聖地巡礼に酒は必要

東海・近畿旅行、酒場、オーディオ系メイン

大垣祭と「聲の形」巡礼を両立させたい

本日は5/13,14に開催された「大垣祭」と、私の年中行事である「聲の形」の聖地巡礼を楽しんできた記事となります。

f:id:nichinichisou0808:20170516191644j:image

今回ももちろん「ぷらっとこだま」で名古屋に向かいますが、東京駅の新幹線口ではこの様なPVも流しており、期待が高まります。

f:id:nichinichisou0808:20170516192041j:image

 

大垣祭について下調べはしておきましたが、毎年20万人以上が訪れる上に、今回は「大垣祭の軕(やま)行事」がユネスコ認定後最初の開催のため、地元の方から混雑は未知数と聞いていました。ちょっと心配です・・・。

 

ここで簡単に大垣祭の内容ですが、13両の軕が街中をまわったり、夜は提灯を点灯しながら八幡神社を周回します。

「軕」というのは所謂「山車」のことで、各地の祭により「屋台」や「山鉾」などと呼ばれています。

大垣の軕は1両1両それぞれ趣向が凝らされており、からくり人形の軕から人が舞踊を披露するタイプのものまであります。

f:id:nichinichisou0808:20170515201652j:image

f:id:nichinichisou0808:20170515201721j:image

f:id:nichinichisou0808:20170515201739j:image

 

こちらの軕は1658年に「鯰(なまず)軕」と改名以降、この姿を維持しているとのことです。

f:id:nichinichisou0808:20170516181614j:image

 

今回初参加の私は、もちろん13両の軕すべてを見たいのもありますが、じっくりと堪能したいとも考えていましたので、勝手に贔屓の軕を決めることにしました。

「いつもの橋」と「西宮家」から一番近くに格納されている、俵町の「浦嶋軕」です。

f:id:nichinichisou0808:20170516181638j:image

f:id:nichinichisou0808:20170516181723j:image

浦嶋軕は普段、この様に大切に保管されています。

  

◼️5/13 (土曜日)

大垣駅には10時頃到着しましたが、あいにくの雨模様です。しかし、駅前ストリートはすでに屋台の準備と開店が相次いでいます。

この大垣祭に出店される屋台数は500オーバーとのことです。

f:id:nichinichisou0808:20170515201827j:image

 

雨天のより昼前の時点で本日は軕が出てくるかが未定でした。

そのため先に聖地巡礼(と言っても何時もの橋ですが)をすることにしました。

今となっては自分の部屋の次に心が落ち着く場所です。

f:id:nichinichisou0808:20170515201849j:image

f:id:nichinichisou0808:20170515201921j:image

f:id:nichinichisou0808:20170515201939j:image

 

お昼は「すし半」さんでスペシャルランチを頂きます。お酒代は抜きにして、これで1000円とはお値打ちだと思います。

f:id:nichinichisou0808:20170515201957j:image

 

午後になると雨も上がり、順次軕が出場してきました。

こちらが浦嶋軕となります。

f:id:nichinichisou0808:20170516182210j:image

 

夕方からは定例行事の「映画を観る」ですが、おそらく大垣で「聲の形」を鑑賞するのは今回が最後になると思います。

いよいよ今週はブルーレイ/DVDが発売されるのです。

f:id:nichinichisou0808:20170515172620j:image

 

そして夜は「八幡神社」に集合し、ライトアップされた軕の見物に行きます。

f:id:nichinichisou0808:20170515202051j:image

f:id:nichinichisou0808:20170515202322j:image

f:id:nichinichisou0808:20170515202346j:image

 

最後まで見たかったのですが、あまりの人の多さに疲れてしまい途中でホテルに戻りました。

f:id:nichinichisou0808:20170515202536j:image

f:id:nichinichisou0808:20170515202558j:image

 

◼️5/14 日曜日

この日は朝8:45から八幡神社の前で、軕が一台ずつ芸を披露します。(奉芸)

奉芸は1両あたり10分前後となっています。

f:id:nichinichisou0808:20170516051037j:image

 

鳥居前で軕が転回する時は、大きな掛け声とともに軕が前のめりとなります。

f:id:nichinichisou0808:20170516051100j:image

 

出番を待っている軕はこのように一列に待機をしています。

f:id:nichinichisou0808:20170515202756j:image 

 

そしていよいよ、浦島軕の番となりました。

実はからくり亀の口からピンポン玉が定期的に飛び出します。

 f:id:nichinichisou0808:20170515202903j:image

 f:id:nichinichisou0808:20170515202924j:image

 

最前列では子供たちがピンポン玉を手に入れるべく、亀の首の動きに合わせて右往左往しています。

f:id:nichinichisou0808:20170515203119j:image

 

朝の行事を見て満足したので、晴天の下、人が少ないであろう聖地巡礼に向かったのですが・・・、こちらも人が大勢です。

しかも、ご丁寧に進行方向まで指示する看板が掲示してあります。

f:id:nichinichisou0808:20170515203233j:image

f:id:nichinichisou0808:20170515203327j:image

実はこれ、JR東海が定期主催する「さわやかウォーキング」の参加者さんであり、パンフレットにも「映画の舞台」ときっちりと掲載されていました。

f:id:nichinichisou0808:20170516183136j:image

f:id:nichinichisou0808:20170516204447j:image

 

観光協会芭蕉結びの地」の館内で見つけた素晴らしい芸術作品を写真に収めました。

f:id:nichinichisou0808:20170516050035j:image

巡礼者が記入する足跡ノートも3冊目となっていました。

f:id:nichinichisou0808:20170516183215j:image

 

f:id:nichinichisou0808:20170516183443j:image

そして更に増えた人の中を歩きながら、「大垣バール」で昼ビール&串揚げ&おでんをいただきます。

流石祭りの日なので、店内は瞬く間に満席となり、店主も大忙しでした。

f:id:nichinichisou0808:20170516183314j:image

 

・・・まだまだ祭行事があるのですが、この日は用事のため13:30には大垣を後にしました。

来年は是非フル参加をしたいと思っています。

 

帰路の「ぷらっとこだま」は久々の700系、しかもJR西日本所属の車両でした。

f:id:nichinichisou0808:20170516183616j:image

f:id:nichinichisou0808:20170516183602j:image

 

◾️都心で聖地巡礼

G.W.中には新宿で呑む用事の前に、都心で劇場版「聲の形」の巡礼をしました。

将也が通っている高校のモデルとのことです。(本編EDに校名が出ていました)

f:id:nichinichisou0808:20170516183948j:image

 

本日は以上となります。