聖地巡礼に酒とオーディオは必要

旅行、オーディオ、酒の話題がメインになると思います

大垣、名古屋でとにかく食べて呑む

本日は猛暑の東京を脱出したと思ったら、より酷暑であった大阪・京都・大垣・名古屋での旅行・巡礼記事②となります。

そして今回の旅の目的は、Tさんと大阪〜大垣〜名古屋で兎に角美味しいものを食べようツアーとなりました。

 

◾️まずは「聲の形聖地巡礼

f:id:nichinichisou0808:20170717020801j:image

一週間ぶりの大垣は更に暑さが増しており、少し歩いただけで頭から背中まで汗だくになる程ですが、それでも最低限の巡礼は行います。

そして聴く音楽は勿論「聲の形」のサントラです。

 

この位離れた距離から見る橋が好きです。

f:id:nichinichisou0808:20170717090300j:image

f:id:nichinichisou0808:20170717030952j:image

f:id:nichinichisou0808:20170717040246j:image

f:id:nichinichisou0808:20170717040532j:image

f:id:nichinichisou0808:20170717040651j:image

f:id:nichinichisou0808:20170717030126j:image

硝子が将也にあげるオーナメントを購入した花屋さんです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170717030207j:image

f:id:nichinichisou0808:20170717040336j:image

f:id:nichinichisou0808:20170717040349j:image

告白ポイントですが、ここの写真撮るの何度目かしら。

 

f:id:nichinichisou0808:20170717021056j:image

f:id:nichinichisou0808:20170717040147j:image

現行の市役所は見るたびに解体が進んでいます。

f:id:nichinichisou0808:20170717022805j:image

そしてホントに大垣は飛行機雲が多いです。

f:id:nichinichisou0808:20170717044604j:image

お猫様のいるこの場所は、工事直後で立ち入り禁止でしたw

 

◾️大垣呑み1軒目

1軒目は「すし半」さんとなり、近頃はようやく顔を覚えて貰えたかもしれません。

こちらは素材にこだわるお寿司屋さんという印象があります。 

f:id:nichinichisou0808:20170717050709j:image

f:id:nichinichisou0808:20170717021119j:image

f:id:nichinichisou0808:20170717021139j:image

お目当の天然鮎ですが、残念ながら数に限りがありました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170717021155j:image

鱧のおとしを梅肉でいただきます。

 

f:id:nichinichisou0808:20170717031310j:image

そして岩牡蠣となります。

 

f:id:nichinichisou0808:20170717032324j:image

鰹の味噌漬け焼きです。

 

◾️大垣呑み2軒目

2軒目は「大垣バール」さんです。

こちらではお陰様で名前で呼ばれるまでになり、また、なかなか予定が合わないのですが、飲み友達(大先輩ですが)もできました。

f:id:nichinichisou0808:20170717021224j:image

バールさんは夏でもおでん(関東炊き)は欠かしません。

 

f:id:nichinichisou0808:20170717021237j:image

紅生姜、玉葱、チューリップ(鶏肉)の串揚げです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170717021254j:image

玉葱のおでんは本当に絶品です。

そしてこの日も大垣の色々な事を教えてくれました。

 

f:id:nichinichisou0808:20170717032617j:image 

ちなみに私は次の大垣イベントはこちらに参加予定です。これは作中でも登場した重要なイベントなので、絶対に外せません。

また、8/3から8/6までは水都祭りも開催されるため、財布の中身と要相談です。

 

◾️大垣3軒目

そして次の目標店「盛升」さんが満員だったので、「寿司吉」さんに変更をしました。実は「すし半」さんとこちらのお店、同じ並びにあるのです。(間に一軒挟んだ隣同士です)

どちらも美味しいので、私は両方とも利用するようにしています。

f:id:nichinichisou0808:20170717032343j:image

f:id:nichinichisou0808:20170717021331j:image

f:id:nichinichisou0808:20170717021345j:image

大あさりの塩焼きです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170717021357j:image

天然鮎はなかったのですが、こちらはワタ醤油につけた鮎を少し干してから焼いた物となり、初めて食べる絶品鮎でした。

 

f:id:nichinichisou0808:20170717032911j:image 

鉄火巻きも江戸前風で美味しかったです。

 

そして大垣の夜は更けていきました。。。

 

◾️車窓から聖地

日曜日は午前中から名古屋に列車移動をします。 

こちらは大垣〜岐阜間の東海道線車窓となりますが、作中では将也と硝子が太陽女子学園に向かう途中の景色となります。

(以下作品本編の画像は実際の舞台との比較にのみ使用させていただきます)

f:id:nichinichisou0808:20170717043230p:image

f:id:nichinichisou0808:20170717021808p:image

 

f:id:nichinichisou0808:20170717043301p:image

f:id:nichinichisou0808:20170717043704p:image

 

◾️日曜日昼食 

こちらは名古屋名鉄百貨店内にある鰻店「まるや本店」です。11時開店なのに10時には50人近くの行列が出来上がります。

f:id:nichinichisou0808:20170717021514j:image

f:id:nichinichisou0808:20170717021526j:image

実はこの旅で初めての麒麟一番搾りです。やはり落ち着く。

 

f:id:nichinichisou0808:20170717021549j:image

こちらは白焼きになります。

 

f:id:nichinichisou0808:20170717021605j:image

こちらは肝ポンです。ポン酢が酢味噌でいただきます。

 

f:id:nichinichisou0808:20170717021628j:image

こちらは肝焼きです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170717033813j:image

日本酒とともにおつまみ盛り合わせです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170717021652j:image

そして締めはミニうな丼にしましたが、香ばしくて肉厚でとても美味しかったです。

私はどちらかといえば関西風の蒸さない鰻が好みです。

 

f:id:nichinichisou0808:20170717021723j:image

そして名残惜しいのですが、帰りは「ひかり」で東京まで戻りました。

 

本日は以上となります。