聖地巡礼に酒とオーディオは必要

旅行、オーディオ、酒の話題がメインになると思います

マランツ「HD-AMP1」とiOSハイレゾアプリの相性

本日は私が所有しているマランツアンプ「HD-AMP1」のUSB-DAC機能の相性について記事にします。

 

◾️はじめに

私はiPadProまたはiPhoneをLightningケーブルからマランツ「HD-AMP1」の背面USBに接続し、ハイレゾ再生環境を手軽に楽しんでいます。 

f:id:nichinichisou0808:20170630175441j:image

 

現在のオーディオ環境詳細につきましては以下をご覧ください。

 

そしてiPad Proで使用するハイレゾ対応音楽プレーヤーアプリを数本購入しましたが、現時点でほぼ全てのアプリ動作で不具合と思われる現象が発生しています。

 

購入アプリと簡単な感想は以下を是非ご覧ください。

 

◾️主な現象

以下に掲載するのはごく一部であり、まだまだあるところが困りものです。

 

・次曲遷移時に次曲のフォーマットが異なるファイルだと再生が停止し、アンプの再起動が必要となる

DSDの楽曲を再生すると、サンプリングレートが自動設定で192kに設定変更される

・とにかく再生音が途切え、ひどい時は永久ラップとなることも

・途中に再生が停止し、復帰にはアンプの再起動が必要なる 

・アンプ(アプリも)がDSD11.2対応だが、アプリ上では5.8までしか選択できなない

 

■アプリメーカー様調査結果

今回、2社に問い合わせを出しましたが、まず、以下の調査結果は要点のみを記載するため、すべての環境で同様の動作となる訳ではないことをご留意ください。

今回調査依頼した2社様ともにとても真摯な対応でした。

A社回答

- HD-AMP1 のiPhone接続時の相性
- HD-AMP1 とアプリとの相性
などの不具合が考えられそうですが、

アプリでは HD-AMP1
にて動作確認が出来ていない為、申し訳ございませんが、マランツ社へHD-AMP1とiOSバイスとの動作サポート状況についてお問い合わせいただけないでしょうか。

 

B社回答

お客様と同一環境にて弊社で不具合の検証を行いましたところ、ご申告されている不
具合を確認することができませんでした。
また、弊社アプリと「HD-AMP1」の相性が悪いため、正しく出力できていないことを確認しております。

 

まあ、予想通りの返答でしたが、特にB社様は私の環境を再現されたようです。さらにはメーカー様がハッキリと相性が悪いと言い切ったのもありがたい情報です。

 

私はB社のミュージックアプリは重宝しているので、次回は「正しく出力できない」とは何かを掘り下げて聞いてみたいと思います。

 

やはりこうなるとマランツに聞くことになるのでしょうけど、マランツのサポートってどうなんでしょうね(本当にしりません)

私のように据置アンプとの組み合わせで、iPadで音楽管理・再生をやる人は少ないのか、接続自体が想定外なのか。(PCのASIOやDAPが標準なのですかね) 

 

◾️業界標準iPhone準規

マランツオーディオが当てはまるかは置いておき、良くも悪くもこの業界はiPhoneが準拠となっています。答えは簡単で、世界中でiPhoneは売れているからです。聞いた話では、ある会社ではiPhoneを含めたスマホとの接続機器の開発をしていますが、iOSだけがマイナーVer.UP※をしただけで、商品の再点検を行うくらいです。

 

※iOS10.3.1〜10.3.2はマイナーアップデート        iOS10.3.2〜11はメジャーアップデート

 

◾️現在問題のない組み合わせ

結局「HD-AMP1」との接続で唯一問題がなさそうなのは、「WALKMAN ZX2」または「Fiio X3」となりますが、アップサンプリング機能は非搭載のため、少しさみしいです。

 

◾️他社のUSB-DACの機器相性は?

 多かれ少なかれあるようです。

 

■しかしHD-AMP1

現時点では少し残念な結果となったのですが、HD-AMP1の音はハイスピードで締まりもあり、とてもクリアなため、個人的にとても素晴らしいと思っています。なので暫くは使い続けますが、音楽を聴くのに「相性」の時代がやってきたと考えると困ったもんだなぁと思います。

もうアナログやCDでいいじゃん!

いっそ一個前のアンプに戻そうかしら、、、。

f:id:nichinichisou0808:20170630182004j:image

前に使用していたのマランツアンプです。

 

本日は以上となります。