聖地巡礼に酒は必要

旅行、酒、食べ物、ホームオーディオがメインになると思いますが、雑記も書きます。

習得したい言語がある②

本日は私が普段使用している所謂「標準語」「東京弁」以外の言語習得についての記事②となります。

 

私は日々の仕事で英語に悪戦苦闘している癖に、さらに新しい2つの言語に挑戦してみようと考えています。

 

記事①につきましては以下をご覧ください。

nichinichisou0808.hatenablog.com

 

◼️手話を理解できるようになりたい

映画「聲の形」の劇中、硝子や将也たちの使用する手話には大抵、さりげなく将也のセリフ解説が入るが、稀にそれが無い場面もあることから、どうしても手話の内容を知りたくて、「聲の形」手話解読及び簡単な勉強を継続している。

とは言っても、手話検定を受験する程のことではなく、世の中の役に立ちたい訳でもなく、趣味の範囲に留めておくつもりだ。

 

◼️作中の簡単な手話の例

 f:id:nichinichisou0808:20170923034343j:image

手話で「またね」の意味

 

f:id:nichinichisou0808:20170923034812j:image

手話で「どうしたの・何?」の意味

 

f:id:nichinichisou0808:20170923035235j:image

手話で「ありがとう」の意味

 

f:id:nichinichisou0808:20170923055036p:image

「なんで手話できるの?」の「手話」の動き

 

f:id:nichinichisou0808:20170923080035j:image

これはわかりやすいかも「約束」の意味

(私はここで猛烈に感動しました)

※本画像は作中の手話解説するために使用をします

 

◼️まずは学習方法を決める

とは言ってもまったく知らない分野なので、どこから手をつけるかが最初の課題となった。

本屋にはテキスト教材があり、TVではETVが手話学習番組を放映しているし、DVD教材もあればYouTubeにも手話動画はたくさんあるのだが、私は本を一冊購入したが今ひとつ合わなかった。

ただ、本格的に学習したい方は上記の学習方法をした上で手話サークルで手話を用いた会話をし、あわせてろう者とも交流をとることが良いのかもしれない。

 

◼️iPhoneアプリならば移動・通勤中も学べる

・無料+有料編

とは言っても、挨拶や気になる単語を覚えるためにどうしても参考書が必要となるのだが、私はスマホに着目した。

iPhone用の手話学習アプリは複数存在しており、実用レベルの単語収録量となると有料になるのだが、これがなかなか良くできている。

私が購入したアプリは「手話ステーション(840円)」と「手話辞典(基本無料・アドオン880円)の2本とした。

f:id:nichinichisou0808:20170923055940p:image

f:id:nichinichisou0808:20170923030022p:image

両アプリとも、単語を手話アニメーション付で解説してくれるのがありがたい。

f:id:nichinichisou0808:20170923024235p:image

f:id:nichinichisou0808:20170923024252p:image

手話辞典のアニメーション解説

 

f:id:nichinichisou0808:20170923033027p:image

手話ステーションのアニメーション解説

 

・無料編

iPhoneからでも利用可能なNHKの「手話CG」サイトがあるので、こちらから約7,000語の手話確認が行える。(通信パケットを使用)

f:id:nichinichisou0808:20170923072952p:image

 

また、これらのアプリは1種類ですべての手話を網羅するのは難しいので、複数本を使を使い分けることにしている。

 

◼️手話の世界と個人学習方

国内で使用されている手話だけでも3種類があり、今回は説明を割愛するとして、手話の基本を調べていく内に、まずは「指文字」という50音、数字、英語に対応した文字から覚えるのが良いかもしれない。に至った。

例えば、「駅」を手話であらわす場合は「駅」そのものの手話が存在するのだが、指文字では「え」と「き」をそれぞれ指で表すこととなる。

f:id:nichinichisou0808:20170923025430p:image

手話の「駅」

 

f:id:nichinichisou0808:20170923024352p:image

指文字の場合「え」「き」であらわす。


指文字が厳密に手話と言えるのかはわからないが、まずはこれをマスターしてみた。平仮名を覚える感覚なので、然程の苦労はしないだろう。

次のステップとして、気になる手話単語を片っ端から手話検索しながら覚えていくのだが、手話会話は手の動きや顔の表情、口元の動きも重要なので、なかなかこれが難しいのである。

 

◼️半年マイペース学習の成果

半年程度の気楽な学習なので、まだまだ超初心者だが、少しだけ進歩があっあたようだ。ただし、私は1人での学習なので単語は理解できても手話を用いた他者とのコミュニケーションは未経験となり、これでは一向に腕は上がらないだろう。

そしてテレビで流れていた日本手話を私なりに解読してみた。

 

・テレビで観た皇族の佳子様がゆっくりと話す手話は8割方理解ができた(簡単な単語を使用されていました)

・テレビの手話学習番組は専門性の高い話題には全くついていけない

・列車内でお見かけした本格派手話スピーカーの方の会話はスピードについていけずほぼ理解

 

どうやらまだまだ修行が足りないようである。

 

◼️実現しないであろう最終目標

これは半分冗談ではあるが、大垣の総合福祉会館で毎週開催される、手話サークルに参加することを目標に掲げておきたい(無謀&無謀)

f:id:nichinichisou0808:20170923033535j:image

f:id:nichinichisou0808:20170923024924j:image

 

本日は以上となります。