聖地巡礼に酒は必要

東海・近畿旅行、酒場、オーディオ系メイン

アニメ発祥の地で北海道料理と酒を楽しむ

本日は西武池袋線の「大泉学園駅」にある北海道料理の呑み屋さんについて記事にします。

 

◾️大泉学園とはどんな町?

西武池袋線池袋駅から15分程度の所要時間で到着する、沿線内練馬区の高級住宅地です。

f:id:nichinichisou0808:20170522213746j:image

 

 「アニメ発祥のまち」と呼ばれる理由として、ここ大泉学園には「東映アニメーション」のスタジオがあります。

東映アニメーションと言えば「あしたのジョー」「銀河鉄道999」「美少女戦士セーラームーン」から、近頃では「プリキュア」シリーズなどの作品で知られた日本を代表するアニメ制作会社です。

 

また、漫画「釣りバカ日誌」のスーさんの自宅は大泉学園にある設定です。

(浜ちゃんは「ひばりヶ丘」に住んでいる設定した)

 

◾️駅構内がすでに東映アニメーション

待ち合わせまで少し時間があったので、駅周辺を軽く散策することにしました。

まず、駅ホームと構内から東映アニメーションワールドが全開です。

f:id:nichinichisou0808:20170522214035j:image

f:id:nichinichisou0808:20170522220145j:image

今年放映中のプリキュアの宣伝です。

丁度夕方のラッシュが始まり駅利用客が増えてきたので、おっさんの私がこの絵の写真を撮影するのには勇気が必要でした。。。

 

f:id:nichinichisou0808:20170522220203j:image

f:id:nichinichisou0808:20170523124743j:image

実は過去に何度か下車経験のある駅なのですが、前はこんなにアニメを前面に押し出してはいなかった気がします。

 

改札前には銀河鉄道999の車掌さんが見張っているので、正規のパスを所持していない悪質なキセル客は、銀河鉄道規則で宇宙に放り出されるかもしれません。

f:id:nichinichisou0808:20170522214402j:image 

 

銀河鉄道999と言えば、西武鉄道では長年ラッピング列車が走っています。

こちらは2代目のラッピング列車となります。

西武線で新・銀河鉄道999デザイン電車が出発進行!デビュー記念イベント実施!|練馬アニメーションサイト

 

 

◾️駅舎の外には・・・

駅北口には「大泉アニメゲート」があり、東映アニメーションの歴史紹介と人気キャラクターの銅像が設置されていました。

f:id:nichinichisou0808:20170522214848j:image

f:id:nichinichisou0808:20170522214902j:image

f:id:nichinichisou0808:20170522214919j:image

鉄腕アトムです。

子供の頃にTVでやっていた様な気はするのですが、あまり印象に残っていません。

手塚作品は幾つか好きなものがありますが、なぜか鉄腕アトムはあまり見なかったんですよね。

 

余談ですが、手塚先生が晩年を過ごしたのは東久留米市であり、今現在もお宅は残っています。

 

f:id:nichinichisou0808:20170522215003j:image

f:id:nichinichisou0808:20170523133630j:image

あしたのジョー」より矢吹丈です。

あしたのジョーと言えば個人的には無冠の帝王カーロス・リベラとの試合、減量に耐えられず深夜に屋台でうどんを食べるマンモス西が大好きです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170522215108j:image

銀河鉄道999」よりメーテル星野鉄郎です。

銀河鉄道999では「蛍の街」と「エルアラメインの歌声」、「これからの星」を現在でもDVDで良く観ます。

そして、どうせならばハーロック銅像も作って欲しかったです。(担当声優の井上真樹夫さんも最高です)

 

f:id:nichinichisou0808:20170522215256j:image 

うる星やつら」からはラムちゃんですが、それにしても駅前で際どい格好してますね。

 

アニメ版は高橋留美子と言うより、押井守の世界という感じがします。

・・・私は「めぞん一刻」の管理人さんの方が好きなんです。しかし、今考えるとあの人ってすごく面倒くさい性格かもしれません。

 

◾️早速呑み屋へ

本日のお店は、大泉学園駅から徒歩1分の好立地にある「酒蔵 あっけし」さんです。店名から漂う北海道さがいいですね。

実はこのお店、酒場のアイドル吉田類氏も訪れています。

f:id:nichinichisou0808:20170523125241j:image

f:id:nichinichisou0808:20170523130650j:image

f:id:nichinichisou0808:20170523130704j:image

厚岸直送の材料を使用した料理が多数あるので、都内に居ながら北海道が満喫できます。

本日は牡蠣が無いのだけが残念でした。

 

 f:id:nichinichisou0808:20170523142932j:image

まずは生ビールですが、こちらには大ジョッキがあります。

私の中では大ジョッキがあるだけで既に「デキる店」にカテゴライズされます。

そして流石北海道系店、サッポロの生ビールとなっています。

 

f:id:nichinichisou0808:20170523131514j:image

最初に来たメニューは「刺身サラダ」です。写真だと分かりづらいですが、台所で使うボール位の容器に野菜と刺身がてんこ盛りです。

刺身にドレッシングとたっぷりのマヨネーズをつけて頂くと最高です。

 

f:id:nichinichisou0808:20170523131156j:image

ほっけ焼きです。チェーン系呑み屋さんでは格安メニューとして認識されがちですが、こちらのは1000円近くします。その分とても肉厚で美味しかったです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170523131906j:image

ししゃもの天麩羅です。おそらくカペリンではなく正真正銘のししゃもだと思います。

ところで、北海道の武川で獲れる本ししゃもは、メスよりもオスの方が高級なんですよね。

 

f:id:nichinichisou0808:20170523132353j:image

f:id:nichinichisou0808:20170523133233j:image

日本酒も北海道の地酒が揃っています。

といいつつ私は黒龍を注文しました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170523132443j:image

f:id:nichinichisou0808:20170523132501j:image

f:id:nichinichisou0808:20170523132516j:image

日本酒になると塩気が欲しくなってくるのか、おつまみも塩気っぽいものが増えてきます。

 

流石に月曜日なので、本日はほどほどでお開きにしたかった、、、のですが、二軒目は焼き鳥屋さんでした。

f:id:nichinichisou0808:20170523133518j:image

夜の明かり下で見るとちょっと色っぽいかも?

 

本日は以上となります。