聖地巡礼に酒は必要

旅行、酒、食べ物、ホームオーディオがメインになると思いますが、雑記も書きます。

SONY WALKMAN ZX300使用感想

本日は表題の通りとなります。

 

ZX300は2017年10月に発売されたWALKMAN ZXシリーズの最新機種となります。現在私はZX2を使用していますが、近頃ブームになりつつある「バランス接続」を試してみたくなり購入に至りました。

 

購入にはこちらのZX300レビュー群を参考にさせていただきましたが、相当数のWALKMANを使用されているようです。

iroirocolorful.hatenablog.com

  

◼️ZX2とのサイズなど比較

今回比較するモデルのZX2は2015年に発売されたフラッグシップモデルであり、WALKMAN価格が初めて10万円を超えた機種でもありました(たしか) 。私の中ではそれまでのWALKMANサウンドとは違った魅力がありましたが、とにかくデカイ、重いモデルでした。

 

f:id:nichinichisou0808:20171105040321j:image

左がZX2、右がZX300 ZX2は全てが大きい

 

サイドにボタンがあるのは共通ですが、操作はZX2の方がやりやすいです。

f:id:nichinichisou0808:20171105040451j:image

上のZX300はサイズが小さいだけでなく、70g程軽量化もしている。

 

◼️ZX2との機能比較と使用感

・イヤホン端子はバランス出力に対応

AndroidのOSから独自OSへ

DSDネイティヴ再生に対応

イコライザーの低音調節がワイドに

・クリアベースが非搭載

・内蔵メモリは64GBに減容量

・USB-DAC対応

・タッチパネルはZX2より優秀かも

・ネット非対応なので出先でmoraから楽曲が買えなくなった

 

f:id:nichinichisou0808:20171105040440j:image

ZX300で搭載されたバランス出力(右側本体)

 

f:id:nichinichisou0808:20171105041045j:image

液晶画質については然程の差は感じられないが、タッチパネルはZX300が快適…と思う

 

◼️ZX300バランス/アンバランス、ZX2との音傾向比較

使用する機材

今回の試聴にはヘッドフォン/SONY MDR-1Aとイヤフォン/ETYMOTIC RESEARCH ER-4XRを使用しました。両機種ともにバランスケーブル対応となっていますが、ER-4XRはどのケーブルにするかを検討中のため未購入です

f:id:nichinichisou0808:20171105041227j:image

MDR-1A (バランスにも対応)

 

f:id:nichinichisou0808:20171105042423j:image

MDR-1A付属のアンバランスケーブル

 

f:id:nichinichisou0808:20171105042445j:image

MDR-1A用のバランスケーブル(キンバーケブル)、お値段は2万円オーバー。

 

f:id:nichinichisou0808:20171105041243j:image 至高のイヤフォン「ER-4XR」はバランスケーブル換装前

 

試聴使用楽曲

Ryu Miho/ミスティ (DSD 11.2MHz)

ドヴォルザーク/「新世界より」第四楽章 (flac 24bit/96k)

aiko/恋をしたのは (flac 24bit/96k)

トニー・ウィリアムス・トリオ/プロメシアン (WAV/44.1k)

 

・ZX300 アンバランス接続 (ZX2比較)

ZX300のアンバランス接続については使用予定はなかったので、軽く聴いた程度となります。MDR-1A接続時、ZX300はZX2と比較して音の解像度は高いのですが、それだけです。淡白で平面的な音の様に感じられ、ZX2の濃厚サウンドに慣れた私には合いませんでした。

ER-4XRの場合は、イヤホン自体の解像度が高いので、ZX300と合わせると音が分離しすぎな印象を受けました。またZX2使用時には低音機能「クリアベース」を併せることで低音に強くないER-4XRでも締りのある低音が楽しめたので、ER-4XRとZX300の組み合わせが私には合わないかもしれません。

※アンバランス接続時、メーカー推奨のエージングはほぼ行なっていません

 

・ZX300 バランス接続

MDR-1Aでバランス接続を聴くと、ショップやネットの感想などでもよく見る「ベールが1枚剥がれた」ようなクリアなサウンドが楽しめます。アンバランスでは埋もれていた音が良く聴こえたり、個人的には特に音の分離、高音と低音の質が良くなる気がします。これはCD音源(トニー・ウィリアムズ)のハイハットなどでも立体感を実感できました。

ドヴォルザークも高音の伸びが素晴らしく、各楽器の音が綺麗に配置されている感じがしました。

・・・実は2年半前ZX2を購入直後にMDR-1Aを試聴せずに購入、音があまりにも自分に合わずに使用頻度も非常に低かったのですが、バランスケーブルに換装後はかなり好みのサウンドになりMDR-1Aを見直しましたw

 

◼️どうでもいいこと

ZX300のメインメニュー内にあるマイライブラリーの画面の項目ですが、移動できるんですね。

f:id:nichinichisou0808:20171105083424j:image

f:id:nichinichisou0808:20171105083509j:image

「アルバム」と「アーティスト」を入れ替えてみました。

 

◼️ZX300は買いか

結論から述べると、バランスケーブルでの使用が前提ならばオススメの機種となります。

ZX300はZXシリーズの中ではエントリー位置ですが実売価格は60,000円前後となっており、DAPにこれだけの投資をする人はバランスケーブル、バランスケーブル対応イヤフォン/ヘッドフォンも用意することでしょう。合わせればこれはなかなかの出費になりますね。

個人的にはZX300のアンバランスの音は好みではなく、購入直後はバランスケーブルを購入するのか、もう何も期待せずにZX300を売ろうか悩むほどでした(笑)が、バランスケーブル接続で聴くZX300サウンドはZX2とはまた違う方向性で楽しめるものとなりました。

 

本日は以上となります。