聖地巡礼に酒は必要

旅行、酒、食べ物、ホームオーディオがメインになると思いますが、雑記も書きます。

HF Playerで音楽再生をする

本日はONKYOiOS向けに提供しているオーディオプレーヤー「HF Player」の記事となります。

 

■プレイヤー仕様

WAVやmp3などのCD並音源を再生する標準機能のプレイヤーとしてはAppStoreより無料でダウンロード・利用可能となっています。

flacDSDなどのハイレゾ楽曲再生にはアドオンの「HDプレーヤーパック(1,200円)」が必要となります。

 

本アプリのウリはハイレゾへのアップサンプリング再生時、PCM音源もDSD2.8/5.6MHzに変換が可能であることと、16,000バンドの高機能イコライザーになると思うのですが、DSD出力時には残念ながらイコライザーは機能しません。

 

なお今回は、iPhone7/新iPad Pro12.9とマランツのアンプ「HD-AMP1」にソニーのヘッドフォン「MDR-1A」を接続したハイレゾ環境での使用となります。

f:id:nichinichisou0808:20170810222918j:image

flac96KHzもDSD5.6MHzに変換して再生可能

 

■画面構成・基本操作

f:id:nichinichisou0808:20170810205413p:image

起動画面

 

f:id:nichinichisou0808:20170810215408p:image

端末収録曲は「プレイリスト」、「曲」、「アルバム」などからアクセス可能

 

f:id:nichinichisou0808:20170810215700p:image

プレイヤー画面。flac96KHz楽曲ファイルを192kのアップサンプリングで出力中 (画面左端が曲の周波数、右端がアップサンプリングの結果)

 

f:id:nichinichisou0808:20170810215628p:image

同じflacを5.6MHzのDSDアップサンプリングで出力中

 

f:id:nichinichisou0808:20170810220044p:image

AACファイルもDSDにアップサンプリング変換可能

 

f:id:nichinichisou0808:20170810220149p:image

DSD11.2MHzの楽曲ファイルはUSB-DACが対応していれば、ダイレクト出力にも対応

 

f:id:nichinichisou0808:20170811025121p:image

アルバムジャケット部分を押下すると、リピート・ランダム設定が操作可能となる

 

f:id:nichinichisou0808:20170811024941p:image

画面左上「Info」押下で曲情報の標準

 

■アップサンプリング設定

 f:id:nichinichisou0808:20170810220417p:image

PCM出力時の設定では最大192kまでのアップサンプリングが可能

 

f:id:nichinichisou0808:20170810220524p:image

f:id:nichinichisou0808:20170811023914p:image

DSD出力時のアップサンプリング設定では2.8/5.6MHzの”通常”と”高精細”がそれぞれ選択可能 (高精細では処理負荷が高く、消費電力も高いとのこと)

 

イコライザー

f:id:nichinichisou0808:20170810220904p:image

f:id:nichinichisou0808:20170811023934j:image

イコライザー機能はHD/SD品質があり、PCM再生時のみ使用可能でDSD再生では非対応となっている

 

f:id:nichinichisou0808:20170810221106p:image

オリジナルイコライザーも用意されている

 

■e-onkyo連携

f:id:nichinichisou0808:20170810221438j:image

e-onkyoでの購入楽曲は直接ダウンロードが可能

 

■まとめ

・個人的にはDSD変換された音は刺さる感じがなく聴き疲れしなかったが、そこはユーザーにより好みが分かれる

・再生曲遷移時にプチプチとノイズが頻繁に載る

・アプリのインターフェースはユーザビリティが高く、見た目も良い

・アプリ画面構成はiPhone仕様であり、iPad専用画面はない

・DSD11.2MHz楽曲再生時、場合によってはiPhone7でも頻繁な音飛びが発生した

・アプリから直接ダウンロード可能なオンライン音楽サービスは「e-onkyo」のみなので、他の楽曲はPCから転送する必要がある

・DSD11.2MHzのファイル再生にDoPで対応しており、音の生々しさが素晴らしいが、1曲のファイルサイズは約1GBとなっている

・今回マランツのアンプとの相性は悪くなさそう

 

◼️最後に

音は非常に気に入りましたが、画面がiPadに特化していない点と、「mora」購入楽曲はPCから端末に転送する手間があるので、現段階では常用するならば「NePlayer」か「KaiserTone」となりそうです。

 

本日は以上となります。