聖地巡礼に酒とオーディオは必要

旅行、オーディオ、酒の話題がメインになると思います

映画「聲の形」の国内最終上映を観る

本日は映画「聲の形」が2016年の9月17日から公開され、その後私が約8か月の間同作品を鑑賞するための映画館通いをする最後の日となりました。

f:id:nichinichisou0808:20170520173152j:image

◾️複数回劇場に足を運ぶと気づくこと

今までも複数回劇場に足を運んだ作品ありますが、『ガールズ&パンツァー 劇場版』『たまこラブストーリー』『君の名は。』『エヴァンゲリオン 破』程度で、回数でも『聲の形』は桁違いの鑑賞回数となりました。

 

そして、各劇場に小まめに足を運んでいると、映画鑑賞券は必ずしも高額だといわれている1,800円ではなかったということです。

例えば大垣ならば、前売券、女性デー、男性デー、コロナの日やオンライン予約割引もあります。

 

◾️映画「聲の形」について

私は劇場版から入りましたが、もちろん原作も読破しました。映画批評は得意ではないので端的に書きますが、ここまで個性豊かな(誰でも欠点をもっている)人間を丁寧に描写した作品は稀有ではないでしょうか。

唯一劇場版で不満なのは、将也母と硝子母の呑みのシーンは入れて欲しかったなと。

(劇場版と原作では作品中の期間が違うのもありますが、あの2人の完全な和解シーンを観たかったです)

 

◾️ここ最近の「聲の形」上映館

4月初頭までは、新規の劇場や新宿ピカデリーで上映していた様ですが、4月の中旬頃からは国内では「大垣コロナシネマワールド」のみとなっていました。

その大垣でも5月19日に公開が終了しました。私は聖地大垣では5/13を最終観賞としましたが、昨秋からは月1回以上で通ってたので、少し寂しいです。(大垣にはまだまだ行きますが)

しかし、さすが聖地の鑑と言いたいのは、BD/DVDが発売するまで上映を続けていたことです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170519162759p:image

 f:id:nichinichisou0808:20170519162839p:image

大垣コロナシネマワールド最終日の朝の予約状況

 

観た回数でどうのということはないのですが、私が「聲の形」を観賞したのは25回を超え、聖地大垣では15回程度鑑賞しました。

f:id:nichinichisou0808:20170520173316j:image

オンラインチケット購入に移行後の観賞履歴

 

これからの人生で、劇場でここまでの回数同じ作品を観ることは無いと断言します。

(ガルパンの時もそう思ってましたがw)

そして5/17にはBD/DVDも発売されたので、それで納得しようと思っていました。

 

◾️リバイバル上映の決定

しかし、まだ終わりではなかったのです。

5/21日に丸の内ピカデリーリバイバル上映が決定しました。

もちろん行きますとも。

 

f:id:nichinichisou0808:20170519162928p:image

公式Twitterより引用

 

f:id:nichinichisou0808:20170519163024p:image

公演終了が日曜日の23時終了とはやりますね、、、私は事業所側にホテルを予約しました。

f:id:nichinichisou0808:20170521110552j:image

21日朝の時点で8割以上は埋まっている

 

◾️いよいよ上映日

そして本日、めでたく「丸の内ピカデリー2」でBD/DVD発売記念のリバイバル上映が開催されました。

f:id:nichinichisou0808:20170521233042j:image

f:id:nichinichisou0808:20170521233114j:image

舞台挨拶前にはBDの映像特典アニメーション2本が上映されました。

 

その後は声優の早見沙織さんら3人の舞台挨拶となりましたが、本作品は全国で30回の舞台挨拶が行われたそうです。

 

引き続き本編上映があり、上映終了は23時を過ぎていました。

 

・・・もう国内の劇場では観られないと思うと残念でなりませんが、私にとっての最高傑作です。

 

本日は以上となります。