聖地巡礼に酒は必要

聖地巡礼、国内旅行、酒場、オーディオと雑記

今年も夏の花「日々草」を育てる

本日は夏の花「日々草」についての記事となります。

 

◾️日々草とは

春から秋までの間、毎日のように新しい花を咲かせてくれるところから「ニチニチソウ」と呼ばれるキョウチクトウ科の植物です。

夏の暑い時期でもこの様に賑やかに沢山の愛らしい花を咲かせてくれます。

f:id:nichinichisou0808:20180720235924j:image

 

このように次々と蕾ができ花も咲きます。
f:id:nichinichisou0808:20180721012829j:image

私のはてなブログのID「nichinichisou0808」もこの日々草からいただいております。

 

◾️日々草の花言葉

「楽しい思い出」「揺るぎない献身」「若い友情」「生涯の友情」「優しい」など前向きなものが多いです。

f:id:nichinichisou0808:20180721015531j:image

 

◾️誕生花としての日々草

5月14日、25日、29日・7月27日、30日・8月3日、8日、12日、19日の誕生花となります。私のID「nichinichisou0808」ってピッタリかもしれません。

 

◾️日々草の育て方

日々草は外の乾燥や暑さにも強く、育成に手間がかからないことから、ガーデニング初心者向きとも言えます。

f:id:nichinichisou0808:20180721003254j:image

私も2年目でまだまだ初心者ですが、昨年の経験から日々草の育て方のコツをまとめてみました。

・鉢の土が乾燥したら水をたっぷりとあげるようにして多湿にはしない
・毎日花を咲かせるので肥料(私はHB-101を週に1回)は定期的にあげるようにする

・風通しが悪いとアブラムシがわく場合があるので注意をする
・1度植えた日々草は植替えは根に傷が付く場合があるので、極力しない方がよい
・咲き終えた花は自然に取れることが多いが、落ち切らない花はすぐに取り除くことでカビなどの防止になる
・花が取れた後に茎を残すと種をつけ始めるが、養分をそちらに取られてしまうので注意する

・夏でも茎がどんどん伸びるので切り戻しをする (実は私は上手くできません)

・花には毒性があるので人やペットが食べてはいけない

 

◾️昨年の日々草

私は昨年初めて日々草を育て始めました。さらに観葉植物を育てること自体が人生初でした。

 

最初は恐る恐る2鉢から始めたのですが…

f:id:nichinichisou0808:20180721015620j:image

 

気づけば他の色も気になって4鉢に増えていました。

f:id:nichinichisou0808:20180720233325j:image

 

1鉢100円で購入をしましたが、晩秋まで毎日たくさんの花を咲かせてくれました。
f:id:nichinichisou0808:20180720233332j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720233329j:image

 

日本では冬の寒い気候から日々草は一年草とされていますが、温度管理をしっかりとしてやれば越冬も可能です。以下の写真は12月末頃に屋内で育てていたものですが、20度程度の室温でも花は咲くものです。

f:id:nichinichisou0808:20180720233321j:image

しかし、残念ながら2月の寒さでの管理が私には非常に難しく、4鉢中2鉢を枯らしてしまいました。

 

◾️種まきの失敗

昨年は沢山の種が採取できたので、今年に入って鉢植えに種を蒔いてみましたが、見事に育成に失敗をしました。どうやら種は苗床を作って蒔くのが良いみたいですね。

f:id:nichinichisou0808:20180721005736j:image

 

芽は出たのですが。。。数日で枯れてしまいました。・・・来年1番の課題です。
f:id:nichinichisou0808:20180721005732j:image

 

◾️今年の日々草

5月に「映画 聲の形」の西宮硝子さんも買い物をするという、大垣の花屋さんで4鉢の日々草を新たに購入しました。今年の日々草は1鉢200円前後が相場の様です。

f:id:nichinichisou0808:20180721000341p:image

 

5月15日に大垣より東京まで日々草を配送してもらい、家での鉢植え直後の状態です。

f:id:nichinichisou0808:20180720232232j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720232236j:image

 

こちらは7月20現在の様子です。購入時と比較してかなりの花が元気に咲いていますが、今年は酷暑のため小さな鉢では土の乾燥も早く、毎日朝夕にたっぷりと水あげをしています。

f:id:nichinichisou0808:20180721003150j:image

 

アプリコット
f:id:nichinichisou0808:20180721003155j:image

 

パンチ
f:id:nichinichisou0808:20180721003143j:image

 

ホワイト
f:id:nichinichisou0808:20180721003207j:image

 

ラベンダー
f:id:nichinichisou0808:20180721003146j:image

 

ピンク

f:id:nichinichisou0808:20180721015308j:image

 

◾️日々草の開花風景

昨年記事からの再掲載となりますが、日々草の開花を連続写真に収めてみました。

f:id:nichinichisou0808:20180721013454j:image
f:id:nichinichisou0808:20180721013450j:image
f:id:nichinichisou0808:20180721013457j:image
f:id:nichinichisou0808:20180721013443j:image
f:id:nichinichisou0808:20180721013446j:image

 

◾️昨年の日々草の現状

越冬に成功した2鉢は今年も無事に花を咲かせてくれましたが、私は未だに「切り戻し」が良く分からないため、茎が伸び放題となっています。
f:id:nichinichisou0808:20180721003221j:image

 

同居人はこの広がった茎を見て「ビオランテ」(ゴジラ系怪獣)と言います。

f:id:nichinichisou0808:20180721012713j:image

 

ピンクは少し茎を切って見たのですが、以降あまり変化がなくて困りました。

f:id:nichinichisou0808:20180721004105j:image

 

◾️気づけば鉢が新芽だらけ

気付かない内に種を鉢の中に撒き散らしていた様で、そこらから新芽がバンバン出てきてしまいました。
1番上の写真中央は最早新芽のサイズを通り越してしまっています。これは早期に別の鉢に植えつけてやらないといけないですね。
f:id:nichinichisou0808:20180721003228j:image

 

ああ、でも新芽がかわいい。。。
f:id:nichinichisou0808:20180721003215j:image

 

発育していく新芽の対処方法に困っています。どなたか教えてくださいませ。。。
f:id:nichinichisou0808:20180721003211j:image
f:id:nichinichisou0808:20180721003158j:image

 

◾️最後に

晴れの日は毎日水をたっぷりとあげ、週に1度は栄養剤もあげるようにし、日当たり風通しの良い場所に設置するだけで毎日可愛い花を咲かせてくれる日々草は夏におすすめの花です。

 

本日は以上となります。