市楽座内で営業)

近頃はずっと閉まっていたので店員さんに尋ねたところ、春の連休と秋の紅葉シーズンのみ

営業されているとのことです。

 

 

f:id:nichinichisou0808:20170430184250j:image

こちらは「天命反転地」です。

ここにいるととても心が落ち着く、、、はずでしたが、大型連休もあり、人が大勢いるわいるわ、

警備員まで配置しており個人的にはイマイチでした。

ちなみに入場料金は750円ですが、養老駅で切符回収時に申告をすれば、5/31までは無料となります。

 

一通り養老公園を見た後は大垣に戻り、いつもの場所を見てまわることにします。

f:id:nichinichisou0808:20170430183221j:image

大垣到着時、一帯は強風雷雨状態でしたが、暫くすると晴れ間が覗いてきました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170430183339j:image

f:id:nichinichisou0808:20170430183354j:image

f:id:nichinichisou0808:20170430184319j:image

f:id:nichinichisou0808:20170430185928j:image

f:id:nichinichisou0808:20170430183405j:image

なかなか綺麗な新緑となっていました。

 

そして、いい汗をかいた後は水分補給が必要なので、15時から営業している「大垣バール」さんに向かいます。

f:id:nichinichisou0808:20170430115740j:image

f:id:nichinichisou0808:20170430132906j:image

今日も元気でビールが美味しいのです。

アサヒスーパードライは揚げ物との相性がバッチリだと私は思っています。

 

f:id:nichinichisou0808:20170430115754j:image

こちらのお店は串揚の他、関東炊き(おでん)もやっていますが、玉ねぎ(写真右)は丸ごと一個を

昆布だしでじっくりと煮ているとのことで、最高に美味しかったです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170430115828j:image

店主に「大垣まつり」のことを聞いてみましたが、大垣ラブな方なので、祭から始まり大垣、

岐阜県のイベントを色々と教えてくださいました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170430115851j:image

そして大垣に来たからにはコレを観ないといけませんし、映画「聲の形」が観賞できるのは日本でココだけ!

 

・・・翌日は昨日勧められた「竹鼻別院」で藤の花を見るため、羽島市まで向かいます。

大垣駅からは路線バスに「岐阜羽島駅」まで乗車し、名鉄線の「新羽島駅」から2駅目の

羽島市役所前」駅下車となります。

f:id:nichinichisou0808:20170430183526j:image

f:id:nichinichisou0808:20170430183544j:image

f:id:nichinichisou0808:20170430183614j:image

とても見事な藤の花です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170430183627j:image

名古屋までは名鉄線に乗りますが、名鉄特急は料金不要車両と指定車両を併結して運行しているようです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170430120151j:image

この見事な建造物は、最近オープンした名古屋ゲートタワーだと思われます。

(間違っていたらスミマセン)

 

復路は名古屋駅新幹線口よりJR高速バス「新東名Sライナー」に乗車します。

f:id:nichinichisou0808:20170430130858j:image

f:id:nichinichisou0808:20170430183648j:image

f:id:nichinichisou0808:20170430183701j:image

今回は2階建3列シートの車両となり、JRバス東海の運行ですが、考えてみると東海のバスに

乗車するのは初めてかもしれません。

車内についてはトイレ付き、各座席にはUSB端子も装備されている上にハンガーまで用意されていました。

 

途中事故渋滞がありましたが、霞ヶ関駅には定刻の約30分遅延で到着です。

 f:id:nichinichisou0808:20170430163518j:image

f:id:nichinichisou0808:20170430163553j:image

人のいない霞ヶ関です。

 

以上となります。