聖地巡礼に酒は必要

聖地巡礼、東海・近畿旅行、酒場、鉄道、オーディオと雑記

マランツ「HD-AMP1」とiOSハイレゾ再生アプリの相性②

◼️はじめに

半年前に同様の記事を書きましたが、現在はiOS Ver.も11.2となり、各再生アプリも更新されました。私自身の再生機もiPad Proを2ndに変更し、近頃は使用アプリ環境も固まったため、再度の本記事となります。

 

以下が前記事となります。

※本記事内で発生した現象などについては現時点のものであり、全ての構成で再現する訳ではありません。

 

◼️ハード環境 

f:id:nichinichisou0808:20171208202142j:image

・再生機: iPad Pro 2nd 12.9 256GB (iOS11.2 beta6)

・アンプ: マランツ HD-AMP1

・ケーブル: Apple 「Lightning - USBカメラアダプタ」をアンプのUSB-DACに接続

 

◼️使用アプリ 

今回は4本の再生アプリの紹介をしますが、以下の3点が実装可能なアプリに絞り込みました。

 ・専用機器不要でハイレゾ再生が可能である
 ・アップサンプリング対応である
 ・DSD楽曲がDoP対応である

f:id:nichinichisou0808:20171208202159j:image

左からKaiserTone、iAudioGate、HF Player、NePlaxerLiteとなります。

 

◼️KaiserTone 

f:id:nichinichisou0808:20171208194307p:image

◼️特徴など

 ・Ver.2.9.2

 ・購入時価格 1,200円

 ・アップサンプリング PCM 768kHz/32bitまで対応
 ・DSD 12MHzまでのPCMまたはDoP再生に対応
 ・PCMからDSDへのアップサンプリングは非対応
 ・moraからの購入楽曲直接DLに対応

◼️問題や現象

 ・なし

◼️感想
現時点では問題も一切発生しない安定動作のため、1番利用している再生アプリとなりますが音質やインターフェースが好みなわけではないので、その辺が難しいところです。

 

◼️NePlaxerLite 

f:id:nichinichisou0808:20171208194534p:image

◼️特徴など

 ・Ver.1.1.8
 ・購入時価格 無料+1,080円 (PCM 384kHz再生,DSD再生機能を購入) 
 ・アップサンプリング PCM 384kHz/32bitまで
 ・DSDは5.6MHzまでPCMまたはDoP,11.2MHzはPCM変換再生
 ・PCMからDSDへのアップサンプリング非対応
 ・mora,e-onkyo music,OTOTOYからの購入楽曲直接DLに対応

◼️問題や現象
・iOS11.2のbeta2からbeta6(現状)まで再生中に頻繁に音飛び現象が発生する
・アプリ上で接続機器(HD-AMP1)を正常に認識しない場合がある

◼️感想
iOS10の頃は本アプリをメインで使用していましたが、iOS11導入後は音飛びが激しくて実用的ではなくなりました。また、音質に関しても個人的には特筆することはありません。

 

◼️iAudioGate 

f:id:nichinichisou0808:20171208195214j:image

◼️特徴など

 ・Ver.3.5.1

 ・購入時価格 1.800円
 ・アップサンプリング PCM 192kHzまで
 ・DSD 11.2MHzまでのPCMまたはDoP対応
 ・PCMからDSDへのアップサンプリング 11.2MHzまで対応
 ・mora,e-onkyo music,OTOTOYからの購入楽曲直接DLに対応

◼️問題や現象

DSD楽曲再生時にアプリ側は自動でPCM 192kHzに変換されるため、手動でDSDに設定する必要がある

◼️感想

音に関しては1番好みですが、アプリ画面がiPad Proに最適化されていないため、ついつい使用を避けてしまうアプリです。

 

◼️HF Player 

f:id:nichinichisou0808:20171208195333p:image

◼️特徴など

 ・Ver.2.6.0

 ・購入時価格 無料+1,000円 (ハイレゾ再生機能を購入)
 ・アップサンプリング PCM 192kHzまで
 ・DSD 11.2MHzまでのPCMまたはDoP対応
 ・PCMからDSDへのアップサンプリング 5.6MHzまで対応
 ・e-onkyo musicからの購入楽曲直接DLに対応

◼️問題や現象

再生に関しては問題はないが、アプリをタスクから切る時に、HD-AMP1と接続されていると、必ず0.5秒ほどの電子音がスピーカーより出力される

◼️感想

最新版ではインターフェースが刷新されました。音はかなり好みですが、購入楽曲のアプリ内ダウンロードがe-onkyo musicのみ対応となり、moraを1番利用する私は本アプリを敬遠してしまいます。また、アプリ画面がiPad Proに最適化されていないため、これも痛いところです。

 

◼️WALKMAN ZX300

f:id:nichinichisou0808:20171209034522j:image

iOSアプリではありませんが、最新型WALKMANを純正専用ケーブル(WMC-NWH10)を介して接続してみました。やはり再生専用機は接続安定性は抜群です。ただし、ストレートでデータ送信しているため、アップサンプリング機能などの高音質機能はありません。

 

◼️最後に

以前記事にした時と比較すると現在の方が安定動作はしていますが、音質が気に入るアプリはインターフェースや機能が私に合わなかったりと今ひとつベストな1本が見つかりません。

その安定性に関しても近頃の頻繁なiOSアップデートを見ていると、少なからず影響を受けるでしょうから安心はできないと考えています。

 

現在ホームオーディオではiPad Proをメイン機としてハイレゾ楽曲の再生をしていますが、実は1番気に入っている再生アプリはAndroid版の「HF-Player」です。音も私には合っていますが、洗練された無駄のない機能は素晴らしく、歌詞表示にも対応しています。

f:id:nichinichisou0808:20171209042004p:image

f:id:nichinichisou0808:20171209042048p:image

ただしNexus7 2013なので容量が少ないこと、更にはAndroidOSはどうも苦手なので、普段使いからは外しています。

 

本日は以上となります。