読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖地巡礼に酒とオーディオは必要

旅行、オーディオ、酒がメインになると思います

モバイルSuicaに移行してみました

本日はJR東日本が提供するサービス「モバイルSuica」について記事にします。

 

余談ではありますが、少し前は日本中のIC乗車券を集める意気込みでしたが、早々に頓挫した過去があります。

f:id:nichinichisou0808:20170521072736j:image

 

◾️移行前に悩んだこと

iPhone7に移行した直後もモバイルSuicaのことは気になりましたが、定期券と携帯電話をまとめることに抵抗がありました。

最悪iPhone7を紛失・破損した場合のクリティカルな問題から、家や事業所に置き忘れた場合の切符代金出費のリスクから躊躇していました。

といいますか、つい最近までカード型Suicaと比較してメリットが見出せませんでした。

 

しかし、以下の点から「試験的」に移行をしてみました。

①「えきねっと」ポイントやTポイントをモバイルSuicaに集約したい

② 基本いつでもクレカからチャージが可能 ※会員種別によります

④ 提携するJR東海のエクスプレスカードで、東海道新幹線の割引率が高いらしい (調査中)

⑤ 東北新幹線が「えきねっと」よりも安価に乗車券を購入できるらしい (調査中)

⑥ IT技術者としてiPhoneの新技術を利用したい

 

◾️まずはiPhone7にSuica(定期)を登録

こちらが今まで使用していたカード型Suica定期です。このカード情報をiPhone7のモバイルSuicaアプリに移行します。

f:id:nichinichisou0808:20170520134750j:image

 

初期状態でモバイルSuicaアプリ内にはSuicaは1枚も登録されていません。

f:id:nichinichisou0808:20170520134951p:image

 

Suicaカードの取り込みを選択します。

f:id:nichinichisou0808:20170520135112p:image

f:id:nichinichisou0808:20170520135257p:image

f:id:nichinichisou0808:20170520161842j:image

カードSuicaの情報も入力します。

f:id:nichinichisou0808:20170520144019p:image

 

図の様にSuicaとiPhone7を配置し、カードSuicaからデータを移行します。

f:id:nichinichisou0808:20170520135342p:image

f:id:nichinichisou0808:20170520135408p:image

これだけで登録完了です。「エクスプレスカード」とは、iPhone7上で最優先に使用するカードの設定であり、基本はスタンバイ状態の端末を改札やお店のリーダーに近付けるだけで処理が完了します。

f:id:nichinichisou0808:20170520160949j:image

 

◾️モバイルSuicaには種類がある

次の3種類があります。

モバイルSuica (viewカード)

   年会費無料となっており、オートチャージに対応します。

モバイルSuica (その他クレカ)

   基本仕様はviewカードと同様ですが、年会費がかかり、オートチャージには非対応です。

モバイルSuica Easy

   クレカよるチャージや特急券購入などができません。キャリア決済によるチャージには対応しています。

 

◾️モバイルSuicaにクレジットカードを登録・チャージする

私は定期、切符、買い物をモバイルSuicaで一括管理にしたいので、クレジットカードを登録しました。

ただし、viewカード以外のクレカ登録は年会費が発生します。

 

モバイルSuicaアプリ経由でチャージをしてみます。以下の画面がモバイルSuicaアプリの基本画面となります。

f:id:nichinichisou0808:20170520141004p:image

チャージはクレジットカードとapple Payから選択ができるようです。今回はクレカから1000円分をチャージをしてみました。

また、モバイルSuicaのカードにはユニークネームが設定可能です。(下図)

f:id:nichinichisou0808:20170520141219p:image

 

◾️「えきねっと」ポイントをモバイルSuicaに変換する

これが今回のメインでもあります。私は毎年「えきねっとポイント」を期限切れ失効としていましたが、1えきねっとポイント=2.5Suicaポイントなので、利用しないのは勿体無いと考えました。

しかし、ポイント移行ははっきり言って手間がかかりました。

 

1. Suicaポイントクラブへ会員登録をする

2. モバイルSuica会員になる

3.「えきねっと」からSuicaポイントクラブへのえきねっとポイント移行手続きをする

4. SuicaポイントクラブからSuicaへのチャージを設定する

5. 登録メアドにチャージ確認メールが届くので、最終処理を行うと即時入金がされている

f:id:nichinichisou0808:20170520142743p:image

 

◾️実際にモバイルSuicaを使用してみる

とは言っても、ビビりな私はいきなり自動改札機デビューができませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20170519150209j:image

Touch IDの存在を知らなかったので、ホームボタンをタップすることになかなかきづきませんでしたが、無事にドリンクが購入できました。

 

また、この日はJR定期使用、西武線チャージ払い、ローソンSuica払いを体験しましたが、無事に切り抜けることができました。

自動改札機はスキャンもスムーズでしたが、私はiPhoneをケースに入れずに使用しているため、端末が傷だらけになる危険性が、、、また、ローソンでは決済時にiPhone7からTouch IDの操作が必要でした。

 

◾️その他

モバイルSuicaは複数枚所持できる

モバイルSuicaアプリ内では複数枚のSuicaを作成し、切り替えかながらの利用が可能です。

また、ICカードでは必要だったデポジットは不用です。

f:id:nichinichisou0808:20170520144731p:image

実は間違って新規で追加登録したのですが

iPhoneの設定よりメインカードの指定ができます。

f:id:nichinichisou0808:20170520144828p:image

 

・デフォルト設定時、改札を通るたびに通知が表示される

改札を抜けるたびにエントリーが増えます。

f:id:nichinichisou0808:20170520155958p:image

 

◼️モバイルSuicaはアリか?

感想としては「少し早まったかな」というのもありますが、大体この手のサービスは他社との連携などもありますし、その辺を調査をしながらしばらくは使用してみようと思います。

あと心配事として、スマホが電池切れの場合はどうしましょう。

 

本日は以上となります。